ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

カヴァーニがウルグアイを勝利に導く!日本はまたしても震える展開に!《ドイツの反応》

【Weltfusssball】

カヴァーニがウルグアイを勝利に導く!日本はまたしても震える展開に!

cavani4.jpg


マラカナで行われたチリ対ウルグアイ戦ではウルグアイが勝利している。またパラグアイはグループ3位ながらも決勝トーナメント進出を決めた。グループC最終戦ではウルグアイがチリに1:0で勝利し、日本とエクアドルは1:1の引き分けに終わっている。これは両チームがグループリーグ敗退する事を意味している。

スポンサーリンク


木曜日にはホストのブラジルがパラグアイと対戦する。パラグアイは2試合を引き分けただけだったが、それでもグループ3位として勝ち進んでいる。


金曜日にはアルゼンチンとベネズエラが、そしてコロンビアとチリが対戦する。さらに土曜日にはウルグアイとペルーが対戦する。ペルーはブラジルに0:5で敗れたものの、グループ3位の中ではトップの成績を残している。



カヴァーニがウルグアイを勝利に導くヘディング

リオ・デ・ジャネイロで行われたこの試合には57442人の観客が訪れたが、82分にPSGにエディソン・カヴァーニがゴールを挙げている。チリではレヴァークーゼンでプレーするアランギスがもっとも良い選手の一人だった。


それに対してベロ・ホリゾンテで行われた日本対エクアドル戦には9729人のファンが観戦に訪れた。そのうちこのチケットを購入したのは2106人で残りは招待券となっている。両チームは勝ち進むために勝利が必要だったが、中島翔哉(15分)とアンジェル・メーナ(35分)のゴールの後では、両チームともに攻撃する事を辞めてしまった。





以上です。

日本は引き分けという事で残念でしたね。パラグアイと勝ち点2では並びましたが、初戦のチリで4点取られたので、得失点差で決勝を逃してしまいましたね。できればもう少し勝ち進んで欲しかったですが、せっかく若手で臨んだわけですから、何かしらオリンピックに活かしてもらいたいですね。

[ 2019/06/25 17:33 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
今回はよくやった。
ゲスト参加で、盛り上げなければいけないとこは盛り上げて、やるべきことはやった。
プレー面でも、オリンピックに向けて、ボール獲ってフィニッシュの手前までは出来つつあるかな?
お疲れさんです。
[ 2019/06/25 18:09 ] [ 編集 ]
株が上がった選手、下がった選手が割りと極端に出来ましたね
オーバーエイジで岡崎、柴崎、川島辺りが選出されれば良いとこ行くのかな?
取りあえず完全移籍で中東や中国に出稼ぎ行く奴はあんま良いプレーをしなくなるってのが良く解りました
[ 2019/06/25 19:41 ] [ 編集 ]
前の世代もそれより前もフランスアルゼンチン等の強豪国に勝ったりイタリアベルギーに善戦して海外から称賛されても、国内じゃやれ内容がないだ所詮親善だと選手監督みんなが散々な叩かれようだったのに、今じゃ4失点で負けようが引き分けようがファンもメディアも褒める褒める
こんな理不尽な甘やかしを世代交代免罪符にしてたら勝てるわけがない、当然の結果だ
[ 2019/06/26 00:47 ] [ 編集 ]
とにかく久保が良かった、90分出場していて終盤であのシュートができるのは、体力面でもトップレベルで通用することを証明してみせたと思います。
上田は動き出しなどオフの動きが素晴らしかった、今後は足りなかったところを克服してほしいですね。

森保さんは交代のタイミングと選手のチョイスがもう一つですね。
あと、伊藤達哉をトゥーロンから呼んでおいて使わないことにも疑問を感じました。
3戦目は秘密兵器になると期待したのですが、コンディションでも悪かったんですかね?
[ 2019/06/26 04:37 ] [ 編集 ]
結果だけ見れば、結局1勝も出来ず予選敗退。
褒められますかね?
[ 2019/06/26 07:53 ] [ 編集 ]
この20〜25年で選手個人や選手層はかなり向上してる。
決定力の話も20年前から言われているが本質はそこではないと思う。
監督やコーチがまったく成長していないのが問題。
[ 2019/06/26 08:52 ] [ 編集 ]
選手たちは褒められるべきでしょう
ほぼオリンピックメンバーで全敗の可能性は大いにあったのですから
ただ森保さんはダメですね
試合中にやるべきことを全くやっていません
[ 2019/06/26 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。