ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBフンメルス!マンチェスター・ユナイテッドからの巨額のオファーを断っていた!《ドイツの反応》

【ビルト】

真実の愛がお金に勝った!

フンメルス!このトップクラブを断る!


hummels4.jpg


真実の愛が巨額の給料に勝利した!


マッツ・フンメルスは最低でも3150万ユーロでドルトムントに移籍している。そしてドルトムントでの年俸は1000万ユーロとみられている。ボーナスを加えれば1200万ユーロになる可能性もあるようだ。これはすでに巨額の年俸だが、望めばさらに多くの年俸を獲得する事もできたようだ・・。

スポンサーリンク



ビルトの情報によると、マンチェスター・ユナイテッドがこのセンターバックの獲得に興味を持っていたようだ。

このイングランドの伝統的なクラブはフンメルスを巨額の給料で誘いたかったようだ。しかしフンメルスはこれを断っている。


マンチェスター・ユナイテッドの方がお金は稼げただろうが、スポーツ面ではあまり意味がない。スルシャール監督の率いるユナイテッドはプレミアリーグ6位で終了しており、新シーズンはヨーロッパリーグでプレーするのだ。これに対してフンメルスはドルトムントでチャンピオンズリーグでプレーする。







以上です。


ユナイテッドからのオファーの金額には触れられていませんでしたが、まあプレミアリーグのクラブであれば、当然ブンデスリーガ以上の給料を提示してくるでしょうね。


フンメルスはこれを断ったとしていますが、ユナイテッドもそろそろ立て直さないと、これまでのブランド力が薄れて良い選手があまり来てくれなくなってしまいそうですね。




[ 2019/06/22 20:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(10)
ロイスやゲッツェ、ミュラーらもそうだけど、彼らにとってはドイツ国内にいる事がメリットなんですよ。
異国やイングランドでは同じような扱いはされないので。
メディア需要がまるで違ってきます。
ドルトムントなら引退後もまず安心でしょ。
それを思うとエジルなんかは例外で凄い選手だと思います。
あの爆発的な人気はドイツにずっといては無理なので、スペインとイングランドでの成功はやはり凄いです。
今のプレーは悲しいですけど。
[ 2019/06/22 20:12 ] [ 編集 ]
来季CL逃したんでしたっけ?
[ 2019/06/22 21:17 ] [ 編集 ]
マンUはブランド品買い漁るだけで補強が的を射てない
モウの時にポグバ売ってモウの希望するCBと中盤揃えたら優勝争いしてたと思う
[ 2019/06/22 23:08 ] [ 編集 ]
水を差すようであれだけどドルトから移籍せる時、嫁が海外は嫌で移籍するとしてもドイツ国内とか言ってなかったっけ
[ 2019/06/23 05:49 ] [ 編集 ]
今のユナイテッドには行きたくないでしょうね。功労者だしドイツ人ですからドルで引退したいのかもしれません。
[ 2019/06/23 07:15 ] [ 編集 ]
確かにユナイテッドはずっとフンメルス欲しがってましたけど…本当に今も高額年俸でレギュラー確約で取るつもりだったかは疑問ですね。ビルトだから(本当の移籍話というより、ネタ的な話)では?
[ 2019/06/23 07:30 ] [ 編集 ]
真実の愛があったらバイエルン移籍なんてしなかった
[ 2019/06/23 09:17 ] [ 編集 ]
今この記事が出ても免罪符にしか聞こえないんですが
[ 2019/06/23 17:16 ] [ 編集 ]
マンチェスターユナイテッドに行きたがるトップレベルの選手はいないでしょうね…
[ 2019/06/24 06:51 ] [ 編集 ]
真実の愛とやらは近ごろ薄ら寒いんだよね、クロップが去ってからドルトムントにそんなもん無くなった気がするわ
[ 2019/06/25 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。