ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ユーロU21決勝】スペイン代表がドイツ代表を下して優勝!《ドイツの反応》

【ビルト】

スペインが、悪質なファールとニューベルのミスの後で優勝!

em2.jpg

またしても祝う事が出来なかった・・・。

U21はユーロ決勝でスペインと戦ったがタイトルを守る事が出来なかった。ドイツのサッカーファンは26時間で二つの敗戦を受け入れなければならなかった。その前には我々の女子サッカー代表がワールドカップ準々決勝でスウェーデンに1:2で敗れていたのだ。

スポンサーリンク



ドイツ代表の敗戦の原因はサポート不足ではない。試合にはドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴ、そしてドイツサッカー協会ディレクターのオリバー・ビアホフが駆け付けた。さらにリヴァプールの監督ユルゲン・クロップもビデオレターで“君たちは、その心、態度、そしてチームスピリット、ポテンシャルの完璧なミックスだ。”とメッセージを送ったのだ。l


しかしスペインは我々を本当に苦しめた。


試合を決めたのは3つの場面だ。



▶7分:ファビアンが誰にも遮られることなくドイツゴール前に。そして彼はそのまま22メートルの距離からシュートを放ち先制点だ。


ARD放送の解説者であるトーマス・ブロイヒは、“ファビアンの左足が優れていることはみんな知っているはずだ。”と批判している。これが今大会流れからの2失点目となる。


キャプテンのヨナタン・ターは、“彼らの序盤ポゼッションで僕たちを上回っていた。その事で、少し不安定になってしまった。だけど、まだこれからだ。”とハーフタイム中に語っている。

33分:元フランクフルトのバジェホがヴァルトシュミットをカンフー・スタイルで削ったのだ。しかし審判はイエローカードを出しただけだった。ビデオ審判も介入しなかったがレッドカードを出さなかったのはミスだ!!


ビアホフは、“明らかに足を伸ばして裏までみせているのに、ビデオ審判が介入しなかったのは不思議でならない。このような場面は試合を決定づけるものだ。”と語っている。


69分:キーパーのニューベルがファビアンのシュートを取りこぼしてしまう。そしてそのこぼれ球を決めて2:0だ。準決勝では我々の英雄だったニューベルだったが、この試合ではミスをしている。現在シャルケでプレーする彼だが、ユーロ大会が終わった後でバイエルンに移籍するかを決めるとされている。


試合後にはこのキーパーは涙を流した。彼はあのミスが試合を決定づけたことを分かっているのだ。


スペインが喜び、我々が苦しむこととなった。


それはクンツ監督がこの試合で守備的な戦術を採用したからでもある。これまではクンツは433で大会を戦っていた。しかしスペインに対するリスペクトの多さからか、この試合では451で戦ったのだ。


クンツはこの守備的な戦術を後半になってから代え、ノイハウスを投入している。それによってドイツは急に試合を押すようになったが、それもニューベルがミスをするまでだった。88分にはアミリが素晴らしいゴールを決めたが、点が入るのが遅すぎた・・。




※ハイライト

以上です。


ドイツ代表は女子サッカーもU21も敗れてしまいましたので、ちょっと残念でしたね。確かにあのファールはレッドでも良かったとも思いますが、まあしょうがないですね・・。

[ 2019/07/01 19:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
VARはエリア内限定だと思ったけど、エリア内のファールだったの?
もしエリア外でんなこと言ってる本場のメディアさんは何考えてるんだろうね
[ 2019/07/01 20:03 ] [ 編集 ]
ポップさんとかしかマロジャンとか数人のバイエルンの選手しか知らないのですが、女子サッカー代表は意外でしたね。日本のBSでドイツ代表の放送があった時に見たのですが、ポップさん決定機で数回外して師匠やんけ、でもドイツ勝ったからいいか、と思ってたんです。前回チャンピオンなのにスウェーデンに負けてオリンピックの枠も逃してしまったとは残念です。

なでしこも負けてしまって残念ですが、準決勝のカードが面白そうなので楽しみにしています

男子は、オリンピックでリベンジしてほしいですね
[ 2019/07/01 21:22 ] [ 編集 ]
もう一度VARの使用条件確認しよう
一発退場判定にも使うよ
[ 2019/07/01 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。