ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!フンメルス加入で出ていかなければならないのは誰か?《ドイツの反応》

【ビルト】

フンメルスの加入で出ていかなければならないのは誰だ?

weigle2.jpg


フンメルスがドルトムントに戻った場合、内部でも大きな動きが起こるだろう。


マッツ・フンメルスがドルトムントに移籍した場合、彼はファヴレの下でレギュラーになるとされている。しかし彼を入れると全部でセンターバックが6人になってしまうのだ。

スポンサーリンク



フンメルスの隣でプレーする可能性が最も高いのがマニュエル・アカンジだ。ではディアロ、トプラク、ヴァイグル、ザガドゥーはどうなってしまうのだろうか?ビルトがチェックした。


▶アブドウ・ディアロ:

彼はセンターバックとして期待に応えられることは少なかった。そのためしばしば左サイドバックでプレーしている。フンメルスがやってきたら放出の可能性はある。放出の可能性75%


▶ザガドゥー


このフランス人はファヴレのお気に入りだ。負傷と何度かのミスでスタメンから外れてしまったが、それでも彼には将来がある。放出の可能性15%


▶トプラク


このトルコ人は適正なオファーがあればすぐに移籍となるだろう。放出の可能性90%


▶ヴァイグル


このミッドフィルダーは今シーズン何度も守備を助け、ファヴレも残留を望んでいる。しかしフンメルスの加入で再び移籍の可能性が高まるだろう。放出の可能性80%







以上です。


トプラクはおそらく移籍となるでしょうし、ヴァイグルも移籍の可能性が高いですね。フンメルスとアカンジがプレーしたとして、ザガドゥーとディアロがバックアップと言う感じでしょうか。そのうちの一人はベンチ外も多くなる可能性が高いですね。

[ 2019/06/18 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
サブがどんどん貧弱になるので、昨シーズン以下の成績になると予想します。
昨シーズンのスカッド(サブ)は飽和状態で実力的にも恵まれ過ぎていました。
[ 2019/06/18 06:27 ] [ 編集 ]
ヴァイグルを開放してやってほしいわ。CBじゃないのにCBにカウントされてかわいそうに
[ 2019/06/18 06:34 ] [ 編集 ]
本当に帰ってくるのかね?
当事者はまだ何もいってないんでしょ?
まぁ、帰ってくるとして、余る選手はトプラクと左しか出来ないディアロでしょ。左サイドバックはシュルツとシュメレで決まりだし、アカンジ、ザガドゥは左右できるし、ユリアンはまだわからん。
それにしても、毎シーズンメンバーコロコロ変わるな。最近はやたら戦術的になって勝ったクラブはほぼ同じメンバーでやってるというのに、、、。これがあるから香川とギュン戻せといってるんだけどね。こいつら戻せばメンバー変えずにやってるのと変わらないんですけどね。
[ 2019/06/18 06:35 ] [ 編集 ]
ディアロはサイドバックも出来るので残したいですね
彼が入ると攻撃面はともかく守備は安定するので、リバプールのジョーゴメスとアーノルドの様にシュルツとディアロを上手く使い分けて起用して欲しいです
[ 2019/06/18 08:54 ] [ 編集 ]
ディアロは右SBになるんじゃないの
トプラクは移籍してないのは不思議だし、ヴァイグル喜んで移籍するでしょ
[ 2019/06/18 12:15 ] [ 編集 ]
本当に戻って来るんでしょうか?どう考えでも
トゥヘル以上にタイトルに縁のない監督がいますけどね。
まあヴァイグルが開放されるならいいです。C Bやらせていいような選手では無いですから
[ 2019/06/19 06:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。