ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 なぜフンメルスは試合中にミキタリアンを叱責したのか?!

昨日のヘルタ戦、相手があんまり攻めて来なかったこともあり、問題なく勝利したドルトムントですが、ミキタリアンがファールを貰って倒れこんでいるに、フンメルスが走りより、叱責するという場面がありました。その場面に関する記事がでていましたので紹介します。本日の西ドイツアルゲマイネ新聞からの記事になります。





201505101846107ee.jpg


ドルトムント:2:0で勝利したにも関わらず、キャプテンのフンメルスは試合後に同僚と一緒にいなかった。その理由はヘンリク・ミキタリアンのボールロストだ。


本来であらば昨日は成功した一日であった。ドルトムントは2:0でヘルタに勝利し、ヨーロッパリーグへの目標へと近づいたのだ。ユルゲン・クロップは“結果には非常に満足しているよ。我々は多くの場面で正しい試合運びをしたからね。”と喜んだ。“7位というのはまるで陽だまりにいるかのようだね。”少なくともBVBはポカール決勝に進出したことでヨーロッパリーグへの可能性がまだある。


フンメルスがミキタリアンに怒り


しかしこの一日も少しばかり影がさしたようだ。後半の途中にBVBがだらしないプレーをしてベルリンに反撃されそうになった場面だ。その場面ではミキタリアンがドリブルでの突破を試みたのだ。彼は自陣半ばで対戦相手を股抜きし、そのまま二人目を抜きにかかったが、相手のスライディングで止められてしまったのだ。ドルトムントのミッドフィルダーが横たわっている間、ディフェンスラインからマッツ・フンメルスが走りより、彼に近づいて明らかに叱責したのだ。その後もこれと似たようなミキタリアンの行動がもう一度あり、どうやらそれが原因でこのキャプテンはチームメートと共にファンへの挨拶へ向かうことをやめ、そのまま控室へと行ったようだ。


20150510022326faa.jpg

スポンサーリンク


クロップはフンメルスに理解を示す。


“我々は全く必要のない場所で危険なプレーをしていた。”と後で彼は彼の怒りについて語った。ミキタリアンは2度め股抜きは避けるべきだったので彼が怒るのは当然だ。“でもそれについてはもう話はついているよ。”とフンメルスは続ける。“たしかに少し荒々しかったが、最終的には彼は僕に賛成してくれたよ。”


それについてはクロップ監督も理解を示している。“人間的だし、試合中は感情的になるもんだ。もし誰かが間違った場面で股抜きをやろうとすればね。ディフェンダーが怒るのは無理もないよ。”とこのワールドカップ優勝者を擁護し、さらに大事ではないと見ているようだ。“彼はミキタリアンに目を覚まさせようとしたのさ。今回起こったことは子どもの誕生日みたいなもんだよ。彼らは互いに話をしたし、育ちの良い若者たちがちょっと叫んだだけだよ。問題ないね。”全てがうまく行った一日はまったく問題なかった。

20150510184611b64.jpg





以上です。


これに対してはフンメルスも自身のツイッターで以下のようにコメントしています。


“実際に思っていたよりも荒々しく見えてしまった、と言うことはすでに言ったね。僕は彼にお願いしただけなんだ。あの場所でもうドリブルしないでくれってね。”



やっぱりあの場所のドリブルはディフェンダーからしたら嫌なんでしょうね。このコメントを見て、チャンピオンズリーグバイエルン対バルセロナ戦でのベッケンバウアーのコメントを思い出しました。

盛んに自陣でドリブル突破を試みるベナティアに対して彼は、“ディフェンダーが二人も三人もいるのにドリブル突破をしようとすることは全然理解できない。3人に囲まれそうになったら、とりあえずゴールから遠い所にボールを蹴るべきだ。”と何回も言っていました。


でもキャプテンも気合が入っているみたいですね。これでチームがうまくプレーしてくれるようになれば嬉しいです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/05/10 18:49 ] フンメルス  | TB(-) | CM(35)
やっと言ってくれたか、と。
この間の試合でも、チームにゲキを飛ばすフンメルスが見られましたし、キャプテンもやるべき叱責をやってなかったかと。
つまり、フンメルスは、残留を決意したんだな、と思います。
[ 2015/05/10 19:16 ] [ 編集 ]
子供の誕生日…クロップのたとえ話が好きです。
フンメルスはぜひ来季もキャプテンとして成長していってほしいですね。
[ 2015/05/10 19:31 ] [ 編集 ]
No title
ムヒの魅力はドリブルでの突破力にあると思いますが危険なシーンでは避けるべきだったでしょうね
それを誰が注意するかということになればDFでありキャプテンであるフンメルスが適任だったと思うし、
お互いがその部分で理解しあえたら問題ないでしょう



[ 2015/05/10 19:32 ] [ 編集 ]
No title
あの場面の解説が見当たらなかったので、このエントリーは非常にありがたい
[ 2015/05/10 19:55 ] [ 編集 ]
No title
確かにあの自陣で枚数が多くない場面でドリブルしてロストされたらDFとして、さらにキャプテンとしては怒って至極当然だと思うね。
結果的にファールになったけど、なってなかったらあのまま危険なカウンターを受けたのは目に見えてわかった。
ムヒは今期、あの不要なドリブルが数多くのチャンスをつぶし、危険にさらしてきたことをみんな感じていた?
さすがに見てるこっちが気づくくらいだから、やってる本人たちは余計に感じてると思う。これから改善してほしいね。あれがなければとてもいい選手なんだし
[ 2015/05/10 19:56 ] [ 編集 ]
No title
あぁやっぱりドルのチームメンバが同じ事を思っていたのね。やめさせる行動をとってくれたことに感謝するわ。
本来であればもっと早い段階から監督がやめさせるべき事だったのにクロップはやっていなかった。フンメルスの移籍話も不満を監督が聞き入れず勝手させていた所にあるのかもね。これが優勝できるチームにいる選手と、そうでない選手との違いかな。
[ 2015/05/10 20:00 ] [ 編集 ]
No title
あーなんで味方に早く立てって言ってんのかと思ったらそういうことかw
[ 2015/05/10 20:21 ] [ 編集 ]
No title
昨日のドルトムントは後半チームあげて流してプレーしてたこともあってボール持ったらそこかしこで妙につっかけるプレーがありましたね。香川風に言えば「フワフワしてた」ってことですけどw組織で動くことが売りのチームにしては珍しいことでしたけど、キャプテンからすれば喝入れたくなりますよねw
[ 2015/05/10 20:32 ] [ 編集 ]
フンメルスのキャプテンシーが見られてホッとしました。ちょっと疑っていたので。ELへの本気度、伝わりました。
[ 2015/05/10 21:05 ] [ 編集 ]
No title
ああやっぱり向こうでも話題になってたんですねw
よくセンターライン周辺でFKもらったりしてるけど、それだけ危険なドリブルを自陣近くでしてるってことなんですよね
そういうのはペナルティーエリア内でやってくれと常々思ってました
フンメルスがこれを機に移籍へと気持ちが傾かないことを祈ります
[ 2015/05/10 21:26 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスの叱責にも関わらず一試合のなかでもう一度同じようなことをまたしたのかよ、ミキw

[ 2015/05/10 21:37 ] [ 編集 ]
以前TV観戦していた試合で、
実況者か解説者のどちらかの方が、
ドリブルしている選手に対して、
「ドリブルよりパスの方が圧倒的に速く、前へボールを運べるんですけどねぇ」とチクリと発言していたのを思い出しました。
[ 2015/05/10 22:00 ] [ 編集 ]
No title
てか、カウンターで自陣からドリブルして抜こうとするのは今回に限ってじゃないけどね。
シーズン中ずっとやってたよ。やっと言ったのかよ。
[ 2015/05/10 22:28 ] [ 編集 ]
ムヒタリアンは頭がいいのにわからないのか?疑問だよ
[ 2015/05/10 22:43 ] [ 編集 ]
今期何度も自陣からオナドリロストしてるムヒタリアンを見たが
やはりDFからすると、たまったもんじゃないよなw
モイテッドで、ヤヌザイが似たようなことして、エバンスにキレられたシーンを思い出したわw
[ 2015/05/10 23:14 ] [ 編集 ]
No title
ムヒはあまり得点してないうえに無駄に持ちすぎてチームの流れ切ること多いから溜まってた部分もあったんだろうな。
特にあの場面はファールになってなかったらかなり危険だったし、そらキレるわ。
[ 2015/05/10 23:19 ] [ 編集 ]
フンメルスが怒ったシーンはムヒに対して怒ってたんですね。
よく理解できてなかったのでこの記事はありがたいです。
今季ずっとムヒの不要なドリブルが気になっていたのでフンメルスが言ったことで良くなればいいですね。能力はある選手なので。しかし、もっと早く言っても良かったぐらい。もしかして癖になってて治らないものなのかな
[ 2015/05/11 00:36 ] [ 編集 ]
No title
これでムヒタリアンが目覚めてくれたらと思いますね。良い選手であることは間違いないので。
[ 2015/05/11 00:37 ] [ 編集 ]
ムヒはアピールに必死なんだろう
だけどドル自体チームプレーで勝負するタイプなので自己中は許さない姿勢を示すことは大事だよ
実際今季ムヒがパスだせば良い展開にできる場面を嫌というほど見てきた者としてはもっと早く言えよーと思ったくらいですw
[ 2015/05/11 00:53 ] [ 編集 ]
No title
フンさんはもしかしたら監督に「ムヒに注意するよう」頼んでいたのかもしれない、
監督が気付くべきであり、監督がいうべきことだと思うのに言ってなかったのが不思議
[ 2015/05/11 03:11 ] [ 編集 ]
No title
ソクラテスがSBやった時もむだなところでドリブルロストして見ててすげえ怖かった
[ 2015/05/11 04:01 ] [ 編集 ]
No title
>つまり、フンメルスは、残留を決意したんだな、と思います。

自分もそう思います。そうでなきゃ来期困っちゃう
[ 2015/05/11 04:48 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスの行動は至極当然のことですね。
あの場面ファールにならなかったらフンメルスが2人を見ないといけなくなっていましたからね。
失点に繋がっていた可能性が高いです。
ただ最近のフンメルスは少し熱くなり易い傾向にありますね。
果たしてそれが何を意味するのか・・・、残留なのか置き土産なのか。

西ドイツアルゲマイネお気に入りのミキだけに彼らにとっては「なぜそこまで?」と
疑問だったんじゃないでしょうかねぇ。
ボールを持ち過ぎるのを嫌う記者との事ですが、ミキに対してだけは例外ですから。
[ 2015/05/11 05:51 ] [ 編集 ]
ミキに関しては今に始まった事ではないのでフンメルスが何故そこまで熱くなったのかが気になりますね。ただクロップ退任の件が影響しているのは間違いない。より責任感が増した感じですね。来季ケールがいなくなると喝を入れる人がいなくなるのでフンメルスには残って欲しいです。
[ 2015/05/11 07:03 ] [ 編集 ]
No title
ドリブラーはブンデスでは批判されやすい気がする。自己中心的すぎる、と。
プレミアやセリエなら歓迎されるプレースタイルだよ。
[ 2015/05/11 07:25 ] [ 編集 ]
No title
自分もフンメルスは残留を決意したのだと思います
クロップの退任は自分達の不甲斐なさからきたものでフンメルスはキャプテンとして責任を感じてるようなことを言ってたらしいですからね
今回のムヒの件にしてもキャプテンとしてこれからチームをまとめて行くんだと力強ささえ感じましたね
[ 2015/05/11 10:22 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスは良いキャプテンですね。今回の件で私はより一層彼のことが好きになりました。普通なら勝ってるしファールはとれたし、大目にみてやろうと思うところです。
WCでドイツが優勝できたのは、ラームやフンメルスら規律を徹底するキャプテンシーを持った選手が存在していたからだと言っても過言ではないかもしれません。
[ 2015/05/11 11:03 ] [ 編集 ]
No title
この前も、試合開始直後にミキタリアンが守備をせず、フンメルスが抜かれて先制されましたね。サッカーは常に攻守一体なので、守備意識を持って欲しいということですね。
ミキタリアンはボランチで出場してもボールを持つとすぐドリブルで上がりますが、あまり賢い選手に見えません。
トゥヘルが気に入ってるということですが、いっそのこと、1トップで使ってはどうかと思ってしまいます。
[ 2015/05/11 11:43 ] [ 編集 ]
宇佐美もバイエルンで同じようなロストしてハインケスに懲罰くらってたね
[ 2015/05/11 12:16 ] [ 編集 ]
うーん、今回の場合はドリブルする位置が問題視されているだけで、ドリブル突破を批判している訳ではないような気がしますねぇ。

ただ、そうですねぇ。
ながーい距離のドリブルがどこまで行けるのか!ワクワク感をもたらすのも事実ですけどね。
[ 2015/05/11 16:39 ] [ 編集 ]
当時の宇佐美の若さならわかるがムヒタリアン26だからな
[ 2015/05/11 17:26 ] [ 編集 ]
管理人さん、この件を取り上げてくれて有難うございます。
ムヒタリアンは良い選手ですけど、明らかに不要なドリブルからのロストが多かったですもんね。 何故誰も注意しないんだろう、と疑問に思ってました。やっとフンメルスが言ってくれてスッキリしました。
あと、贔屓目なしに香川選手は常にチームのバランスを見ながら動いているな、と思います。


[ 2015/05/11 21:14 ] [ 編集 ]
No title
アンチ香川の人達がしきりに言う事があるね
もっとドリブルで仕掛けろと
一方バイエルンファンのフォーラムで目にしたこと
今のバイエルンで個で仕掛けられるのはロッペンとリベリくらいしかいない

まぁ笑うしかないねアンチの香川への期待度のハードルの高さは
ミキタリアンの無理やり過ぎるドリブル突破はほとんど突破未遂になってボール奪われる事が多すぎるんでね
しかもそれは昨日今日始まった事じゃないんで
フンメルスももういい加減にしてくれって感情がはじけちゃったんだろうな
[ 2015/05/12 13:22 ] [ 編集 ]
勘違いしてる人がいるがドリブルをするのが悪いわけではなく、自陣からドリブルすることが悪いだけだからな
香川にドリブルしろって言うやつが多いのは、PAでの選択肢がまずパスだから守りやすいってことだ
ミドルなりドリブルなりをもっと見せる必要があるんだよ
[ 2015/05/12 16:29 ] [ 編集 ]
説明せずとも皆わかってるだろ
[ 2015/08/07 18:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。