ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル・マドリッド!トニー・クロース!バイエルンを批判!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

レアル・スター!

クロースがバイエルンを批判!

“もっと多くの物を得るのにふさわしかった・・”

kroos.jpg

トニー・クロースは自身のドキュメント番組の中でバイエルンを批判している。


“いかに僕が素晴らしいか、そして正しい行いをしているかという話を聞いたけれど、僕がプレーする事はなかった。”と4度のチャンピオンズリーグ優勝を誇る彼は、バイエルンの最初の時代(2007から2009)について語っている。“もっと多くの物(評価、金額)を得るに相応しかったのは明らかだ。”と彼は続けている。


スポンサーリンク



そしてレヴァークーゼンへのローン移籍から帰ってきた後も、正しい評価を得ていたとは感じていないようだ。彼は契約延長にサインしたその10分後にすでに後悔していたようだ。彼は7月4日に公開される“クロース”という映画の中でそう語っている。


“サインの途中でカール・ハインツ・ルンメニゲがやって来て、‘素晴らしい契約内容だね。’と語ったんだけれど、それは今よりも良いプレーをしなければならない、という事を匂わせるものだった。”と語っている。彼は本来であればレヴァークーゼンから戻って来たくはなかったようだ。


クロースは16歳までメクレンブルク・ヴォアポメルン州で過ごしているが、クロースの母は “チームはもっと人間的だったわ。何度も会ったり、バーベキューをしたりもしていたの。お互いの関係もすごく自然なものだった。でもミュンヘンはそうではなかった。私にとってはみんな鼻が高い金持ちみたいだったの。”と語っている。


さらにトニーの妻であるジェシカも、バイエルンと彼が全く合わなかったという事に言及している。


2014年にワールドカップで優勝した後で、クロースはバイエルンからレアルに移籍している。その理由は契約延長の内容で合意に至らなかったためだ。


ウリ・ヘーネスは2012年のチェルシーとのチャンピオンズリーグ決勝で、クロースがPKを蹴らなかった事で彼を批判していたが、後に彼をレアルに移籍させたことが間違いだったと語っている。


“トニーは素晴らしい選手だ。でも一人で何でもできる選手はどこにもいない。だからクラブは特には厳しい判断をしないといけないんだ。あの決断はハードなものだったが、間違っていたかもしれない。”とヘーネスは語っている。


マドリッドのジダン監督は、自分がバイエルンにいたらクロースを放出することは絶対になかっただろうと語っている。しかしこの移籍は“レアルとサッカーにとっては良いものだった。”と語っている。








以上です。

バイエルンがクロースをレアルに移籍させたのは大失敗だったとは今でも言われていますね。クロースはバイエルンに評価されているとは感じていなかったようですが、今になって批判が出るという事は、やっぱり今でも悔しんでしょうね。



[ 2019/06/24 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(4)
「レアルマドリーのトニ・クロース」が最高にカッコ良いので、バイエルンを出たのは大正解。
ブランドは大事です。
これほどまでに知的でスマートな選手はいません。
[ 2019/06/24 19:17 ] [ 編集 ]
クロースは賃上げ交渉のやり方を間違ったと思いますね。当時ユナイテッドの監督だったモイーズをバイエルンの試合にクロースのマネージャーが招待してましたね。ばっちり写真を撮らせてたから、クロース側もバイエルンに挑発的だなあ、と見てました。

ただ、モイーズ呼んだのは自分の名前を売るためで(ブンデス内だけだと世界市場に浸透してませんから、プレミアのクラブと噂を立てて、レアル入りの下準備してたように当時思いましたので)ぶっちゃけクロースもレアルに移籍する気満々に見えましたから、度重なるバイエルン批判は単なるクロースのプライドの問題にも見えます
[ 2019/06/24 20:03 ] [ 編集 ]
モイーズ観戦してたのは試合中にもばっちりテレビでも映りました、当て馬にされたモイーズ&マンU…
クロースは性格が皮肉屋?で良くないからとバイエルンファンには人気が無かったと聞きました
バイエルンに戻ら無かったら3冠メンバーになる事も無くレアルに行くことも無かったでしょうね~
[ 2019/06/25 07:20 ] [ 編集 ]
クロースの言うことは最もだろう
ジダンにしても多くのタイトルを獲得してるのだから説得力がある
ここの人たちはタイトル数を軽視しすぎだよね
[ 2019/06/25 14:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。