ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シュルレ!「ドルトムントに戻る用意はできていたが断られた・・!」《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

BVB戦力外!
シュルレが語る!“こうなるとは想像してなかったね。”


schurre.jpg


アンドレ・シュルレの将来はまだ不明だ。彼はドルトムントでトレーニングに参加する事が望まれていないのだ。彼は“スカイ”において、どのようにして体調を整え、次のシーズンに向けて準備しているか語っている。



スポンサーリンク



アンドレ・シュルレはキャリアにおいて最も難しい時期を過ごしている。プレミアリーグのフルハムで降格するという悲惨なシーズンを過ごしたが、彼はドルトムントで再起するつもりだったようだ。しかしBVBに彼の未来はない。シュルレは新たなクラブを探さなければならないのだ。彼は現在ベルリンで体調を整えている。なぜなら彼がトレーニングに来ることは望まれていないからだ。



“本当はもうドルトムントに戻る準備はできていたんだ。”とシュルレは語る。“そうしたらドルトムントから、それを望まないという電話を貰ったんだ。すでに選手が多すぎるというのがその理由だった。”とシュルレは明かしているが。こうした状況は、“もちろん想像していたのとは違うね。”とのことだ。彼は昨シーズンフルハムで6ゴールを挙げたが、全体的にはがっかりさせるシーズンを過ごしている。


彼によれば、“クラブと本格的な交渉に入る”準備はできているとのことだ。すでにイタリアやトルコのクラブからの噂があり、最近ではアイントラハト・フランクフルト移籍も噂されていたが、それは代理人のインゴ・ハスペルが否定している。



シュルレによれば、ドルトムントが彼を戦力外としている事は、“決して敬意のなさからきているわけではない。”とのことだ。そして“まあこれがビジネスだよ。いろいろな側面から物事を理解するようにしないとね。ルシアン・ファヴレは新しいシーズンに必要なメンバーでトレーニングしたいんだ。そしてBVBは物事がカオスになってしまう事を避けたいんだ。”と続けている。シュルレのドルトムントでの契約は2021年までとなっている。


ユリアン・ブラントやトルガン・アザールが加わり新たなメンバーでトレーニングを開始したドルトムントだが、シュルレは自分でトレーニングの準備をしなければならない。彼は現在ベルリンでコーチのエリック・イェーガーとトレーニングしている。


シュルレは“僕たちは非常に高いレベルでトレーニングしているし、連携を練習するために何人か選手を呼んでもいるよ。”と語っている。現時点では所属先のないデニス・アオゴも一緒のようだ。


シュルレにとっては引き続きイギリスでプレーする事も可能だ。“イングランドでの立ち位置は悪くないし、そこの人々は僕を好いてくれるからね。”とこの28歳は語る。すでにいくつかのクラブとは話をしたようだが、そこから現実的な交渉にはまだ至っていないようだ。





以上です。

シュルレの話からするとドルトムントはシュルレがトレーニングに参加するのを拒んだような感じですね。まあおそらくシュルレも本気でトレーニングに復帰するつもりはなく、一応話し合いがあったうえで今の形に落ち着いたんだとは思いますが・・。

本当の所はどうなんでしょうか・・。


[ 2019/07/18 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(16)
香川のアメリカツアーもそういう事が理由だったんだろうなと思いました。
もう全てのメンバーが揃いましたからね…
監督からすると、やはり自分の構想に入っている選手だけで…と。
そういう気分になるんじゃないかなと思っていました。

[ 2019/07/18 06:37 ] [ 編集 ]
なんか嫌な奴だな。最初から構想に入ってないと知ってたくせに。
[ 2019/07/18 06:47 ] [ 編集 ]
シュールレの言っている事が事実なら香川とは扱いが違うのか?日本でのこれからの事業に向けての印象良くしたい為の香川への扱いなのか?シュールレも香川同様に契約期間残しているからドルでトレーニングする権利はありますよね。シュールレも新天地早く見つかるといいですね
[ 2019/07/18 06:49 ] [ 編集 ]
香川が練習試合に出た後のケールの発言とは全く違ってますね
ケールの発言を信じるかシュールレを信じるか
それともドルトムント側がシュールレと香川で違う対応をしてるだけなのか
てかドルトムントに所属してる間はきちんとクラブとしての責任を果たすべきじゃないのかな?
何か最近のドルトムント変わっちゃったね
[ 2019/07/18 07:06 ] [ 編集 ]
移籍が噂されているマンジュキッチは既に33歳。ワントップならシュールレの方が若いし、言語やコミュニケーション的にもドルトムントに合いそうなのにね。
少なくともゲッツェのワントップよりも良い事は確か(笑)まぁ、ファブレは固定メンバーでやりたいみたいだから、今更の競争は好まないのかね…ゲッツェ外すと地元ファン煩いしね。
[ 2019/07/18 09:31 ] [ 編集 ]
同じ不調の時でもゲッツェはクラブに守られてますから気の毒ではありました。ドルサポにも不人気のようでしたから新しいクラブが早く見つかると良いですね。ただ高額な移籍金がかかってるし年俸も高いので難しいのかな。
それにしても香川の方はなぜトレーニングに出て練習試合に出たのでしょうか。今もクラブでトレーニングしているのか気になりますね。
[ 2019/07/18 09:52 ] [ 編集 ]
ドイツ人はクラブにひいきされてるんじゃなかったっけ?
違った?
[ 2019/07/18 10:04 ] [ 編集 ]
サポーターからの支援が得られなかったとか堂々と言ってたのに、戻ることも考えていたのか…
[ 2019/07/18 12:47 ] [ 編集 ]
香川との違いを語っている方が多いけど、香川はハナからドルトムントに居座るつもりは無く、単に移籍決まるまでのトレーニングとしての参加ですよね。彼はテクニックも高いし、練習参加は他の選手の為にも良い事。連帯云々や試合出るとかそこまでは彼も求めていない。
シュールレの発言からすると、完全に戻るつもりの練習参加。それは違うだろ…もう構想外だから新しいクラブ探してね…これがシュールレのプライド的にも戻れないのでは?
[ 2019/07/18 14:59 ] [ 編集 ]
香川がアメリカツアーに行けなくなったのはシュールレの代理人がクレームつけたからじゃないのかね
[ 2019/07/18 17:09 ] [ 編集 ]
シュールレは不満をメディアにぶちまけても今までの貢献度を考えると費用対効果があまりに悪いからファンからも共感を得られないだろう。
香川は焦れったいほど紳士だからそんなことはしないだろうけれど、色々クラブにとって都合の悪い話が山盛りあるだろうから、それを表沙汰にされたらクラブへの抗議は凄いことになり、クラブイメージの悪化は避けられないだろう。その損失はそろばんはじくと凄い金額になるだろうからむげにはできないはず。扱いを同じにはできないはず。

代理人はその辺を利用して上手く香川を守り香川にとって利のある移籍を実現させてほしい。

ゲッツエが最近元気がないように感じるけど、シューのこともあるのかな。ドイツ人って一括りにするけど、ゲッツエ、フン、ロイスはそんなに仲よさそうに見えないし、最近はドイツ人内でも派閥があるような感じがする。
2連覇と関連がある選手とそうでない選手。ロイスと仲がいい選手とそうでない選手。フロントと上手くいっている選手とそうでない選手。でも不思議と監督に優遇されてる選手とそうでない選手では分かれてないんだよね。影響力なしって感じがする。
[ 2019/07/18 18:02 ] [ 編集 ]
まあ日本人選手は真面目なので、どこ行っても好かれますよね。
行儀が良くて謙虚なので、可愛がられます。
[ 2019/07/18 20:06 ] [ 編集 ]
背番号を剥奪してる時点で敬意などありません。
お別れのセレモニーをきちんとやるのかどうか。
[ 2019/07/19 06:45 ] [ 編集 ]
移籍志願したら、お別れセレモニーなんて有りませんよ。
追い出されたのではなく、新たなチャレンジなんだから。別にセレモニー無くてもファンの心に残ればそれで良いじゃん。
[ 2019/07/19 18:34 ] [ 編集 ]
香川は普通にアカンジとドルで練習してるな
[ 2019/07/19 19:24 ] [ 編集 ]
クラブやメディアはトラリクではなく追い出したようにみせたいみたいだけどね
[ 2019/07/21 23:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。