ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのディアロ!サイドでの起用に不満!フラストレーションについて語る!《ドイツの反応》

【ビルト】

BVBスターのフラストレーション、インタビュー!

ディアロはどうなるだろうか、ビルトが語る!


diallo.jpg


ドルトムントは新加入の選手に1億2800万ユーロを費やしているが、現在は36人の選手が在籍するという問題が起こっている。

スポンサーリンク



特に多くなってしまったのがセンターバックだ。現在、フンメルス、ザガドゥー、ディアロ、トプラク、アカンジ、バレルディ、そしてヴァイグルと7人もいるのだ。これは多すぎる。マネージャーのツォルクはそれに関して、“もちろん、そこのポジションは何人か多すぎるね。”と語っている。


では誰が残って誰が去るだろうか?


中でもザガドゥー、そしてヴァイグルと並んでアブドウ・ディアロの移籍の噂が増えている。ディアロはクラブ史上2番目に高額の移籍だったが、フンメルスが加入した今では第4の選択肢だ。


ディアロ自身も移籍には前向きだ。彼はなによりサイドバックでの起用に不満を持っているとされている。彼はフランスの“レキップ“において、“フラストレーションが溜まるね。大きな試合では得意なポジションでプレーしたいものだからね。何試合かサイドでプレーするのはOKだよ。でも数シーズンに渡ってそこでプレーするのは僕の計画ではない。”と語っている。


すでに5月ごろから彼がパリに移籍するのではないかとの噂が上がっている。ディアロはパリについて、“僕のパフォーマンスが注目されたという事かな。若い選手でPSGのプロジェクトに興味がないと言う人がいたら、それはあまり信じられないね。彼らのプロジェクトは素晴らしいよ。”と語っている。



パリ以外ではリヨンがディアロに興味を持っている。ビルトの情報によると、リヨンは移籍先としては有力だ。すでに昨シーズンもリヨンは彼の獲得に動いていたとされている。




以上です。


さすがに2シーズンに渡って別なポジションで起用されるのは嫌なようですね。昨シーズンはセンターバックはやはり若さのせいか途中から怪我が増えてしまいましたね。みんな週2回の試合は未経験だったので、その影響も多いでしょうね。ディアロがサイドバック、ヴァイグルがセンターバック、そしてサイドバックのゲレイロがサイドアタッカーと、別なポジションで起用された選手はみんな移籍しそうですね。



[ 2019/07/06 10:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。