ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アトレティコ・マドリッドのグリースマン!バルセロナ移籍が破談になる可能性!!《ドイツの反応》

【ビルト】

アトレティコ!バルセロナのオファーを断る!

グリースマン!移籍破談の可能性!


griez.jpg


アトレティコ・マドリッドのグリースマンのFCバルセロナ移籍が破談となる可能性がある。その理由は、バルセロナが1億2000万ユーロの移籍金を一度に支払いたくないからだ。




スポンサーリンク



アトレティコが発表したところによると、バルセロナは1億2000万ユーロを一括で支払わなくても良いか聞いてきたようだ。それをアトレティコはすぐに断ったようである。そのためグリースマンは日曜日に開始するトレーニングに参加しなければならなくなっている。ちなみに彼はすでに5月に移籍することを宣言していた。



アトレティコ、バルセロナとグリースマンを批判


アトレティコはバルセロナのオファーを断っただけでなく、すぐにバルセロナを批判している。それによると、バルセロナは規則に違反しているとのことだ。バルセロナはまだ優勝争いやチャンピオンズリーグの決勝トーナメントの段階で本人と合意に至っていたようだ。


バルサはそのつけを支払う事になっている。一括で支払わない限りグリースマンは来ないのだ。分割払いはすでに断られている。その理由としては、“バルセロナもアトレティコの選手(グリースマン)もファンの扱いを軽んじたからだ。”とアトレティコは語っている。

アトレティコがこのままの態度であれば、移籍は破談となる可能性がある。グリースマンはそうなるとPSG移籍か、残留かという事になる。いずれにせよ彼はトレーニングには顔を出すことになっている。すでにクラブ側は本人に、“契約に記されている義務をクラブに対してしっかりと行う事。”と通達している。





以上です。


なかなか面白い事になってきましたね。アトレティコもバルセロナとグリースマンの両方に腹を立てているようですが、さすがにここまできて残留という事はないような気がします。どうなるでしょうか。



[ 2019/07/07 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
バルサは昨夏ラビオの事でPSGともめて、今度はグリーズマンの事でアトレティコともめてる。そして何時も被害者は選手自身。
ラビオは干されて一年棒にふっだけど、バルサはデヨングにあっさりターゲット変えて終わり。バルサもグリーズマンに拘らず、ネイマールや他にターゲット変えて終わる気がする。なんだかなぁ…バルサって良いイメージ有ったけど…
[ 2019/07/07 07:34 ] [ 編集 ]
これアトレティコに無断で3月ぐらいちすでに個人合意してた疑惑があるらしいね。
[ 2019/07/07 08:19 ] [ 編集 ]
バルセロナは先にグリースマンと個人合意する事で確実に獲得しよう(あわよくば移籍金も減らそう)
と画策しましたが、エースを引き抜かれる立場のアトレティコとすれば堪ったものではないでしょう
激怒して真相をぶちまけるのは当然です
ただ、ここまで揉めた以上グリースマンがアトレティコに残留するとは考えられないので
最終的にはバルセロナ以外のクラブに移籍するのではないでしょうか(レアルは欲しがってませんが)
母国フランスのPSGや幼少期に憧れたクラブのマンチェスターUは以前からオファーしてますし
[ 2019/07/07 12:22 ] [ 編集 ]
デンベレやコウチーニョの時もボイコットさせてましたし、ビッグクラブにしてはやり方がセコいんですよねぇ。レアルや他のクラブも似たケースはあるんでしょうが、最近は目に余ります。
あんなに金を使ったコウチーニョの今の扱いを見ると、グリーズマンは地元パリに行った方がいいと思います。それにしても久保選手はバルサに帰らなくて良かった…
[ 2019/07/07 20:49 ] [ 編集 ]
バルサなんかに憧れるくらいだったら祖国リーグのトップクラブで一応ベックスの古巣のパリにネイマールの穴埋め役として獲ってもらえばいいのに
[ 2019/07/08 05:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。