ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!シアトル・サウンダースとのテストマッチに勝利も輝きはなし!《ドイツの反応》

【ビルト】

BVBシアトルに勝利も輝きはなし!
ファヴレ、新加入は30分だけ起用!



bvb seatl


38000人の観客の前で行われたこの試合において、7700万ユーロのカルテットである、フンメルス、ブラント、アザール、シュルツはスタメンにならなかった。その代わりにファヴレはフェライ(18)、ラシュルそしてモレイ(共に19)と3人の若手を起用したのだ。

スポンサーリンク



それでもドルトムントが先制している。


マリウス・ヴォルフが37分に20メートルからのミドルシュートを決めたのだ。そして開始50分には同じような距離からパコ・アルカセルが夢のようなループキックを決めて2:0としている。



しかしBVBはそれでも試合を決めることがなかなかできなかった。コーナーからゲッツェとモレイがミスを犯し、サウンダースのディフェンダー、カンプベルがヘディングで1点を返したのだ。


開始63分にファヴレはチームを大幅に入れ替える。彼は新加入のブラント、フンメルス、シュルツ、アザールを投入したのだ。


しかし試合を決めたのはジェイドン・サンチョだった。このイングランド人は一人でサウンダースの半分のディフェンダーをかわし、16メートルの距離から冷静にシュートを決めている。


この試合で最も良かったニュースは、10:0で勝利したシュヴァインベルク戦に続いて勝利したことだろう。しかしその内容は決して輝かしいものではなかった・・・。






以上です。

ドルトムント2戦目も勝利したようですし、新加入もそろってドルトムントデビューを果たしたようですね。アザール、サンチョ、ブラント、ロイスのうまい起用法が見つかると良いですね。

[ 2019/07/18 19:21 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(1)
これからでしょう。
昨シーズンもそう言いながら勝ち続けましたから。
どのクラブを見ても、内容も結果もすべてがずっと素晴らしいクラブなんて無いのが現実。
苦しみながら忍耐強く戦い、勝ちを積み重ねていくものなんだと思います。
だからこそどのクラブも「戦える選手」が欲しいんですよね。
[ 2019/07/18 20:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。