ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ユーロU21】ドイツがルーマニアを下し決勝進出!《ドイツの反応》

【ビルト】

決勝進出!ドイツが暑さの中ルーマニアを下す!


em.jpg


なんて試合だ!41度という猛暑の中行われた準決勝戦でドイツ代表は、今回この大会の驚きであったルーマニアを4:2で下して、大会2連覇に向けて大きく前進した。日曜日にその夢が実現となるかもしれない!

スポンサーリンク



シュテファン・クンツ監督は“ZDF”において、“ハーフタイム中に、こんなんで大会が終わってもよいのかって話をしたんだ。後半のチームのプレーには脱帽だね。”と語っている。


ストライカーのルーカス・ヌメハは“暑かったので本当に難しかった。決勝進出は素晴らしいね。僕たちは決勝に行くって決心して試合に臨んだんだ。”と語っている。


そしてまたしてもルカ・ヴァルトシュミットが英雄となっている。彼は90分にフリーキックをニアサイドに決めたのだ。彼は51分にもPKを決めている。


ヴァルトシュミットはこれで7ゴールを記録し、リトバルスキーの記録を破り、これまでの記録保持者だったマルクス・ベルクの記録を破っている。


さらにホッフェンハイムのナディエム・アミリも2ゴールを挙げている。彼は90+4分に夢のようなフリーキックを決めている。猛暑の試合もハッピーエンドだ。


この試合では4度給水のための休憩がとられたが、その最初の給水まで試合はほとんど動かなかった。この日マルコ・リヒターに代わってスタメンで出場したアミリが21分に45メートルの奪取の後で先制ゴールを決めたのだ。


しかし24分にはルーマニアにPKが与えられている。これはドイツにとっては4試合で4つ目のPKとなっている。ニューベルはボールに触るもこれを阻止することができなかった。


そしてその20分後にルーマニアのプカスがヘディングで追加点を挙げている。


ドイツはこの大会で初めてリードされる展開となったが、後半それによく対処し2大会連続となる決勝進出を果たしている。





以上です。

今ドイツはユーロU21で盛り上がっていますが、ドイツが2大会連続の決勝進出を決めましたね。ドルトムントからは唯一ダフードが出場しています。この中からうまくA代表でも主力になれるような選手が育ってくれると良いですね。



[ 2019/06/28 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。