ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!レヴァンドフスキーの控えとしてマンジュキッチを獲得か?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

レヴァンドフスキーの控えとして。

マンジュキッチにバイエルン復帰の可能性!


manz.jpg


ヨーロッパのトップクラブはすでに補強に動いているが、バイエルンには動きがない。現在スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチが何人かの選手と交渉中とのことだが、スポーツビルトの情報によると、元バイエルンの選手の名前が挙がってきたようだ。


スポンサーリンク


その名もマリオ・マンジュキッチだ。

このクロアチア人はレヴァンドフスキーのバックアップ、もしくはサイドの選択肢の一つとして考えられているとのことだ。


マンジュキッチは2021年までユベントスと契約しているが、昨シーズンは激しいポジション争いにも関わらずセリエAで25試合でプレーしている。そのうちスタメン出場は23試合だ。そのうち5試合はキャプテンマークを腕に巻いており、チャンピオンズリーグでも8試合に出場している。


まだユーベの新監督マウリツィオ・サッリがマンジュキッチをどうするのかは定かではないが、イタリアのメディアが報じたところによると、マンジュキッチはすでに放出候補となっている。


マンジュキッチはこれまでに何度もドルトムントと噂になっている。


このストライカーは2010年に700万ユーロでディナモ・ザグレブからヴォルフスブルクに移籍している。そして2012年に1300万ユーロでバイエルンに移籍した。しかしペップ・グアルディオラ監督との関係が良好ではないとの理由で、2014年に2200万ユーロでアトレティコ・マドリッドに移籍している。そしてその一年後に2100万ユーロでユベントスへ移籍していた。




以上です。


バイエルンの補強はまったく進んでいませんね。バイエルンは当然ストライカーのバックアップを必要としていますが、マンジュキッチがこの役割を受けるかどうかは分かりませんね。しかし若返りを目指しているバイエルンがいくらバックアップとは言え33歳のストライカーを獲得しますかね・・。これは単なるドルトムントへのけん制でしょうか・・。



[ 2019/07/10 18:03 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(1)
マンジュキッチが移籍希望するのはスタメンが危ういからでしょ。何故初めから控え扱いなのにバイエルン来るかね?レバンドフスキは怪我少ないし、マンジュキッチよりも若いから控えから昇格する可能性低いのに…
ドルトムントの方がパコ怪我がちで、ゲッツェは生粋のストライカーでは無いからスタメン確約の可能性高いよね。
[ 2019/07/10 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。