ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表マテウス!フンメルス放出理解できず!バイエルンに警告!《ドイツの反応》

【ビルト】

マテウス、バイエルンが理解できず!

mattaus.jpg


これが実現すればこの夏の一大センセーションとなる事は間違いない。しかしローター・マテウスにとってはフンメルスのドルトムント復帰が理解できないようだ。


スポンサーリンク



そしてマテウスはこの交渉を直ちに打ち切るように助言している。


マテウスはビルト日曜版で、“私だったらフンメルスを放出することはないだろう。しかも噂になっている金額だったらなおさらあり得ないね。しかもフンメルスは後半戦非常に良いプレーをしていた。”と語っている。


ビルト日曜版の情報によると、すでにドルトムントとバイエルンの交渉はまとまっている。2000万ユーロの移籍金+ボーナスなのだ。すでにバイエルンもこのオファーを受け入れているとされている。



しかしマテウスはフンメルスのドルトムント移籍は、バイエルンにとって脅威になると見ている。“フンメルスは代表でなくなってからプレーが良くなっている。仮にバイエルンが彼を放出した場合、優勝争いにおいてライバルを補強することになってしまう。”と語っている。



しかしニコ・コヴァチはそうは思っていないようだ。すでにエルナンデスとパヴァールの二人を獲得しており、守備は補強済みだ。さらにコヴァチはフンメルスのファンではないとされている。


マテウスは警告するが、移籍は近づいている。





以上です。

ビルトでは両クラブが合意に達していると報道していますが、キッカーはその反対の報道をしていますね。どうなるか楽しみです。


[ 2019/06/17 10:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
フンメルスの有無は守備より攻撃に影響するね、新加入の二人はフンメルスよりビルドアップ上手いわけじゃないし
そもそもバイエルンの問題は前線だと思うんだけど、後ろの戦力削って何がしたいのか
やっぱりコバチってメガクラブの器じゃないね
[ 2019/06/17 05:09 ] [ 編集 ]
コバチが放出認めたのは確かだけど、バイエルンのフロントも同意してないと移籍はないだろうね
バイエルンはミュラー、ロベリーみたいに監督と対立してても監督の方切って選手守るけど、それがなかったからフロントからの評価も低かったのかも
[ 2019/06/17 07:05 ] [ 編集 ]
フンメルスは衰えすぎた、スタメンになれないからといってマスコミに不満をダラダラ話すベテランはクラブにとっても害でしかない。クラブの姿勢に不満ある選手は放出あるのみ。おまけにもうドイツ代表じゃないしね。
[ 2019/06/17 09:32 ] [ 編集 ]
バイエルンに行っても平気な顔で戻ってくる選手とそれを望むフロント
やっぱりバイエルンはドルトムントにとってのライバルではないな
[ 2019/06/17 10:01 ] [ 編集 ]
足が速くないフンメルスをハイラインに置いて後ろ取られて必死に戻ってるのを非難する監督が大半だったしな
トゥヘルの時は前半戦にまったく修正せずにフンメルス叩かれまくったし、コヴァチもその傾向が強いわな
ブンデスリーガの若い監督ってナルシスト入ってるのかそういった面が頑なで柔軟性がない感じ
ライン引いて深く守備を置いてるファブレの方が上手く起用してくれるかもね
使う気があるかは知らんけど
[ 2019/06/17 11:57 ] [ 編集 ]
06/17 10:01さん

本当にごもっとも。
プライドが無いんでしょうかね、このクラブには。
喜んでいるサポーターが信じられません。
[ 2019/06/17 19:57 ] [ 編集 ]
06/17 11:57
ここのコメントでもその事分かってない人多いですよね
フンメルスに攻撃の起点までやらせといて守備批判した挙句フロントは優勝する気なかったドル時代なんか愛想尽かされて当然だったのに何故かフンメルスが悪い事になってますし
[ 2019/06/18 00:11 ] [ 編集 ]
鈍足だからな
リベロかアンカーなら今でも一流にいけるやろ
[ 2019/06/18 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。