ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!久保デビューのレアル・マドリッドに3:1で勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

本当にレアルだったの?
バイエルン!レアル・マドリッドを粉砕!


lavae.jpg


これがチャンピオンズリーグの試合だったらなあ・・・と思ったバイエルンファンは少なくないだろう。


FCバイエルンが60413人の観客の前で行われたこの試合(ヒューストン)でレアル・マドリッドを3:1で下したのだ。これはバイエルンにとっては2012年のチャンピオンズリーグ準決勝でのPK戦以来となる勝利になる。



スポンサーリンク



トリッソ(15分)、レヴァンドフスキー(64分)、グナーブリー(69分)がバイエルンでゴールを挙げている。一方レアルでは84分にロドリーゴが直接フリーキックを決めている。しかし自ら獲得したこのフリーキックはダイブだ。それでもバイエルンのキーパー、ウルライヒがレッドカードを貰う事となっている。疑惑の判定だ。


※ファールの場面は1分50秒ぐらいから


バイエルンがチャンピオンズリーグ優勝記録を誇るレアル・マドリッドを3:1で下した。
でもこれは本当にレアルだったのだろうか?


前半はそうだった!ジダンはベストイレブンを採用したのだ。そしてそれは良い試合だった。シュート数は13:11とレアルの方が多かったが、ポゼッションではバイエルンが52%と相手を上回っている。


ニコ・コヴァチ監督は午前中のトレーニングで選手を集め、戦術と計画を選手に伝えていた。


そしてその成果はこの夜の試合で表れる事となった。バイエルンは力強いレアル・マドリッドを相手にみごとな連携から先制ゴールを挙げたのだ。


ミュラーがカウンターから左サイドのアラバにパスすると、アラバが鋭いパスを中央へ送る。アルプはこのボールに届かなかったが、トリッソがシュートを放ったのだ。最初のボールはキーパーのクルトワに弾かれたが、2度目のボールをゴールに沈めている。


この時点でバイエルンは先制するのにふさわしいチームだった。しかしトニー・クロースが率いるレアルが試合をコントロールしていただけに少々驚きでもあった。開始1分のコーナーのノイアーは安定感がなく、さらに11分に訪れたレアルのチャンスは決まっていなければならない類のものだった。モドリッチが右からクロスを送ると、ベンゼマが中央でキミッヒのプレッシャーを受けることなく抜け出したのだ。普段だったらこのフランス人は目を閉じてでもゴールを決めることができただろうが、オフサイドだった。


しかしバイエルンにもチャンスがあった。ティアゴは30分に15メートルの距離から強烈なシュートを放ち、2試合連続先発となる19歳のアルプは右サイドで偉大なマルセロを交わしてシュートを放っている。シュートはゴールを外側から揺らしただけだったが、マルセロが拍手を送っている。



そして45分にはノイアーがモドリッチに対して先制ゴールを守っている。


後半からはテストマッチでは恒例となる大幅入れ替えが行われた。ジダンはAチームに代えてBチームを投入したのだ。6000万ユーロで移籍したルカ・ヨヴィッチがレアル・デビューを果たしている。コヴァチは選手交代を遅らせたために、バイエルンが試合を決めることとなった。


64分:ズィーレがレヴァンドフスキーの足に直接パスを送る。そして冷静にそのシュートを決めて2:0だ。テストマッチ2試合で2ゴールだ。

69分:レアルのパスミスからゴレツカが中央にパスを送る。それをグナーブリーが左で決めて3:0だ。

他にも73分には再びグナーブリーがそして75分にはスィンに追加点のチャンスが訪れたが、これを決める事は出来なかった。


そしてロドリーゴのダイブだ・・・。


いずれにせよ、もしかしたら10日後にこの二つのクラブはもう一度対戦するかもしれない。両チームともアリアンツアレーナで行われるアウディ・カップで決勝に進んだとしたら・・・。




以上です。


アーセナルのテストマッチに敗れたバイエルンはけっこうひどい言われようでしたが、今回はその反動か、やけに態度が大きくなったように感じられる記事ですね。


ロドリーゴのフリーキックは素晴らしいものでしたが、確かにあの倒れた場面はダイブに見えますね。足がかかる前にすでに倒れこんでいるように見えます・・。※ビデオの1分50分ぐらい。



[ 2019/07/21 19:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(9)
ダイブというには厳しいかな
キーパー抜けばゴール同然なのにペナ外でわざと倒れるメリットがない
[ 2019/07/21 20:39 ] [ 編集 ]
レアルに足らないのはレバンドフスキ。
つまりストライカー。
[ 2019/07/21 20:46 ] [ 編集 ]
あれでレッドとか??ジャッジは不可解だったけど、レアルのBクラスゾロゾロ出て来てたから、10人というハンディで試合は少しは面白くなったかな…(嫌味)
久保は後半チームでは良かったけど、レアルレベルのチームでは無かったね。バイエルン途中から流してても余裕だったよ。
ヨビッチも期待ハズレだった…
[ 2019/07/21 21:45 ] [ 編集 ]
ダイブの必要がない
動画は日本からは見れません。
ダイブではないでしょう。前には誰もいないのですからダイブする必要がありません。ボールが通り過ぎた後に横に足を出し、引っ掛けて止める意志があります。
[ 2019/07/22 02:03 ] [ 編集 ]
試合見てないのに、ダイブの必要無いとか…完全にダイブ。キーパーが足のばしたままなのに、わざとその足に引っかかって転んだんだよ。ダゾーンでは何度もスローモーション動画流れたから…
ゴール前でカード狙いは明らか。結果レッドでフリーキックで得点。
相手一人減ったし、ゴールキーパーは第3ゴールキーパーになってしまったんだけどね。
[ 2019/07/22 07:38 ] [ 編集 ]
見る目の無い日本人の評価より海外メディアが久保を評価してるのはいいね
[ 2019/07/22 09:19 ] [ 編集 ]
キーパー触ってないのにダイブでないとは。
[ 2019/07/22 13:45 ] [ 編集 ]
ダ・ゾーンで生中継されていたよ。朝だったせいか解説は英語だったけれど。
PKは妥当に見えた。そもそもバイエルンはガチで後半のレアルは烏合の衆だった
[ 2019/07/22 13:45 ] [ 編集 ]
バランス崩したから倒されたように見せるためのダイブかなぁと思った
VAR使う試合では取り消されてロドリゴがイエローじゃない?
[ 2019/07/22 18:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。