ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのレジェンド‼「フンメルスの復帰にはリスクもある!!」《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムントのレジェンド!

コーラー:だからフンメルスの復帰は危険だ!!


hummels4.jpg


ドルトムントのレジェンドである、ユルゲン・コーラーがBVBの復帰に関してコメントしている。彼は“AZ”のインタビューにおいて、“この移籍は驚きではなかったね。マッツはドルトムントで過去に良いプレーをしていたからね。”と語っている。しかし彼は、“だけれど選手を買い戻すのにはリスクが伴うよ。たいていは元のパフォーマンスを発揮することはできない。それは過去にも証明済みだ。”と警告している。


スポンサーリンク



フンメルスは2016年にバイエルンへと移籍していたが、今ドルトムントに戻ってきている。金曜日にフンメルスはメディカルチェックを終え、来週の水曜日のトレーニングの開始にはBVBのユニフォームに袖を通す。


コーラーのフンメルスに対する期待値は高い。“フンメルスは経験という点ではドルトムントにとっては大きな利点となるだろう。彼は若い選手たちをすぐに率いることができるだろうからね。マッツはワールドカップ優勝者だし、何度も優勝を経験し、さらに国際舞台での経験も豊富だ。この経験はドルトムントにとっては良いものだよ。”と彼は語る。


フンメルスはドルトムントと3年契約にサインしている。ドルトムントはバイエルンに3650万ユーロを支払ったとされている。




以上です。


まあ確かに買戻しにはリスクはつきものですが、まあそれは新たに獲得した選手にも言える事ですからね。30歳ということですから、以前と同じパフォーマンスというわけにはいかないでしょうが、ディフェンダーですから戦術次第ではまだまだできると思います。





[ 2019/07/01 09:59 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
買い戻しだけど今回は今までとは少し違うと思う。
シャヒン、香川、ゲッツェは買い戻す前に既にクオリティを落としていたけどフンメルスは依然として高いクオリティを持ったまま買い戻すことができた。
たしかにワールドカップやシーズン前半にはいいパフォーマンスをすることは出来なかったかもしれないがワールドカップでは戦術的にCBに負担が大きすぎたしシーズン前半はw杯や監督交代の影響が大きかった。
シーズンの後半にはかなりいいパフォーマンスを取り戻してたからまだ高いクオリティは持ってると思う。
ドルトムントでも最初は適応が必要かもしれないが早目にペースを掴んで、主力として若いDF陣を引っ張ってもらいたい。
[ 2019/07/01 11:46 ] [ 編集 ]
ファブレは縛りたがり、フンメルスは自由にやりたがりだから、どちらかが大人の対応しないとヤバいでしょ。
ファブレが後半戦のように選手縛りまくって失点重ねるなら、フンメルスは多分キレるね。そうなった時にツオルクがどうするかだな。
[ 2019/07/01 13:09 ] [ 編集 ]
ファブレの野郎は気に入らないが、CBをハイラインに置かないからフンメルスとは合うかもね
フンメルスならデラネイやヴィツェルの頭を通り越してロイスやサンチョまで正確なボールを通せるし
[ 2019/07/01 13:17 ] [ 編集 ]
まあフンメルス対策は足の早いFWつけてひたすら裏を狙わせるというのが浸透してますからね
[ 2019/07/01 17:38 ] [ 編集 ]
最近のドルトムントの事はわかりませんが個人的にDFとボランチの間にスイーパー(本人は自由大好きみたいなのでリベロが良いかもですが(笑))として配置したらよさそうな気がします。
[ 2019/07/02 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。