ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ!ベンチの危機?アルカセルにポジションを奪われる?《ドイツの反応》

【ビルト】

ワールドカップ優勝者!ベンチの危機!

アルカセルにポジションを奪われる?


alcaser5.jpg


この夏で最も熱い戦いだ!


マリオ・ゲッツェとパコ・アルカセルはトレーニングが始まって以来、センターフォワードのポジションをめぐって戦っている。土曜日に行われるバイエルン戦でスタメンになれるのはそのうち一人だけだ。


スポンサーリンク


スーパーカップまで5日となったが、パコがゲッツェからポジションを奪うだろうか?


▶はっきりしているのは、ゲッツェもアルカセルも力強いトレーにニング期間を過ごしていることだ。このスペイン人はアメリカツアーで行われたシアトル戦とリヴァプール戦で得点を挙げており、より効果的なパフォーマンスを見せている。


しかしパコはまだゲッツェをはっきり超えているわけでもない。


ゲッツェはしっかりトレーニングをしており、目標に向かってしっかりトレーニングしている。長い間忘れられていた、プレーする喜びが戻って来たのだ。最も得意とする10番のポジションでプレーしていないにも関わらず。ルシアン・ファヴレ監督は今後も彼をワントップで起用するつもりのようだが、これはアルカセルにとっては良くない事だ。


▶ウディンセとのテストマッチでは、キャプテンのゲッツェは何度も下がって来て中盤でボールを受け取っている。ストライカーとしては見慣れない光景だが、彼の走行距離は彼を価値のあるものとしている。


▶アルカセルはボールを待っていることが多く、走行距離もゲッツェより少ない。しかし彼の方がゴールを頻繁に上げている。


ゲッツェ対アルカセル。ファヴレは今週の合宿中にどちらをバイエルン戦で起用するか考えなければならない。その差は非常に少ない・・・。




以上です。



アルカセルは昨シーズンは準備トレーニングを逃していますから、今シーズンどうなるのかは興味がありますよね。先発で出てもしっかり活躍できるかどうかを見てみたいですね。しかしやはり大型センターフォワードの補強は必須でしょう。放出も進んできましたし、そろそろ獲得に動いて欲しいですね。





[ 2019/07/29 18:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
今更?
[ 2019/07/29 18:42 ] [ 編集 ]
本来ならアルカセルもスーパーサブで使いたいけどな
まともなCFが来てくれないからしょうがないけど
[ 2019/07/29 20:29 ] [ 編集 ]
補強はないと思いますよ。
するとゲッツェがベンチ外になってしまうから。
異常なクラブですよね。勝利より特定選手の待遇を優先するのだから。
[ 2019/07/29 20:32 ] [ 編集 ]
 ここでゲッツェを控えにしたら、今まで彼の為にしてきたクラブの犠牲と妥協が全て無駄になってしまう。BVBはゲッツェと心中するしかないように見える。
[ 2019/07/29 20:41 ] [ 編集 ]
メディアの騒ぎで守られるゲッツェ
前にもあったよな
[ 2019/07/29 20:46 ] [ 編集 ]
2017-18も、18-19も、ゲッツェがいなければチャンピオンになれたかもしれん
[ 2019/07/29 21:10 ] [ 編集 ]
公平な競争ならいいけどね
好きにして下さいな〜
[ 2019/07/30 02:04 ] [ 編集 ]
リスペクトの欠片もないな
[ 2019/07/30 09:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。