ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ベシクタシュ!条件付きで香川との合意を認める!ドイツ紙《ドイツの反応》

【Sport.de】

ラ・リーガへの夢は続く!

ベシクタシュ!香川との合意を認める!条件付きで!



kagawaw85.jpg


香川真司は2020年までドルトムントと契約しているが、もう将来はないとされている。その代わりに彼には二つのオプションがある。スペインへ移籍するか、引き続きベシクタシュに残るかだ。


スポンサーリンク



どうやらこのトルコのトップクラブは香川を完全移籍させたいようだ。“新たなシーズンも香川は計画に入っている。”とベシクタシュのフィクレト・オルマンは“BeIN Sports”において語っている。


しかしまだそれは完全に決まったわけではないようだ。“彼はスペインリーガを夢見ている。彼がスペインで受け入れ先を見つけたときだけ、我々は別な道を進むことになる“と語っている。


香川は今年初めから、リーガを3位で終えたベシクタシュにローン移籍していた。彼のドルトムントでの契約は2020年までとなっているが、ドルトムントはすでに香川とはこの夏別な道を歩むことで合意に至ったと発表していた。


香川は冬にもスペイン移籍を目指しており、当時はレアル・マドリッド、アトレティコ・マドリッド、そしてバルセロナを希望しているとされていた。しかしそれらの3つのクラブには香川を獲得する必要がなかった。


さらにスペインリーガの外国人枠が香川の移籍を困難としている。どのクラブもEU圏外の選手は5人までしか登録できず、同時にプレーできるのは3人までとなっている。


ラジオ局“Cadena Ser”が報じたところによると、香川はスペインでも有名な代理人のアルトゥーロ・カナレスを雇ったとされている。この代理人はバルセロナのピケやラキティッチの面倒も見ている。




以上です。

この間のベシクタシュの会長の発言が、多くのドイツ紙で取り上げられています。内容的には新しいものではありませんが、その中でもこのメディアはすでに条件付きで合意に至ったと報じていましたので紹介しました。
まあドイツメディアもいろいろですね。



[ 2019/06/27 16:35 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(25)
あと3日で7月ですね。
この1年半ほとんど試合に出場していない現実があります。怪我の回数も多いです。
このような状態でどういったクラブが上がってくるかでしょう。
昨日、最初に上がったクラブはイングランド2部のWBAでした。
これならベシクタシュをキープしとかなければとなるのも分かります。
[ 2019/06/27 16:50 ] [ 編集 ]
Hurriyetの記者もクラブ役員のフュセイン・ユセルが香川の合意を得る為に日本へ向かったと言っているので、恐らくですが香川はベシクタシュに残る意思をまだ示していないと思います。
香川が本当にスペインへ行けなければベシクタシュに残ると言ったかどうかは知りませんが、ベシクタシュ側はこれ以上待つ気が無いのだと思います。
あるいは一向に香川が返事を寄越さないのでしびれをきらしたのかもしれません。
はっきり言ってベシクタシュで香川にはろくな未来が待って無いと思うので残らない方が賢明でしょうね。
[ 2019/06/27 17:18 ] [ 編集 ]
なんでスペインorトルコの2択しかないんでしょうか?
香川からそんな発言を聞いたこともないし、トルコ側の主張を聞かされるばかりで記事を読んでも具体的なことが書かれてないし意味が解りません

ベシクタシュのフロントはいつからドルトムントのフロントにでもなったのでしょうか?
香川の権利を持ってるのは、ドルトムントのフロントでベシクタシュのフロントは香川の所有権持ってないですよ?
なのに、ドルトムントのフロントみたいな発言してますよね
[ 2019/06/27 17:31 ] [ 編集 ]
ベシクタシュは金策に困ってるんですかね?なんか期限までに支払わなくてはならない、というコメントを見たので相当焦ってるんですね
[ 2019/06/27 17:35 ] [ 編集 ]
香川に直接あったサッカー関係者(前協会にいた人ですが、名前忘れてしまいました)が違う国(トルコではなく)に移籍すると言ってたと断言している映像がありますよ
本人もインタビューで違う国に行くと思いますと言っていましたね
なんで本人サイドの情報は全く報道しないし、無視する人達がいるのか不思議です
まぁトルコに行かせたい人達が沢山存在するのでしょう
そこからの情報ばかりですね、報道は
目的はお金です
ベシクもそこが一番の目的で色々言っています
香川は日本の選手で一番お金が動きますから
だからいつもいつも足を引っ張ろうとする、利用しようとする勢力が出て来るんですよね
[ 2019/06/27 17:47 ] [ 編集 ]
ベシクタシュの一方的な言い分を他のメディアが焼き直しているだけですよね。香川が公の場で発言した訳でもありません。勝手に1人歩きしているだけ。こうなったら意地でもスペインに行きたいものです。ベシクタシュが払える金額はスペインの貧乏クラブとさほど変わらないでしょうから。
[ 2019/06/27 18:04 ] [ 編集 ]
日本人の「また食事いきましょう」って社交辞令を思い出した
[ 2019/06/27 18:16 ] [ 編集 ]
>条件付きで合意に至った

あれ、7月に入ってから話合うはずでしたが気が早いメディアですね
香川がレアル・マドリッド、アトレティコ・マドリッド、バルセロナだけを希望してたとはとても思えませんが
[ 2019/06/27 18:23 ] [ 編集 ]
マジでトルコはやめてほしい
[ 2019/06/27 19:18 ] [ 編集 ]
「新たなシーズンも香川は計画に入っている」


?????


レンタル終了してますよね?スペインがダメなら別の選択肢はなくなるのは何故なのか?
[ 2019/06/27 20:29 ] [ 編集 ]
香川のベシクタシュとの契約は6月30日まで。
ベシクタシュの来シーズンの始動は7月8日から。
今、次々とチームの補強の交渉もしてますからね。
[ 2019/06/27 21:19 ] [ 編集 ]
>香川に直接あったサッカー関係者(前協会にいた人ですが、名前忘れてしまいました)が違う国(トルコではなく)に移籍すると言ってたと断言している映像がありますよ


「移籍する」とは言ってませんよ。
「香川はスペインに行きたい」です。
そしてそれは11月にもすでに宣言済みで、今さら言うまでもなく皆が分かっていること。
あくまでも願望なので、言葉は正確に書いて頂きたい。
[ 2019/06/27 21:22 ] [ 編集 ]
嘘も百回聞かされると、洗脳されてくる…
で、洗脳された頭で再び考えた。スペインなら何処でも良いのか?4大なら何処でも良いのか?ドルトムントから敢えて移籍志願してまで下位クラブに行く意味あんのかな?
ベシクタシュは少なくとも今年はEL有るし、来年はCLの可能性も有る。
そう考えれば、監督もバシクパシャの監督来るし悪くないかもしれない…と、最悪でも他の日本人に比べれば悪くない選択だと思って来た。
勿論、スペインに行けると信じてるけどね。
[ 2019/06/27 21:24 ] [ 編集 ]
噂に上がるクラブが本当にオファーしてるかは分からないし、全然表に出てこなかったクラブが移籍直後や何年か後に実は、、と出て来るのはよくある話
香川なんて特に後者が多いよね
柴崎だってメキシコと交渉~とか言われたけど相手クラブが否定
移籍期間のあれこれなんてほぼ信用できないなんてサッカーをいつも見てれば分かること
トルコ発の怪しい情報を根拠もなく事実と断定して、トルコをキープしないととか、香川を暗に貶めるような発言は許せません
だいたい、イギリス2部のクラブの話題を出すならスペイン2クラブと交渉中についても話題に出さないといけませんね
発信国は同じですから、正しい情報のはずなんですよね?
なんでポジティブな話題はスルーなんでしょうか不思議です
結局自身に都合の良い情報のみ真実と主張しているにすぎませんよ
[ 2019/06/27 23:08 ] [ 編集 ]
WBAとかそれもトルコ発の情報でしたね。香川さんトルコのチーム所属でしたっけ?信用性を疑います
[ 2019/06/27 23:34 ] [ 編集 ]
ベシュクタシュとの関係を上手に終わらせないと、日本のメディアが絡んでいるのでまた凄いネガキャンペーンが始まるのは必須。是非ともマネージメントは上手にフォローしてほしいです。ピッチ内での競争だけではどんなに頑張っても、サッカーをするよい環境は得られないと思うのです。日本の下の世代の有望株は、その辺のところ、充分に参考にしているように思います。
[ 2019/06/27 23:37 ] [ 編集 ]
レンタルならともかく完全移籍なんて
現在いる選手の給料もまともに払えないようなクラブが獲れるわけない
まずいまいる選手達にきちんと給料支払うのが筋、こんな事してるとベシクタシュは益々信頼失う
プロ選手で給料支払われるのか分からないようなクラブに誰がいきたがるの?
[ 2019/06/27 23:49 ] [ 編集 ]
勝手に飛ばして香川はうちと契約する権利があるって他クラブに牽制してるってことですね。
それと債権者向けの金策飛ばし記事

それをクラブのフロントがやるという事は、香川と交渉できてないって事ですね
[ 2019/06/28 00:31 ] [ 編集 ]
移籍市場はこれからが本番なのでまだまだ新しいオファーも出てくるんじゃないですか。もちろん水面下でも動いてるでしょうがベシクタシュは焦りすぎ。8月末なら分かるが今の時期に香川に何を聞くのかって思います。やはり日本で香川の名前を出して金策に走るのが目的だと思いますね。
[ 2019/06/28 08:12 ] [ 編集 ]
なんか論点ズレてるんですよね。
矛盾を指摘され続けてるからって攻撃的になられてもみなさん困ると思う。。
願望、正確に書けというなら、トルコ発の方じゃないですか?
もう本人の言葉以外は願望ってことにしたらいいんじゃないですかね。
[ 2019/06/28 08:36 ] [ 編集 ]
大阪のハラルフードを扱うレストランの写真を見ると、来日したのは副会長、幹部のユセルの他3人の幹部。香川を説得する為に日本へ向かったと言われていたが、昨日は武庫川女子大学で行われたエルドアン大統領の名誉博士学位贈呈式に出席していた。武庫川女子大学はバフチェシヒル大学と交流しており、ユセルはバフチェシヒル大学と関連する小・中・高等学校等のCEOや副学長等を務めている。来日の本来の目的は政治、教育やサッカーに限らずベシクタシュのスポーツチームのビジネスの為だと思われる。

ベシクタシュは香川の獲得を望んでいるが、財政難でまだ給与の未払いも残っており香川より安い選手の獲得資金の捻出も厳しいと言われている。更に昨期の収支バランスが- €35mだった為7月末迄に- €30m にしなければ制裁を科すとUEFAから警告を受けており、達成できなければ来期のEL出場権が剥奪される可能性もある(但し現在- €29mとも言われている)。beIN Sportsの会長のインタビューの「7月に香川と話し合いを持つ」という発言が注目を集めたが、香川について話した部分を大まかに訳すと「今期我々はELとリーグを戦う為のチームを編成する。予算内に収まる選手をもう何人か獲得する予定だが、移籍金がかかるということは誰しもがわかっている。今後選手の年俸をもっと適正なレベルに下げるつもりだ(注:ベシクタシュは年俸の上限を€2mにする計画を立てている)。我々は香川を来期の計画に入れており7月にもう一度香川と話し合う(会う)つもりだ。残留して欲しいが香川にはスペインへ行く夢がある。スペインから良いオファーがあれば彼は希望通りスペインへ行くだろう。」。財政難と香川の希望で獲得が困難なことは分かった上で、7月に香川と話し合いを持ち獲得の可能性があるかどうか確認したいという処だと思う。
[ 2019/06/28 08:52 ] [ 編集 ]
結構前に経済的に香川獲得は困難だという結論に達したんじゃなかったんですか?
[ 2019/06/28 09:09 ] [ 編集 ]
これだけこの夏の移籍の可能性ある選手が日本人選手にもたくさんいるのに
確実に決まったのはステップアップの冨安くらいでしょ
キャンプが始動しようと基本8月まで市場は開いていてまだ1ヶ月以上期間があるので静観してますよ
23:34分さん
ヤフーの記事でも香川の記事ではほとんどが所属先がベシュクタシュになってていつも首をかしげてます
[ 2019/06/28 09:49 ] [ 編集 ]
なんだ、話し合う「つもり」なんですね
一方的に計画に入れてて話し合いを持ちたいってだけですか
話し合う約束も取り付けてないみたいですね
一度はレンタルに行ったところだし、香川側も話くらいは聞いてくれるだろうという算段って感じですね
壮大なる願望で真面目に考えて損しました
[ 2019/06/28 15:15 ] [ 編集 ]
>ヤフーの記事でも香川の記事ではほとんどが所属先がベシュクタシュになってていつも首をかしげてます
それは、香川自身の公式サイトで現所属クラブがベシクタシュって有るからでしょ。彼は半年(4ヶ月)だけはしっかりベシクタシュの選手になる覚悟でやってましたから。
でもお別れのコメント出したから、ベシクタシュにも(勿論ドルトムントにも)未練無さそう。
[ 2019/06/28 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。