ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アトレティコ!グリースマンのバルサ移籍の無効を主張!「証拠がある!」《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

移籍は無効か?

アトレティコ会長!“証拠はある!”

griez.jpg


ようやくグリースマンのバルセロナ移籍が実現したが・・・、そうではないかもしれない?この移籍をめぐる騒動がより大きくなっているのだ。

スポンサーリンク



バルセロナは金曜日にソーシャルメディアにおいて、グリースマンの獲得を正式に発表していた。クラブは、“グリースマンは世界最高の選手の一人だ。これが彼のキャリアにおける次なる一歩となる。”と述べている。それに加えてバルセロナのユニフォームを着たグリースマンの画像を投稿している。


しかしアトレティコ・マドリッドはこれに抗議している。それによるとバルセロナが払った1億2000万ユーロは2023年までとなっている契約を解除するのに十分ではないというのだ。バルセロナとグリースマンが移籍で合意に至った時点ではまだ解除金は2億ユーロに設定されていたのだ。この移籍金は7月1日に1億2000万ユーロにさがっている。



この件に関してアトレティコはすでに以前にも訴えていた。それによると、グリースマンとバルセロナが2月に交渉を開始し、3月に合意に至っていたことが規則に違反しているとされているのだ。その時点でアトレティコはチャンピオンズリーグで戦っており、さらに優勝争い中でもあった。その経緯もあったために、アトレティコはバルセロナからの分割払いのオファーを断っている。


そして今アトレティコの会長エンリーケ・セレソがラジオ局“RAC1”において口を開いた。“クラブが表明するという事は証拠がるという事だ。その件に関してこれから調査を進め、相応しい移籍金を要求するつもりだ。”と彼は語っている。


これからこの件がどうなるかははっきりしていない。アトレティコは、この件に関して調査を依頼したとされている。


会長はバルセロナにも腹を立てているが、それだけではない。彼はグリースマンにも同様に腹を立てているのだ。“私は彼の態度に非常にがっかりしている。彼がクラブを去るつもりだったが、クラブには最後の最後まで何も言わなかった。”と会長は明かす。


当然ながら、グリースマンがアトレティコにとってこれほど重要な選手でなければこれほど騒ぎが大きくなることもなかっただろう。会長は、“バルサは大きな移籍を実行してきた、当然我々は彼が去る事を望んでいないが、彼はもう決めてしまった。後はそれが正しいか正しくないかを判断するつもりだ。”と語っている。


バルセロナのファンにとってはこのような騒動はどうでも良いことだ。バルセロナのファンはこの移籍を大きく喜んでいる。グリースマンは日曜の夜に契約書にサインし、その後公式に紹介される予定だ。彼は月曜日からトレーニングに参加する。







以上です。

グリースマンの移籍はまだもめていますが、月曜からトレーニングに参加するのは間違いないようですね。アトレティコはとりあえず、腹いせにいろいろ邪魔してやろうという感じでしょうか。仮に2億ユーロの支払いが正当なものだとされた場合、バルセロナが移籍金の支払いを拒否したらさらにとんでもない騒ぎになりそうですね。
[ 2019/07/14 19:42 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
スペイン人の気質がどうも好きになれない。
苦手だわ。
[ 2019/07/14 19:44 ] [ 編集 ]
事前に裏口合わせしてたならその時点の移籍金を支払わないとね
バルセロナは他でもやらかしてるからUEFAが何かしらの懲罰を与える必要があるんじゃないの?
それとも賄賂を受け取ってるからやりたい放題を見逃してるのかな?
またフランス人辺りが逮捕されるのかな
[ 2019/07/14 22:38 ] [ 編集 ]
グリーズマン個人を恨むのはなんだかな
今までも移籍の機会は幾度とあっても残留して結果残してんのに。今のバルサみたいに品位を下げるなよ
[ 2019/07/14 22:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。