ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBザガドゥー!アーセナル移籍か?フンメルス移籍でドルトムントから避難?《ドイツの反応》


【ビルト】

代理人が新たなクラブを探し中!



ドルトムントは5人の選手を獲得しているが、それによって、放出のほうにも動きが出てきた・・。

zaga.jpg



フランスの新聞、“フランス・フットボール”が報じたところによると、ダン・アクセル・ザガドゥーがアーセナルの獲得候補リストに挙がっているようだ。このセンターバックはフンメルスの加入により、第4の選択肢となってしまうとされている。そのため現在移籍を考えているようだ。


スポンサーリンク



フンメルス加入後に出ていく最初の選手となるだろうか?



ビルトの情報によると、ザガドゥーの代理人はすでに適切なクラブ探しをしているようだ。なによりもイングランドで。ザガドゥーは度重なるミスでルシアン・ファヴレに使われなくなっており、ユリアン・ヴァイグルにもポジションを奪われている。


ザガドゥーの契約は2022年までとなっており、最低でも3000万ユーロの移籍金は必要とされている。ドルトムントにとってもこの金額は必要だろう。


アーセナルは現在ソクラティス(31)とコシルニー(33)のセンターバックを若返らせたいと考えているため、ザガドゥーの獲得は理にかなっている。


さらにザガドゥーはピエール・エメリック・オバメヤンの親しい友人とされており、クラブに溶け込むにも時間がかからないとされている。


彼以外にはアブドウ・ディアロもクラブを去る事を考えている。フンメルスの獲得の後で、今度はツォルクは放出でその手腕を発揮するべきとされている。オファーはあるようだ・・・。




以上です。

またアーセナルがドルトムントの選手の獲得に興味を持っているようですね。それにしてもザガドゥーはまだ若いですから今放出するのはもったいないですね。クラブとしては4人はセンターバックは欲しいでしょうからそう簡単には出さないと思いますが・・。




[ 2019/06/27 21:06 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(9)
ドルトムントブランドはやはり人気ですね。
ヴァイグルは当然としてザガドゥも来ましたか。
今季は控えではもったいないくらい魅力的なスカッドが揃ってましたからね。
[ 2019/06/27 21:25 ] [ 編集 ]
ドイツ人じゃないならさっさと逃げ出すのは賢明かもね。今までいろんな選手の扱いみてきたなら、クラブに情をかけてもクラブは外様に情はかけないから
[ 2019/06/27 21:33 ] [ 編集 ]
ただでさえ上が弱いのに2m放出?
冗談だろ?
度重なるミスというけど後ろのミスは監督のミスだよ。監督の仕事はディフェンスからバイタルまでなんだからさ。名監督たちはディフェンスだけは崩壊させない。クロップだって最後の年に最下位まで落ちたけど、失点は今年とかわらなかったしな。
ディアロやトプラクも出て行きたがってるのであれば軋轢があるんじゃないですか?シーズン中にやり方で揉めてたようだし。フンメルスが入ったことによる玉突きだとは思えないな、、、
[ 2019/06/27 21:56 ] [ 編集 ]
ファブレは使う選手と使わない選手がはっきりしすぎてるので、ポジションでナンバー4とかやってられんでしょうね。
成長期でこれからのキャリアもある若手ともなるとなおさら
[ 2019/06/27 22:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントは若返り図るんじゃなかったの?
[ 2019/06/27 23:18 ] [ 編集 ]
もはやアーセナルドイツ支店がドルトムント
[ 2019/06/28 03:58 ] [ 編集 ]
ドルトムントにひたすら呪いの言葉投げ掛けるコメント欄
[ 2019/06/28 05:37 ] [ 編集 ]
しかしそのアーセナルもCL土壇場で流すという…
オバが可哀想でならない
[ 2019/06/28 06:02 ] [ 編集 ]
来シーズンは二週目どころか最初からクライマックスっていうくらいこけそうな気がしてなりません(笑)
私としてはヴァイグルとロイスが試合に出て活躍するのを観ることしか楽しみがないクラブになってしまってますが…。
[ 2019/06/29 06:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。