ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

コウチーニョがリヴァプールに復帰?クロップ「誰も獲得する必要なし!」《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

コウチーニョかデンベレーがリヴァプールに?

クロップ!“我々は誰も獲得する必要がないよ。”


klopp98.jpg


チャンピオンズリーグ優勝者であるリヴァプールはアメリカでボルシア・ドルトムントとのテストマッチの準備をしている。イングランドではリヴァプールの補強が噂されているが、ユルゲン・クロップは非常に落ち着いている。


スポンサーリンク



リヴァプールの選手たちはアメリカのインディアナ州でトレーニングを行っている。ファン・ダイクやオリギら、チャンピオンズリーグの英雄たちは袖なしのシャツを着て36度の中、新シーズンに向けた準備をしている。


“新シーズンを本当に楽しみにしているよ。”とクロップは語ったが、今のチームには“非常に満足している”ようだ。そして“いくつかのポジションに手を加えるかどうかは様子見だね。だけど誰かを獲得する必要があるわけではないから、プレッシャーはないよ。”と続けている。



イングランドのメディは最近コウチーニョのリヴァプール復帰を噂している。コウチーニョの代理人が、アンフィ―ルドへの復帰を想像できると語っていたためだ。しかしリヴァプールからの興味はたいしてないとされている。なぜならコウチーニョが1年半前に去って以来、リヴァプールは上り調子だからだ。



それにコウチーニョにチャンピオンズリーグ優勝のリヴァプールに居場所があるかは疑わしい。それに加えてファンは当時移籍を強行した彼の姿を忘れてはいないのだ。とあるファンは、“コウチーニョに2度目のチャンスを受けるにふさわしくない。”と語っており、“彼の態度は十分ではないし、状態もプレーも十分ではない。”と続けている。



リヴァプールの補強候補としてはウスマン・デンべレーの名前も挙がっている。すでにバルセロナはリヴァプールにデンベレーを売り込んだとされているが、1億ユーロ以上での移籍は非現実的とされている。“我々はここ2年でチームに多くの投資をしているし、毎年そんなにお金を使うことはできない。”とクロップは語っている。




モー・サラーやロベルト・フィルミーニョ、アリソン・ベッカーはアフリカカップやコパ・アメリカに出場していたためにチームに合流するのは今月末になる。リヴァプールは土曜日にボルシア・ドルトムントとテストマッチを行う。これは単なる親善試合であるが、それでも熱い戦いとなるだろう。天気予報によれば、高温注意報が出ている。





以上です。

まあコウチーニョの復帰はないでしょうね。チャンスがあれば補強することはあるでしょうが、特に積極的に動くということはなさそうですね。クロップは本当に良いチームを作りましたね。ドルトムントとのテストマッチではまだメンバーがそろっていないようですが、それでも楽しみな一戦ですね。

[ 2019/07/19 10:11 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
『ドルトムントからコウチーニョより酷い態度で出て行ったデンベレ』をクロップが取る訳無いんだよなぁ……。
大人だから「毎年お金を~」という言い回しにしてるけども、ファン・ダイクやアリソンよりも上の移籍金を払ってまで取る程の選手でも無いし。
[ 2019/07/19 13:47 ] [ 編集 ]
クロップのおかげで輝けたのにね。
出戻りして以前のような活躍をした選手はドルトムントにもいないし、チームもすでに変わっているし前に進んでいる。
やめた方がいいです。
[ 2019/07/19 17:55 ] [ 編集 ]
いや左SBは獲得しないと…
[ 2019/07/19 20:21 ] [ 編集 ]
リヴァプールファンとしては来て欲しくない選手です。独り善がりなところはもう改善出来そうにないですから。
[ 2019/07/20 10:56 ] [ 編集 ]
コウチーニョとかいう悪性腫瘍を取り除いたからこそ良い成績を残せたんだしね
[ 2019/07/24 04:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。