ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!リヴァプールとのテストマッチに勝利!!《ドイツの反応》

【ビルト】

昨年と同様!

ドルトムント!リヴァプールに勝利!


alcr.jpg


シュヴェインベルク、シアトル、そして今度はリヴァプールだ。


BVBは3試合目となるテストマッチでも勝利した。チャンピオンズリーグ優勝チームである、ユルゲン・クロップ率いるリヴァプールに3:2で勝利したのだ。




スポンサーリンク



試合はインディアナ州のノートル・ダムスタジアムで行われたが、4万人の観客の前で行われたこの試合、ルシアン・ファヴレ監督は初めて新加入のユリアン・ブラントとスーパー・タレントのジョヴァンニ・レイナ(16)を先発起用している。そして引き続きフンメルスを先発起用している。


そしてボルシアは素早いスタートを切る事に成功している。



開始3分に、ブラントのクロスをレイナが外すが、それをアルカセルが拾って、ゴール上部にたたきつけるゴールを放っている。しかしその後気温33度の中で行われた試合は、明らかに勢いを失ってしまう。


ドルトムントがポゼッションで上回るが、リヴァプールはチャンスで上回る。その結果35分にリヴァプールのウィルソンがファビーニョのアシストから同点へと追いつく。ビュルキの代わりにプレーしたヒッツにはノーチャンスだった。



試合が勢いづいたのは後半になってからだ。ファヴレはフンメルスとヒッツ以外の選手をすべて入れ替えたのだ。そしてまたしてもBVBが良いスタートを切る事に成功した。



53分にアザールがディレイニーにパスを送る。ディレイニーはこのボールをただ押し込むだけでよかった。そしてさらにその5分後ブルーン・ラーセンが3:1となるゴールを決めている。


しかしBVBの若手モレイが試合をもう一度緊迫感のあるものにしてしまう。このスペイン人はPエリア内でリヴァプールのウッドバーンを倒してしまったのだ。ウッドバーンはそのPKを自ら決めて3:2とする。


最終的にドルトムントがプレミアリーグの巨人を3:2で下している。


ドルトムントはシュヴァインベルク(10:0)、シアトル・サウンダース(3:1)の勝利の後で、ドルトムントはこれでチャンピオンズリーグ・チャンピオン・キラーと名乗る事が出来るようになった。




以上です。

この試合見たかったんですが、夜中の2時からだったので諦めました。昨年に引き続きドルトムントはテストマッチでは好調が続いていますね。バイエルンの補強がうまく行っていないので、この勢いのままシーズン前半戦を戦ってほしい所です。




[ 2019/07/20 16:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
相変わらず強いですね。
ドルトムントの大きさをヒシヒシ感じます…
[ 2019/07/20 18:57 ] [ 編集 ]
今年はめちゃくちゃ強いチームになりそう。やっぱり監督批判あるけど、有望だよね
[ 2019/07/20 20:16 ] [ 編集 ]
ほぼベストメンバーのドルトムントに対して、マネもサラーもフィルミーノも不在のリバプール。
まだコアフリカネーションズやコパで合流遅れてるんだよね…
[ 2019/07/20 22:41 ] [ 編集 ]
勝てればいいけど、怪我しないようにコンディションを開幕までに良い状態に持ってくのがテストマッチだし、
今最高の状態で問題点が無視されるような結果を出したらアレだけどね
チームのカタチは見えてきてるの?
[ 2019/07/21 01:07 ] [ 編集 ]
去年も勝ちましたし、また今年のドルトムントもスタートから強そうですね!
[ 2019/07/21 05:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。