ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》宇佐美 再びヨーロッパでも注目か?!ドイツメディアが宇佐美の活躍を取り上げる。

バイエルン、ホッフェンハイムを経て現在Jリーグで活躍している宇佐美選手ですが、その活躍がドイツでも注目を集めています。4月22日にワールドサッカーというホームページに掲載された記事なのでちょっと時間が経ちますが紹介したいと思います。





脚光:元バイエルンの選手がゴールに酔いしれる!


20150511051720388.jpg

多くの名の知られた選手たちがドイツのメディアに注目されることなく海外でプレーしている。今日のワールドサッカーは日本のゴールハンターに注目する。(原文では彼と同様にブラジルの選手も取り上げられているが省略)


小さく、機敏で、機転が利き、矢のように早く、それでいてもの凄く危険だ。彼がボールを持つと、日本のサッカーファンの心拍数は瞬く間に上がり、ゴールへの歓喜はすでに約束されたものとなっている。宇佐美貴史の事だ。この22歳の日本人は現在喜びに溢れたプレーをしており、Jリーグの看板選手となっている。昨シーズン一部リーグへと復帰を果たした彼のクラブであるガンバ大阪で、現在6試合で7ゴールを決めており、それに加えて2アシストを記録している。



先週に行われたライバル、湘南ベルマーレとの試合では彼のトップフォームを感じることができた。この背番号39番のシューティング・スターがヘディングで先制点を決めた時だ。日本の南、長岡京出身のこの選手は、現在なんでも成功してしまうかのように見える。この1部昇格のチームは現在2位に位置しているが、その大部分は彼のおかげである。


スポンサーリンク


2015051105171949e.jpg



この日本代表選手は2011年の夏から、ブンデスリーガでセンセーションを巻き起こしたかった。7月半ばにガンバ大阪からFCバイエルンに買い取りオプション付きでローン移籍したのだ。そのシーズンの大2節で彼はデビューを果たしたが、その後は2部チームでの出場が多く、一部のチームでは5試合に出場するのみとなった。(ポカールで1ゴール。)


FCバイエルンは彼を買い取ることはせず、この若いアジア人は同じくローン移籍でホッフェンハイムへと移籍することになった。彼はブンデスリーガで20試合に出場し、4スコアポイントを記録したにも関わらず、ホッフェンハイムも買い取りオプションを行使せず、宇佐美は故郷へと変える事になったのだ。

しかし彼が現在の“説得力がある”という言葉では足りないぐらいのパフォーマンスで、ヨーロッパのトップクラブが再び彼に手を伸ばす事は十分可能だろう。






以上です。


宇佐美選手、この間の代表戦で久々に試合を見ましたが、調子良さそうですね。
このまま活躍してぜひとも再びヨーロッパで活躍して欲しいです。まだ22才ですからチャンスはまだこれからですね!


おまけ

バイエルンで先発した宇佐美選手

IMG_1317.jpg


【おまけ今日のドイツ】

IMG_0116.jpg
 
南ドイツ ウルムにある水車
ドイツ人にも空気なきれいな街またケルンの大聖堂よりも高い大聖堂があることでも有名なウルム。
ます料理が名物です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/05/11 07:30 ] メディアの反応まとめ | TB(-) | CM(9)
No title
宇佐美がドイツで取り上げられましたかー。
今のバイエルンのメンツを考えるとバイエルンが動くってことはあまり考えられないので、どこが動くか興味ありますね。

管理人さん
南ドイツ・ウルムの料理、期待してますb
[ 2015/05/11 08:37 ] [ 編集 ]
No title
ハードワークと攻守の切り換えの早ささえあれば、
日本に戻ってくることすらなかったと思う。
そこも健太とハリルホジッチのおかげか少しずつ改善されているね。
でもまだ足りないと思うなあ、一回失敗しているだけに今行っても不安。
[ 2015/05/11 09:22 ] [ 編集 ]
No title
高卒でバイエルンだからね。それで普通にやれていればそれこそ大センセーションだったわけで。
10億はもらわないと売れない人材。
[ 2015/05/11 09:28 ] [ 編集 ]
No title
もう一度海外で活躍してほしい
[ 2015/05/11 15:39 ] [ 編集 ]
No title
ドイツで水車というとクラバーとという素晴らしい小説を思い出します。
[ 2015/05/11 15:55 ] [ 編集 ]
No title
オファーがホントにあるんなら欧州に戻って欲しいです。
JリーグのDF相手ではガチな国際試合で同じように活躍できるか未知数ですから。
今は評価がインフレしていると思っています。
[ 2015/05/11 17:51 ] [ 編集 ]
No title
あとは言葉が問題だよね。
ちゃんとコミュとれるかどうかがデカイ。
[ 2015/05/11 20:50 ] [ 編集 ]
No title
湘南がガンバのライバル・・・だと・・・
[ 2015/05/11 22:43 ] [ 編集 ]
No title
英語かドイツ語か詳しくは忘れたけど、
最近の宇佐美は外国語の勉強を熱心にやってるらしいよ。
再び海外を狙っているのは明白だね。
[ 2015/05/12 00:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。