ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グリースマン!バルサ移籍に向けて契約解除金を自分で支払った?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

グリースマン!アトレティコ・マドリッドに契約解除金を自ら支払う?


griez.jpg


アトレティコのスター、グリースマンのバルセロナ移籍の茶番劇が続いている。スペインメディアが報じたところによると、グリースマンは契約解除金となる1億2000万ユーロを自ら支払うつもりだとのことだ。


これでようやくこの茶番劇も終わりだろうか?スペインのムンド・デポルティーボ紙が報じたところによると、グリースマンはバルセロナ移籍を実現させるために、自ら1億2000万ユーロの移籍金を支払ったとのことだ。そうなるとグリースマンはもうアトレティコの選手ではなくなる。



スポンサーリンク



そうなると彼が日曜日にトレーニングに姿を現さなかった事にも説明がつく。彼がこの解除金を払ったのであれば、彼はもうアトレティコの選手ではない。その前まではクラブは移籍を望むグリースマンにトレーニングの参加を義務付けていたのだ。スペインのマルカ紙が報じたところによると、いずれにせよグリースマンにはトレーニングに参加する意思はなかったようだ。




グリースマンは今から2か月前にツイッターでマドリッドからの移籍を公表していたが、移籍先については明かしていなかった。土曜日にはバルセロナの会長が契約を結ぶためにアトレティコに接触するつもりであると発言していた。



アトレティコはFCバルセロナとグリースマンを批判している。“アトレティコは彼らの態度に対して、激しく腹を立てていることをここに表明したい。特にバルセロナに対しては。“とクラブは表明していたが、契約解除金の送金が遅れた場合は、移籍に応じるつもりがないとされていた。またバルセロナがアトレティコに許可なくグリースマンに接触した事が規則に違反しているともされている。




以上です。



これは新たなモデルですね。自分で契約解除金を支払えば、当然アトレティコの選手ではなくるわけですが、その支払ったお金はきちんと取り戻せるんでしょうかね?当然そうした約束事があっての事でしょうが、中々リスクのある方法ですね。




[ 2019/07/08 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
アトレティコ←グリーズマン(一括)←バルセロナ(分割返済)
って形なのかな。ポグバとかもこれやるかも。
[ 2019/07/08 06:59 ] [ 編集 ]
厳密にいうと契約解除条項は本人が払って契約打ち切る権利で。ほとんどが移籍先クラブが『解除金を肩代わりするからうちに来ないか?』ってなるだけで。
グリはバルサと半額ずつ解除金を納めて来年バルサがグリに出してもらった分返すとかなのかな?そうすりゃ実質バルサは分割できるしね!
[ 2019/07/08 07:25 ] [ 編集 ]
グリーズマンの退団は決定してみたいだけど、これでバルサとの関係が修復した訳では無いよね。3月に接触して合意していたのを隠していたとすれば、FIFAのお咎め有るかもだし、体面保ちたいバルサがすんなりグリーズマン受け入れるのか?ラビオを結局捨てたバルサには、良いイメージ失くなったよ。
まぁ、コウチーニョもデンベレもえげつない行動でバルサ移籍を強行したし、そういう選手を受け入れてるから…有りか。
[ 2019/07/08 12:57 ] [ 編集 ]
人格に問題ありそうな奴だな。
[ 2019/07/08 18:58 ] [ 編集 ]
 実際に支払うのはバルサなんでしょうし、揉めてる原因はお金ではなくバルサがアトレを無視して選手に接触していた件てことになるかな。
 デンベレがBVBからバルサに移籍した時もバルサは同様の事をしてましたね。
[ 2019/07/09 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。