ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!フンメルスの獲得で計画変更!ストライカーの獲得に動かず?!《ドイツの反応》

【ビルト】

フンメルス加入で

ドルトムント、計画変更!

フンメルスが加入すれば、ドルトムントは2重の意味で補強することになる。


hummels.jpg

ドルトムントはフンメルス獲得のために2000万ユーロを支払わなければならないとしているが、これは二重に効果があるとみられているのだ。


ビルトの情報によると、フンメルスの加入によって、ストライカーのポジションでの問題が解消されるとのことだ。なぜならBVBはフンメルスを二つの役割で考えているからだ。

スポンサーリンク



その背景には、ドルトムントにはアルカセルとゲッツェという小さなストライカーしかいない事にある。

それに加えてドルトムントは昨シーズンセットプレーに対して非常にもろかった。後半戦だけでも9失点もしているのだ。


そのためこれまでには、大型のセンターフォワードのマリオ・マンジュキチを獲得しようとしていた。しかしヘディングによりフンメルスを獲得する事で、ドルトムントの幹部たちはこの問題が解決できると考えているようだ。


よりによって4月6日に行われたバイエルン対ドルトムント戦でフンメルスはそのレベルを証明している。彼は1:0となるゴールをヘディングで決めたのだ。これが彼のリーガ唯一の得点となる。



ドルトムントは、フンメルスがドルトムントに欠けているピースを補う事に期待している。




以上です。


まあこれはビルトの想像にすぎないと思いますが、本当にこれでストライカー獲得に動かないとしたら大きなミスでしょう。セットプレーで大型のセンターバックが攻撃に参加する事はどこでも当然の事で、それが良いフォワードがいらない理由にはなりませんからね。


会長はゲッツェのプレー時間を気にしてますし、ファヴレはフォワードに何をさせたいのか良く分かりませんし・・。どうなる事やら・・。



[ 2019/06/17 16:01 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(8)
どう考えても勝利のメンタリティあるマンジュキッチの方がまだ遥かに有益。
[ 2019/06/17 16:10 ] [ 編集 ]
え?もう戻ってくること確定なの?
フンメルスは今のドルみたいな姿勢がいやで移籍したんだろ
というか絶対戻ってくるべきじゃないわ
もっと上を狙うチームがふさわしいしそこに行くべき
[ 2019/06/17 16:36 ] [ 編集 ]
もうフンメルスがCFやるべき
[ 2019/06/17 16:54 ] [ 編集 ]
フンメルスを獲ったくらいでは空中戦よくならないよ。だいたい190ビッツェル、2mザガドゥがいてもダメだったんだから。問題は選手じゃない。選手たちもファブレにクレームつけてたみたいだけど守り方。
センターフォワードいらないは、もう完全にファブレの好みでしょう。獲ろうと思えばヨビッチもいたし、育てながらならイサクでも問題なかった。5000〜6000万出せるならアレもいけると思うけどな。ビュルキがまたまた前線で体張れる奴がいねーとか文句いいそうだな。
[ 2019/06/17 17:13 ] [ 編集 ]
 もしも、フンメルス獲得を言い訳にしてアイドル保護策なら正気を疑うところですけど、そうでないことを信じますよ。
[ 2019/06/17 17:16 ] [ 編集 ]
キャプテンにもかかわらずほっぽって出て行ったのにようやるわ
まあ選手はほぼ入れ替わってるから選手間では問題にならんということか
[ 2019/06/17 21:10 ] [ 編集 ]
チーム状況考えたらCFマンジュキッチ選ぶけど、ドイツ人CB選ぶところがドルトムントって感じですね
[ 2019/06/17 23:15 ] [ 編集 ]
なんだかすごいこじつけ。これはドルトムントからのなぜストライカーを取らないかの言い訳のすりこみがあるのでしょう。突拍子がなさすぎてビルドが考えて書いてるとは思えません。ゲッツエの出場時間の確保とも関係ないとは言えないでしょう。
[ 2019/06/18 10:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。