ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!メキシコの得点王を別なクラブと共同で獲得か?《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

ドルトムント!メキシコの得点王ホセ・マシアスに興味!
奇妙な移籍モデルに?


ZORC-BVB.jpg


メディアの報道によると、ボルシア・ドルトムントはメキシコの得点王、ホセ・マシアスに興味を持っているようだ。そしてこれは非常に奇妙な形で行われるとされている。


スポンサーリンク



メキシコの“Record”が報じたところによると、ボルシアはメキシコのスター、ホセ・マシアスに興味を持っているとされている。それも他のクラブと共同で。それによるとドルトムントはメキシコのクラブ、レオンと共同で現在メキシコのグアルダハラに所属するマシアスの獲得に動くようだ。移籍金は1500万ユーロとされている。




この移籍は両クラブにとって利点があるとされている。まずドルトムントがこの19歳をテストすることになる。彼がブンデスリーガで戦えるレベルにあると判断された場合、彼はドルトムントに残る事になる。その際すでに支払った移籍金半分をメキシコのクラブが受け取るとされている。仮に彼の力がBVBの要求に合わない場合、彼はレオンに行くことになり、ドルトムントは支払った半分の移籍金を受け取るとされている。



マシアスはすでにグアルダハラからレオンにローン移籍した過去がある。彼はメキシコ一部リーガで17ゴールをあげ得点王に輝いていた。このセンターフォワードはメキシコU20代表でもプレーしている。




以上です。

これは非常に興味深い移籍ですね。ドルトムントにとっては使えなかった時にすぐに放出できるという利点がありますが、レオンにとっては何が利益なのかはいまいち良くわからないですね。来るか来ないかわからない選手に1500万ユーロの半分を払って、ドルトムントの決断待ちですからね。レオンが単独でオファーしても選手に相手にされないということでしょうか。



[ 2019/07/26 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
勝つには明らかにメンバー足りないのだからビジネスに知恵絞るのではなくサッカーに知恵絞ってもらいたい。
今度、後半戦のようなみっともないサッカーやったら下にズルズル行くぞ。お偉いさんたちは近々やめるとはいえ危機感持ってやってもらいたい。
[ 2019/07/26 06:24 ] [ 編集 ]
 レオン側にも何かメリットがあるはずだけど、それは明かされてないって感じかな。
[ 2019/07/26 14:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。