ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト長谷部!お手本は40歳で現役のクラウディオ・ピサロ!!《ドイツの反応》

【SGE4EVER】


お手本はピサロ!

長谷部はまだまだ満足していない!

hasebe21.jpg


彼はまるで良いワインのようだ。彼は年を取るごとに良くなっているのだ。長谷部は35歳にしてキャリアにおいて最高のシーズンを過ごした。冬にはアジア国際年間最優秀選手にも選ばれ、さらにキッカーは前半戦のポジション別ランキングのセンターバック部門で彼を1位に選んでいるのだ。そうなると彼はもうこれに感謝してキャリアを終えると思われるが、決してそうではない。なぜなら、みんなから“ハゼ”と呼ばれている彼にはまだ目標があるからだ。


スポンサーリンク



彼は“ヘッセンシャウ”のインタビューにおいて、もう一度チャンピオンズリーグでプレーしたいと語っている。もちろんアイントラハトで。

“でもまずは今シーズンのために準備が出来ていないといけないですね。まずはヨーロッパリーグの予選がありますし、グループリーグに参加するつもりです。”と語っている。だからチャンピオンズリーグは現在ブンデスリーガで4番目に年長な彼にとってはまだ遠い目標だ。彼よりも年を取っているのは、パウル・ヘアヘーヘ(35)、オリヴァー・フィンク(36)、そしてクラウディオ・ピサロ(40)だけなのだ。そしてピサロは長谷部にとってお手本だ。“僕も40歳でブンデスリーガでプレーできると思います。”と彼は約束している。



長谷部、アイントラハトの監督に?



彼はとにかくできるだけ長くプレーしたいようだ。ではその後は?


“ここドイツで監督の資格を取りたいですね。”と彼は語るが、アイントラハトで監督を務めることを十分に想像できるようだ。長谷部にはアイントラハトの監督は合っているだろう。


彼は自分のスポーツ面での目標を達成するために、まずは若きチームメートの助けとなるつもりだ。“僕の役割は、サッカーをするだけではありません。若い選手のお手本でなければなりませんね。”と彼は語る。彼にはそれに対して不安はない。新加入の選手たちは多くのクオリティーを有しており、チームをすぐにでも助けることができると彼は信じている。


長谷部は最近ではリベロ、センターバック、そして6番と頻繁にポジションを変えているが、必要とされればどこででもプレーするのだ。長谷部は今では一番好きなのはディフェンスだと明かしたが、彼は“リベロや6番でプレーする準備はいつもしていないといけませんね。”とも語っている。


彼はチームを体現する存在であり、完全なるお手本だ。そして基本的に正直で親しみやすい人間だ。そして彼が毎年良くなるのであれば、今シーズンも多いに楽しめるだろう。




以上です。

トレーニングが始まり長谷部選手がさっそくインタビューに答えていました。このインタビューにあるように40歳までプレーして、後はブンデスリーガで監督になってもらいたいですね。

[ 2019/07/11 06:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(4)
原、霜田体制の日本サッカー協会は、ブラジルW杯でのザックの失敗を経て、代表監督の条件をW杯、CL、ELの何れかでグループリーグ突破経験がある監督とした。
ブラジルで惨敗しても、アギーレが八百長疑惑で失脚しても責任から逃げた彼らに不満だったが、彼らが掲げた選任条件は筋が通っていた。
エベレスト登頂に挑戦するなら登頂経験があるガイドを雇うのは当然だから。
なのに、原、霜田の失脚で誕生した田嶋体制は前任者が掲げた選任条件を撤廃し、富士山登頂しかしたことがない森保を代表監督に任命した。能力より国籍を理由にして。
日本代表監督は日本人でが理想なのは否定しない。
しかし、それを実現するためには選任条件をクリアする日本人が出てくるのを待つしかないと思っている。
だからこそ、森保就任には失望したし、今すぐに更迭すべきと思ってる。
そして、将来的に長谷部がCLかELで好成績を残し、堂々と日本人の日本代表監督に就任してくれることを期待してる。
[ 2019/07/11 17:37 ] [ 編集 ]
長谷部が代表監督になるには後15年位待たなければならないよ…待てないね。
今すぐ出来る事、それは優勝な分析官雇う事。今や戦術は監督一人で決める物では無くなっていて、数人の分析官の分析やコーチのアドバイスを元に監督が決める。
森保さんは判断が遅いから、もっと素早い判断出来る分析官を雇って、そちらに戦術任せて、森保さんはモチベーション係に成れば良いと思う。
[ 2019/07/11 23:06 ] [ 編集 ]
長谷部さんが監督?ブンデスのですか?
その頃にはブンデスリーグ自体どう変化してるんでしょうか?バイエルン一強だったりして (^ν^)日本代表監督やコーチも早く海外でプレー実績のある方になって欲しいですが、いつのことやらです
[ 2019/07/12 07:13 ] [ 編集 ]
好感を持てる人。
監督をしたらどんなチームを作るのだとうと期待させる何かはあると思う。
とりあえず3シーズンは見続けて彼の目指すチームが自分の好みかどうかを判断する。までは確定してる。
あと個人的な意見では代表監督は能力の有無に関わらず、気が向かなければやらなくていい。
代表関連には特に多い印象なのだけど妙な評価や騒がれ方するのは傍観者だとしても辛いものがある。
それでも本人がチャレンジするってなら、自分的にはどうしたってワクワクしちゃうんだろうけども。
まだしばらく選手でいるようだし、とにかく応援してますよ。
[ 2019/07/18 15:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。