ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのフィリップ!ヴォルフスブルクに2000万ユーロで移籍か?《ドイツの反応》

【ビルト】

移籍金は1500万から2000万ユーロ

このBVBのスター!ヴォルフスブルクへ避難か?


feipe.jpg


彼はドルトムントの今回の補強における敗者に分類される。


マキシミリアン・フィリップはこの夏、ドルトムントを去るとされている。このサイドアタッカーはルシアン・ファヴレの下で未来がないとされているのだ。しかしすでに新たな移籍先の候補が見つかったようだ。


スポンサーリンク


ヴォルフスブルクかライプツィヒか


ビルトの情報によると、ヴォルフスブルクが有力とみられている。そしてヴォルフスブルクであればフィリップはレギュラーになるとみられている。また現在受け取っているとされている300万ユーロの年俸もそのままとなるようだ。


これまではライプツィヒへの移籍も噂されていた。冬にはライプツィヒ移籍が実現するかにも見えたが、現在ではその熱は明らかに冷めているようである。彼らが再びフィリップ獲得に動くかどうかはまだわからない。


はっきりしていることは、移籍金が1500万から2000万ユーロになるとされていることだ。





以上です。


フィリップはストライカーとしてプレーさせられたり、ロイスのバックアップとして見られたり、あんまり使われ方がはっきりしていませんでしたね。左サイドでラーセンともう少し競争させても良かったと思いますが、それがなかったのは残念です。まあプリシチがラーセンとサンチョの後の選択になってしまったので、しょうがないですが・・・。




[ 2019/06/21 21:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(10)
管理人さんのおっしゃる通り、雑な使われかたしてましたね
フィリップが気の毒でした
フィリップも本来のポジションで使ってくれるクラブに移籍したいでしょう
移籍先での活躍を期待してます
[ 2019/06/21 22:33 ] [ 編集 ]
狼なら許せるし、行った方がいいかも。
でも、レッドブルはライバルクラブでもあるし、さすがにマズイ。いい選手をたくさんブレイクさせたナーゲルスマンの手にかかったらどこまで伸びるやら。フィリップはまだまだ伸び代がたくさんあるように見えるのでライバルクラブでのブレイクはホントにマズイ。
ライバルクラブ以外でブレイクしてください笑
[ 2019/06/21 23:03 ] [ 編集 ]
ライプツィヒで見たい選手ですね。
[ 2019/06/22 00:48 ] [ 編集 ]
ドイツ人なのに冷遇されたなあ
[ 2019/06/22 04:58 ] [ 編集 ]
レッドブルに行ってもナーゲルスマンとかいう地獄
[ 2019/06/22 05:50 ] [ 編集 ]
元々ロイスが靱帯損傷して選手生命の危機か?的な時に、ロイスの後釜ドイツ代表候補として獲得されたけど、ロイスが復活してフィリップは代表落選ならこうなる事は仕方ない。
ロイスのライバルはことごとく冷遇されるから。
[ 2019/06/22 07:25 ] [ 編集 ]
公平な競争もさせて貰えなかった感が強いです。いつだったか日本の解説者の方が、フィリップの様に献身的にチームプレイをしてくれる選手はそうはいません。ドルには貴重な選手です!の様なコメントされていたのを思い出します。あれからフィリップを見る自分の目線が変わりました。本来の彼の長所をキチンと活かしてくれるチームでの活躍を期待しています
[ 2019/06/22 18:55 ] [ 編集 ]
シュートは上手いけど、その他が物足りない。
クラブを1ランク下げればスタメンは間違いなし。
[ 2019/06/23 07:48 ] [ 編集 ]
ちゅーかロイスが中央行って、左でサンチョ使わないなら左はフィリップで良かったんだよ
なんか知らんがヴォルフ取ったりしてたけどさ
[ 2019/06/23 17:04 ] [ 編集 ]
レッドブルでドルトムントに目にもの見せてやってくれ、フィリップとナーゲルスマンには期待してるわ
[ 2019/06/25 14:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。