ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シティ監督グアルディオラ!ザネーの移籍を容認か?《ドイツの反応》

グアルディオラ!

“ザネーが出ていきたいんなら、そうすることができるよ。”


sane4.jpg

急にこれまでのように楽天的ではなくなった?


ペップ・グアルディオラがレロイ・ザネーに関して新たな発言をしている。これによってバイエルンは引き続き夢を見続けることができるようになった。


スポンサーリンク



この監督は“BBC”においてザネーの移籍の可能性について質問されると、“それは我々の手中にはない。彼自身が決断しなければならないよ。彼が行きたいんだったら行くことは可能だ。もちろん悲しいけれどね。”とグアルディオラは語っている。


しかし今から数日前は全く違った発言をしていた。ザネーのバイエルン移籍の可能性は非常に低いとみられていたのだ。“彼を留めたいという思いは今でもあるよ。”とペップは語る。“我々は彼のポテンシャルとレベルを良く分かっている。彼は特別な才能を有しており、それだけの才能を他に見つけるのは簡単ではないよ。”とグアルディオラは続けている。それに加えてグアルディオラはまだザネーの移籍に関して両クラブ間では話し合いが行われていないと発言していた。


グアルディオラは、“できれば彼がマンチェスターに残ってくれると良いね。彼の代理人にはすでに契約延長のオファーをしたよ。”とザネーの残留に希望を持っている。



現時点ではこれからどうなるのかは未定だ。スポーツビルトの情報ではバイエルンはザネー側からポジティブな回答を受け取ったとされている。しかしザネー自身が決断を下さなければならない。




以上です。

プレミアリーガは魅力がありますからね。この決断は簡単ではないでしょう。監督の魅力でいったらシティにいたほうが良いような気もしますが、グアルディオラがこの先も続ける保証はありませんので、そこが難しい所ですね。



[ 2019/07/25 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。