ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レアル久保が魅了する!お手本はアザール!ファンの反応《ドイツの反応》

【REAL Total】


久保が魅了する!

お手本はアザール!


kubo.jpg



スピード、ドリブル、落ち着き、ゴール前での嗅覚!久保建英は、“日本のメッシ”というニックネームに少しも見劣りしない。

このフリーで移籍した新加入は今シーズンはカスティージャでプレーするとされているが、いったいどうしてそんなに良くプレーできるのだろうか?

スポンサーリンク



久保はそれに関して、“僕の父のタケフミがすべて教えてくれました。”と明かす。そして彼はすでにレアル・マドリッドでアイドルを見つけたようだ。彼は、“試合前にはエデン・アザールのビデオを見たんです。”と明かしている。





それに対してこのベルギーのスーパースターは、“良くやったね。僕のビデオを見たんなら、うまくプレー出来て当然だ!”と答えている。



以下、レアルファンの反応


・僕が見たプレーは決して18歳のプレーではないね。これからに期待だ。


・彼のポテンシャルは凄いよ。テストマッチで十分なプレー時間を貰えると良いね。


・アジア人選手の良い所は両親から規律を学ぶことだね。ブラジルやフランスのタレントはそうではない。久保は本当に良い感じだよ。


・去年久保を東京で見たんだ。すごく印象深かったけれど、Jリーグはそれほど強くもないので、どう評価してよいかわからなかったよ。久保はあと何年かですごい選手になれると思うよ。


・こんな選手をバルサは取らなかったの?ラ・マシアの出身でしょ?その代わりに彼らは鹿島アントラーズからランダムで選手を獲得しているね。


・↑もちろん彼らも久保を獲得したがったよ。でも久保はレアルを選んだんだ。久保に比べれば阿部の才能は、バルサで定位置を確保できるような才能ではないね。でもそれはバルサの幹部も分かっているだろう。


・久保のフィジカルはまだまだな感じがするね。だからカスティージャでプレーするのは悪くないと思う。その後で一年リーガでローン移籍したら、その後スタメン候補になると思うよ。


・↑そうだね。でもメッシもあのフィジカルでブレイクするとは思っていなかったからね。彼は良くなると思うよ。


・↑僕は彼がシーズンずっとカスティージャでプレーするとは思わないよ。彼は普通ではないよ。僕たちは翼を手に入れたんだ。そしてこのビデオを見るとすでにチームメートが魅了されているのが分るよ。




以上です。

ドイツにもレアルのニュースを専門に扱ったサイトがありますが、そこで早速取り上げられていました。やはりレアルの注目度は凄いですね。

久保選手、本当に楽しみですね。



[ 2019/07/16 09:30 ] 久保 | TB(-) | CM(4)
まさかバルセロナとFC東京で育成されたレアルの選手が生まれるとか漫画かよ
[ 2019/07/16 10:12 ] [ 編集 ]
何でも翼翼翼翼翼翼翼翼翼翼ってアーホか(笑)
久保や
[ 2019/07/16 11:08 ] [ 編集 ]
もうちょっと体鍛えた方がいいんでないの?
コパアメリカ見た限りだけど、いいプレーもしたけど、たびたびボール取られたね。肩で当たられたらすっこけてもいたし。当たられんの怖がってるでしょ?まぁまだ18歳で成長期の過程だからじっくり体作ってもらいたいよな。テクはあるんだから大人の体になった時が楽しみ。
当面のライバルはヴィニシウスとロドリゴ。ブラジルから久々に出てきた本格的なフォワード。酒飲まなければネイマールあたりはすぐに追い越せる逸材中の逸材。心して頑張ってもらいたいですね。
[ 2019/07/16 11:45 ] [ 編集 ]
話題性が素晴らしい。
まさに世界にいる。
レアルマドリー ドの一員になるってことはこういうことだね。
スペインの記事を見ても常に久保くんを目にします。
[ 2019/07/16 16:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。