ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「世界中のどのチームでも助けとなれる!」クロップ!復帰が噂されるコウチーニョについて語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

“世界中のどのチームでも助けとなれる!”

クロップ!リヴァプール復帰が噂されるコウチーニョについて語る!

coutino.jpg


ユルゲン・クロップ監督はフィリップ・コウチーニョのリヴァプール復帰の可能性がないと語っている。

スポンサーリンク



“基本的にコウチーニョは世界中のどのクラブでも助けとなれるよ。100%ね。”とクロップは“ESPN”において語っている。“それには私がフィルが好きかどうかという事ではない。私は彼が素晴らしい選手だと思っているよ。しかし彼の獲得となったら、本当に本当にめちゃくちゃ、ちゃくちゃ、ものすごくお金がかかるからね。今年はそのような計画はしていないんだ。”と語っている。


この元ドルトムントの監督は、現在ではコウチーニョとはごく稀にしか連絡を取っていないようだが“彼は我々のチームの補強にもなるだろうが、既に言ったように、獲得は無理だね。だけれど彼がバルセロナで幸運をつかむことを願っているよ。”と続けている。今シーズン、リヴァプールは大型補強を計画していない。


コウチーニョは2018年の初めに、1億4500万ユーロでリヴァプールからバルセロナに移籍していた。しかし彼はバルセロナでレギュラーに定着していない、そして最近では放出候補となされている。このブラジル人はチャンピオンズリーグの準決勝対リヴァプール戦で、自分のファンからブーイングを浴びている。


またクロップにとってはベイルの獲得も計画にはないようだ。“ベイルはレアル・マドリッドの選手だから、移籍するとなったら信じられないぐらい高額となるだろう。”とクロップは“スカイ・スポーツニュース”で語っている。そして“彼は素晴らしい選手だし、彼の事は好きだけれどね。だけど大事なのは彼ではなくてチームをどう作るかだからね。チームは素晴らしい選手を集めることではなく、一つに作る事だからね。”と続けている。


レアルは引き続きベイルの受け入れ先を探している。そしてジダンはベイルを起用するつもりがない。アメリカツアーでもこの二人の緊張した関係が話題となっている。






以上です。

クロップはコウチーニョに対してはずっと残留を望む発言をしていましたが、最終的にはバルセロナに移籍してしまいましたね。そんな選手でも良い所は良いと言うのがクロップの素晴らしい所ですね。

[ 2019/07/26 17:59 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
内心どうあれ選手を貶しても印象悪くするだけだしね
クロップも成長してる
[ 2019/07/26 20:23 ] [ 編集 ]
バルサでもベンチをあたためるということで助けになったしね
[ 2019/07/27 01:11 ] [ 編集 ]
クロップは優しいんです。しかし今のリヴァプールには必要ないですからね。何といっても高額過ぎる。
[ 2019/07/27 07:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。