ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川が来るのは、ロイスが去るから? あとは詳細を詰めるのみ!Bildより

先ほど約30分前、日本時間の夜6時52分にでたBildの最新記事です。

一つの名前がドルトムントの勝利をより輝かしいものに!香川真司(25)!!

BVBは金曜日にアウグスブルクに対し勝利を収めた。マルコ・ロイス(25)は素晴らしいプレイをし11分に得点をまた14分のソクラテスの得点をお膳立てした。採点1!3点目はベルリンからやってきたラモスが78分に決めた。またホストのチームのためにボバディリァ(82)とマタフツ(90)が得点し点差を縮めた。


スポンサーリンク


でも今回のテーマはもちろん、マンチェスターユナイテッドから800万ユーロ、4年契約でやってくる香川真司だ!

月曜日までにこの素晴らしい契約の可能性を確実なものにしなければならない。次、13日に行われる対フライブルク戦(9月13日)では日本のスーパースターも一緒にいることだろう。

香川は日曜日の段階で、まだイングランドにいる。メディカルチェックは延期され、最後の金銭面での詳細について話が詰められているところだ。だけどこの話もすぐにつくだろう。


香川が来るのは、ロイスが去るから?

BVBはもちろんこの二人のプレイヤーが長くこのチームで試合をすることを夢見ている。そしてタイトルを勝ち取る事を!しかし、ロイスが2500万の契約解除条項で去ってしまう可能性もありうる。

そして、これこそがネックになっているのである。
ロイスの契約には、このクラスのプレーヤーにはかなり低い価格の、たった2500万ユーロで契約期限前に移籍できるというオプション付きで2017年まで有効である。

BVBは彼を確実に獲得するため、このドイツ代表選手の条件を譲歩しなければならなかった。
ここ数日再びスペインから持ち上がった噂によると、ロイスの交渉人とFCバルセロナやレアルマドリッドと面会の用意が整っているらしい。
これはあり得ないことだ。
しかしながら、ヨーロッパトップのクラブチームは、2500万ユーロのロイスに熱い眼差しを向けている。

BVBのクロップ監督自身のコメントでは、彼はまだしばらく我々のチームでプレーをするつもりである、と語っている。
今ボルシア全体は、ロイスが、このクラブは選手に投資する用意があると気がつく事と、そして彼がここに居続けるという決断を下すという事に、まだ希望を持っている。

SKY解説者のシュテファン エッフェンベルク氏は昨日、香川の移籍はドルトムントにとって素晴らしいものになるであろう。一サッカーファンとして彼の帰還を望んでいる。なぜならば彼は素晴らしい選手でありファンを感動させることができるからだ、と語った。

もし本当にロイスがいつか去ってしまうならば、ドルトムントがBVBファンお気に入りである香川をプレイメーカーの後釜としてお買い得な値段で獲得したということになるだろう。なぜならこのクラブが800万ユーロで今のような補強できることは二度とないからだ。

それまでロイスと香川は一緒にBVBファンに魔法をかけてくれるだろう。


管理人
今、ようやく香川がサインしたという記事が出始めています。ドイツのメディアはこの移籍の値段が比較的安いことからも非常に好意的に報道しています。あと数時間の辛抱ですね。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
[ 2014/08/31 19:46 ] 香川 | TB(-) | CM(1)
Re: No title
> こんにちは。サッカーファンにとってこれはたまりません。これでブンデスリーガを楽しく100倍、いや1000倍見れるようになります。日本人プレイヤをはじめ、世界トッププレイヤの記事をわかりやすくご提供お願いします。影ながら応援してます。
コメント有難うございました。ドイツ発の情報をお伝えできるように只今試行錯誤中です。
どうぞ宜しくお願いします。
[ 2014/09/03 00:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。