ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドイツ代表マテウス!代理人経由でバイエルンを批判したノイアーを批判!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

マテウス!ノイアーを批判!
“これは完全にノー・ゴーだ!”


neuer2.jpg


バイエルンのキャプテン、マニュエル・ノイアーはバイエルンのクラブを公に批判している。しかし彼は自ら批判したのではなく、自分の代理人のトーマス・クロートに批判させたのだ。そしてこの件に関してドイツ代表歴代最多出場記録を持つローター・マテウスが“これは完全にNGだ!”と発言している。“仮にバイエルンの移籍政策に関して問題があるのであれば、彼はバイエルンのキャプテンとして自らクラブを話をすることができるはずだ。バイエルンの幹部への扉はいつも開かれているんだから。”と語っている。

スポンサーリンク



ノイアーの代理人のトーマス・クロートは南ドイツ新聞に対して、“私の印象では、イングランドのトップ4クラブとの差はものすごく大きくなっているね。そして今のスカッドではバイエルンはそれに対抗する事が出来ないと思う。”と語っていた。



マテウスはこの批判がノイアーの物であったと考えている。“私は彼の代理人のトーマス・クロートを知っているけれど、彼はあまり公に発言をするタイプではないよ。だからマニュエルは彼とそれに関して話をしていたことは間違いないね。私の代理人だって、事前に私と話をすることなしにこのような発言を公の場ですることはないからね。”とマテウスは語った。





以上です。

トーマス・クロートがめずらしく口を開いたと思ったら、結構大きな騒ぎとなってしまいました。だいたいはノイアーがバイエルンを批判したと受け取ったようですね。

近いうちにノイアーがこの件に関してコメントするような事態になるかもしれないですね。







[ 2019/07/08 10:06 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
これは本当にその通り。ただクロートはなぜこんな発言をしたのでしょう。ノイアーの代弁をするのだけがその目的なら何を期待しての発言なのか。思慮がないタイプではなさそうなのでその後の反応ももちろん想定内でしょう。なにかの意思表示なのでしょうか。意図がよくわからない発言です。これによってどんな利益が誰にもたらせるというのでしょう。
[ 2019/07/08 14:51 ] [ 編集 ]
 クロートの発言はノイアーの代弁にしか見えませんからね。私も内部で処理すべきものを外に出すべきではないという考えです。そして、その為に内部で処理できる柔軟な組織である必要がある。


>バイエルンの幹部への扉はいつも開かれているんだから

 そう? 監督にすら開いてないように見えるけど?
[ 2019/07/08 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。