ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブンデスリーガ!人気クラブランキングで嫌われ者だったライプツィヒが3位に!《ドイツの反応》

【ビルト】

バイエルンとドルトムントの次!

ライプツィヒは200万人のファンを獲得!


rb.jpg


いったい誰がこうなると考えただろうか?


ライプツィヒは昨シーズンを3位で終えただけでなく、人気ランキングでもバイエルンとドルトムントに続いて3位となっている。


スポンサーリンク



マーケティング調査で有名な“ニールセン”によると、16歳から65歳までのアンケート回答者のうち3.2%が最も好きなクラブとしてライプツィヒを挙げているる。ドイツの対象人数は合計で5300万人になるとされているが、これは約200万人に該当するようだ。ライプツィヒは主に東で人気を集めている。質問は最も好きなクラブを回答するというものだった。


これによってライプツィヒはバイエルン(21.5%)、そしてドルトムント(16.8)パーセントに次ぐ3位となっている。その後にシュトゥットガルト(3.1%)、シャルケ(2.8%)、ヘルタ(2.1)と伝統的なクラブが続いている。ライプツィヒはまだ設立から10年しかたっておらず、ウルトラスや伝統的なクラブから嫌われてきた。それでも約24.3%はライプツィヒに好意を持っているようだ。






以上です。


嫌われ者の印象が強かったライプツィヒですが、ザクセン州を中心に確実にファンを獲得しているようですね。実質旧東ドイツではブンデスリーガでプレーする唯一のクラブですし、成績も良いですから今後ももっと伸びる可能性はありますね。このままいけば、旧東ドイツ圏内のバイエルンみたいな感じで定着するかもしれないですね。





[ 2019/06/25 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ドイツ外から見たら他リーグとの競争力の為にライプツィヒを大事にした方がいいよ、人材流出止めてくれるし大事にしてとか思っちゃいます
[ 2019/06/25 19:07 ] [ 編集 ]
東ドイツの真空地帯をついたマーケティングの勝利。
まぁこういうの拒否するドイツの感覚、実はよくわからんのやけど。

とはいえ
強さこそ正義ーー!
[ 2019/06/25 19:18 ] [ 編集 ]
 試合の内容がいいので私は好きですよ。相手の良さを打ち消すだけのミス待ちリアクションチームより見ていて遙かに楽しいですし。
[ 2019/06/25 19:45 ] [ 編集 ]
カッコイイですもん。
若くて強くて技術もあって、何よりスピードのある選手ばかりなのが見応えあるんだと思います。
やっぱり勢いやエネルギッシュさって大事ですね。
ユニホームもセンスありますよね。
[ 2019/06/25 19:56 ] [ 編集 ]
1位2位が飛び抜けてるんだなあ
ライプツィヒにしても強ければ強いほど人気は上がるね
[ 2019/06/25 20:27 ] [ 編集 ]
いやそらそうだろ
勝てないクラブは人気が下がって勝てるクラブは上がるのが当然のこと
レッドブルマネーだろうが何だろうがCLEL国際大会で結果残してリーグポイントと出場枠を稼ぐのは上位クラブの使命だしね
ナーゲルスマンも来るしドルトムントよりチャンスあるだろうからな
[ 2019/06/26 00:40 ] [ 編集 ]
試合内容見ていて楽しいチームは人気出ますよね。ドルトムントだってクロップからのファンって増えたと思いますし、監督や選手試合内容が魅力的だと応援したくなりますから
[ 2019/06/26 06:27 ] [ 編集 ]
んん?
フランクフルトが2018-19シーズンでは相当株を上げたはずなのにヘルタより人気なかったの?
[ 2019/06/27 08:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。