ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ルーニー!ドルトムントサンチョに「ドルトムントに残るべき!」と助言!《ドイツの反応》

【ビルト】

ルーニー

サンチョに助言!


sancho44.jpg


現在ドルトムントのスカッドはブンデスリーガでも最も巨大なものとなっている。そのためすでに香川真司とアンドレ・シュルレが新クラブを探すためにトレーニングを免除されている。それに加えてトルヤン、トプラク、ディアロが移籍するとされており、フィリップはヴォルフスブルクへ、ゲレイロがパリへ行くとされている。さらにザガドゥーも移籍を希望している。


スポンサーリンク



これからミヒャエル・ツォルクがやる事はたくさんあり、彼は電話が鳴る事を心待ちにしているだろう。


最近では何度もジェイドン・サンチョの移籍話も噂となっている。ほぼ毎日のようにレアル・マドリッドやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティが噂になっているのだ。それらのクラブはサンチョに1億ユーロ以上を支払う用意があるとされている。


BVBはそれに抵抗するつもりだ。ツォルクはすでに、“ジェイドンは来シーズンもBVBでプレーするよ。”と語っている。


そこで今度はイングランド代表の歴代得点王であるウエイン・ルーニーが口を開いた。


このストライカーはビルト日曜版において、“ボルシアに残るべきだ!”と語っている。“彼をみるのは本当に楽しいよ。彼はBVBで本当によくやっているね。”と語っている。


彼はドルトムントに残るべきか、それともプレミアリ―グに戻るべきかという質問に対して、“ドルトムントは素晴らしいファンを持った素晴らしいクラブだ。そこでは若い選手が進んで起用されている。それはサンチョを見ていれば分るね。彼のここ12か月での成長を見ることができるよ。サンチョはイングランドに移籍した場合に、ドルトムントで得たプレー時間が得られるかどうか考えなければならないよ。ベンチに座るかどうかもね。若い選手にとってはプレー時間は凄く重要だ。ドルトムントでプレー時間が得られるならば彼はそこに残るべきだね。”と語っている。


そして彼はルシアン・ファヴレの下ではプレー時間を得るとされている。彼は昨シーズンはジョーカーとしてスタートしたが、その後スタメンへと成長している。その結果17アシストを記録し、リーガナンバー1となったのだ。それに加えて12ゴールだ。これは34スコアポイントを記録したレヴァンドフスキーに次いで2位の数字だ。


さらにサンチョは接戦で試合を決められる数少ない選手の一人だ。また一対一の状況でも彼の力はブンデスリーガでトップだ。さらに右サイドでも左サイドでもプレーできる。


サンチョは2017年にマンチェスター・シティからBVBへと移籍してきた。当時の移籍金は784万ユーロとされている。ペップ・グアルディオラ監督は今でも当時の事に腹を立てており、いつかはサンチョを取り戻したいとされている。


それも不思議ではない。サンチョは2018年以来イングランド代表にもなっている。彼の市場価格は1億ユーロだ。彼はブンデスリーガで最も高額な選手となっている。



サンチョのドルトムントでの契約は2022年までとなっている。もちろん契約解除条項はない。彼は新シーズンも優勝争いをするにあたり、チームの重要な一員だ。ドルトムントはそのためにすでにフンメルス、アザール、シュルツ、ブラントを獲得し、さらにアルカセルを正式に獲得している。








以上です。

サンチョが昨シーズンのようなプレーを続けたら、そんなに長くドルトムントに留めておくことはできないでしょうが、できればあと2年ぐらいはプレーしてほしいですね。スタジアムでもサンチョのプレーをみましたが、思わず立ち上がりそうになる場面が何度もありました。やっぱりこの若者は素晴らしいですね。





[ 2019/07/07 16:39 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
彼は自分でいくのも人を使うのも最初から上手でクレバーだった。一時期調子がいい時にプリや一時期のデンベレのように持ちすぎ病になりかけていたけれど、ロイスが戻ってまた元の姿に戻ってきた。鑑賞に値する選手。監督さえ問題なければきっとどこでもやっていける楽しみな選手。ファブレはターンオーバーが下手だから怪我だけは気をつけて。
[ 2019/07/07 16:52 ] [ 編集 ]
サンチョも凄いけど、サンチョの才能をちゃんと引き出したファブレも優秀な監督やね
[ 2019/07/07 17:37 ] [ 編集 ]
 ファーガソン時代ならいいですが、今のUTDにサンチョはもったいない。移籍するにしてもネイマールがバルサに移籍した後のPSGなどがいいでしょう。
[ 2019/07/07 18:57 ] [ 編集 ]
今季は更に上の活躍を期待
[ 2019/07/07 23:16 ] [ 編集 ]
すっかりファーブルは名将扱いされてて面白い、トゥヘルレベルになれるといいね
[ 2019/07/08 05:53 ] [ 編集 ]
>ファーガソン時代ならいいですが、今のUTDにサンチョはもったいない。

えっ?サンチョはシティ出身で、ペップがいずれ戻したい。と、言っているんだけど…
シティも若く有能な選手多いから競争は激しいし、サネでさえスタメン取れて無い。若い内は試合に出続ける事が大切だから、もう暫くはドルトムントでスタメンで出続けた方が良いとは思うけどね。いずれシティで、ビッグイヤー掲げる日が来るかもしれない。
[ 2019/07/08 12:38 ] [ 編集 ]
そもそもファブレが来る前からサンチョはすでに活躍してたんだけど、それすらも忘れられてるのかな
[ 2019/07/09 06:43 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンでさえノータイトルで名将と呼ぶのが憚られるのに
彼以上の戦力でノータイトルのファブレを名将と呼ぶのはどうかな?
それは兎も角サンチョはドルトムントに収まるレベルではないね
居てくれる間にタイトルを狙いたい
[ 2019/07/09 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。