ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》岡崎日本人記録更新!! 岡崎慎司がブンデスリーガをかき混ぜる!!

昨日の試合で見事2ゴールを上げた岡崎選手。香川選手のカムバックの影に多少隠れている感はありますが、こちらも記事として取上げられています。今回はライニッシェ・ポストというデュッセルドルフを本拠地にライン川沿いの地域で展開する保守的な新聞から取上げます。岡崎選手のコメントもありました。




1783614969.jpg

岡崎慎司がブンデスリーガをかきまぜる。

ベルリン:3試合で3得点、そしてついにブンデスリーガにおける単独日本人ゴール記録保持者になる。岡崎慎司にとって、今シーズンのスタートはこれより良いものとはなり得なかっただろう。

この28歳の選手は、ヘルタ・ベルリンに対して3:1での勝利において、2得点を決めた。そして27点目と28点目のゴールでドイツにおける日本人として、異論のないゴール記録保持者になったのだ。

スポンサーリンク


「本来ならばゴールの数を数えるなんてことはしません。だけど僕もドイツで難しい時期を過ごしましたし、それだけにこの記録をとても喜んでいます。」と岡崎は語った。

この2度ワールドカップに出場した選手は、2011年から2013年まで在籍したシュトゥットガルトでネガティヴな経験を積んだ。2013年にマインツ05に移籍した後で、この機転の利く攻撃選手ははじけたのだ。

「もしかしたら、この記録とともに僕は日本の子供達のよいお手本になれるかもしれません。彼らがいつかフットボール選手になれるように。」と岡崎は控え目に語る。

そしてついに岡崎は同郷の奥寺が、1977年から1986年にかけてケルンとブレーメンで記録した26ゴール、という記録を振り切ったのだ。付け加えるなら、1978年に奥寺はケルンでリーグ優勝とポカール優勝を達成し、234試合でゴール記録を達成したのだ。岡崎は99試合で28得点を挙げている。




とにかく昨シーズン最もインパクトを残した選手が岡崎選手。ブラジルワールドカップを放送していたドイツテレビ局の解説者は、とにかく彼がストライカーとして起用されていないことを毎回嘆いていました。ついでに香川選手や細貝選手についても。

やはり、ドイツ人はワールドカップ優勝に加えて、バイエルンのチャンピオンズリーグ優勝やドルトムントの活躍などで、ブンデスリーガに誇りをもっています。そこで活躍している日本人が、力を発揮できないような使い方をされる事に対して、ものすごく嘆きたくなる気持ちはよく分かります。

管理人も、ブンデスリーガの一人のファンとして、現状で活躍している日本人選手をその位置で使ってみるという采配を、一度で良いから見てみたかったです(あくまで個人的にですが)。

現時点で得点王争いトップの岡崎選手、今シーズンも期待しています。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



[ 2014/09/15 06:47 ] 岡崎 | TB(-) | CM(13)
ホントもっと注目されてくれ。
シンジ対決楽しみにしてるよ。
[ 2014/09/15 08:22 ] [ 編集 ]
No title
ザキオカさんの記事ありがたいです
[ 2014/09/15 08:44 ] [ 編集 ]
No title
ちゃんと管理人さんの私見を付け加えてくれていて好感が持てるサイトですね
ただ転載をしているところとは違って引用しつつ記事としてまとまっているので読む価値がでていると思います
[ 2014/09/15 09:05 ] [ 編集 ]
No title
このブログはいつもブログ全体を持ち上げるコメントがついてるな
あっ…(察し)
[ 2014/09/15 09:17 ] [ 編集 ]
No title
奥寺が過小評価され過ぎだよね。
当時のブンデスは今より強いと考えられていた時代。
[ 2014/09/15 09:38 ] [ 編集 ]
ストライカーとしての岡崎を見たい気持ちはわかるけど
攻守に献身的な選手をサイドに置くのはスタンダードだし
岡崎以外に適切な選手がいないから仕方が無い
香川や本田がサイドでプレーするのはイライラするだけだから一生見たくない
[ 2014/09/15 11:36 ] [ 編集 ]
No title
皆さん
温かいコメントをいつもありがとうございます!
ドイツは只今朝の7時、近所のキオスクに行ってキッカーを買います。日本人選手の活躍がどのように取り上げられているかとても楽しみです。
[ 2014/09/15 14:01 ] [ 編集 ]
No title
貴重なザキオカ記事、ありがとう
[ 2014/09/15 14:24 ] [ 編集 ]
No title
いつもありがたく拝見させてもらってます!
翻訳するありがたみを忘れた阿呆のコメントは無視して、これからも頑張ってください!
[ 2014/09/15 15:04 ] [ 編集 ]
No title
おい、写真よwwwwwww
[ 2014/09/15 19:12 ] [ 編集 ]
No title
>本来ならばゴールの数を数えるなんてことはしません。

これ別にザキオカが数えて言いだしたわけじゃないから、数えてた記者を叩いてるみたいになっちゃってるのが笑える
[ 2014/09/16 07:20 ] [ 編集 ]
No title
ハンドだね!

・・・前足だから許されるのか
[ 2014/09/16 19:16 ] [ 編集 ]
No title
解説者が嘆いていた話とか聞けて良かったです
一部の日本人フリークが騒いでるというわけではないのが伝わってきますね
[ 2014/09/20 21:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。