ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドイツ全国紙がヘルタ原口の特集動画を掲載!!ブンデス公式は大迫、長澤インタビュー動画を!!

残留を決めたケルンでの大迫選手と長澤選手の活躍はこのブログでもお伝えしましたが、この二人のインタビュー動画がブンデスリーガ公式でアップされました。


またヘルタで活躍する原口選手を特集した6分間に渡る動画が、なんとドイツの高級紙フランクフルター・アルゲマイネに特集されておりましたので紹介します。


動画のリンクを貼りますので、ぜひご覧ください。所々ドイツ語ですが、インタビューには日本語で答えております。





【フランクフルター・アルゲマイネ】


ヘルタの原口元気がサッカーのために世界を飛び回る。

日本のサッカー選手原口元気が日本からヘルタ・ベルリンへとやって来た。この動画のなかで彼はどのようにしてドイツにやって来たか、何に驚かされたかについて語っている。



動画リンク
ヘルタの原口元気がサッカーのために世界を飛び回る。
http://www.faz.net/aktuell/sport/fussballer-genki-haraguchi-fuer-hertha-bsc-nach-deutschland-13589412.html


201505131924393c4.jpgレポーターのカロリーネさん
 


201505131924162a0.jpg



20150513192417d68.jpg



20150513192419858.jpgお花見のような感じのインタビュー風景



20150513192420943.jpg



20150513192422286.jpg習字を披露



※女性サッカーリポーターが最初に日本について、そしてその後ベルリンの原口選手についてリポート


スポンサーリンク


【ブンデスリーガ公式ホームページ】


ケルン・大迫インタビュー

ケルンの日本人達


動画リンク

ケルンの日本人達
http://www.bundesliga.de/de/bundesliga-tv/stories/koelsche-japaner-yuya-osako-und-kazuki-nagasawa-1-fc-koeln.php



201505131851317d5.jpg


20150513185134a28.jpg


2015051318513570f.jpg


20150513185132a5e.jpg


201505131900150c3.jpg





以上です。


原口選手の動画は、日本の事にも沢山触れられていますね。ドイツ人が日本を編集するとこんな感じになるようですね。

日本からもこの動画がきちんと見られると良いのですが。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/05/14 06:30 ] ブンデス日本人特集 | TB(-) | CM(3)
No title
ほ、細貝はどうしていますか(小声)
[ 2015/05/14 14:02 ] [ 編集 ]
No title
チェルシーのオファーはFC東京の社長と武藤本人も認め、モウリーニョも(フロント主導を匂わせる)コメントをしていますので、確かですよ。
[ 2015/05/14 14:34 ] [ 編集 ]
動画は大変見応えがありました。ヒット曲などが上手に盛り込まれていて驚き!

原口選手は浦和レッズの「星」で、私の知人がレッズサポということもあり、
ドイツでのプレーが気になっていました。
ここにきてスタメンに定着しつつあり、来季はますます期待できそうで嬉しく思います。

首都だけあってベルリンは都会ですね!

[ 2015/05/15 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。