ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!フィリップ!ヘルタ移籍で合意か?!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


ヘルタ!ドルトトムント移籍で合意か?

philipp-maximilian-600.jpg


スポーツビルトの情報によると、フィリップはドルトムントを去るとされているが、先週ヘルタのマネージャー、プリーツとベルリンで会談したようだ。そしてそこで合意至ったとのことである。彼はベルリンに生まれ、母はベルリンのオリンピア・スタジアムのすぐ近くに住んでいる。さらにこのストライカーはヘルタのユースで育っているが、14歳の時にチームから除外されている。


スポンサーリンク



ヘルタとフィリップが再び一緒になるだろうか?スポーツビルトの情報によると、ヘルタはすでに長い間フィリップの獲得に動いている。ワトフォードのドディ・ルケバキオの獲得が間近であるとされているが、それでも彼は獲得候補のトップだ。



問題は、ドルトムントに2000万ユーロの要求を下げるつもりがないという事だ。これが原因で他のクラブが断られている。


すでにプリーツは、ツイッターで、“素晴らしい選手で、しかもベルリン出身だ。しかし現時点では獲得することはできない。”とコメントしている。


さらにフランクフルト、レヴァ―クゼン、ホッフェンハイムもドルトムントに打診したとのことだ。ヴォルフスブルクとは交渉も行われていた。ヴォルフスブルクのシュマトケ会長は、ブレカロを放出する、しないにかかわらずフィリップを獲得するとしており、この間フィリップは他のクラブとの交渉を断っている。しかしブレカロの残留が決まると、シュマトケ会長はこのオファーを取り下げたのだ。これはフィリップにとっては非常に腹立たしい事であった。


それ以降は、ヘルタが交渉において一歩リードしている。彼の代理人は、ディナモ・モスクワからオファーがあり、クラブは移籍金とフィリップの年俸300万ユーロを負担するつもりであるとしていた。



しかしスポーツビルトの情報によると、フィリップはブンデスリーガ残留を優先して、減俸を受け入れるつもりのようである。ドイツのクラブであれば再びレーヴ代用監督の目にとどまる可能性があるからだ。


ヘルタであれば、フィリップのプレー時間は保証されている。すでにヘルタでもプラッテンハルトやニクラス・シュタルクがドイツ代表入りしている。






以上です。

ヴォルフスブルク移籍はいつの間にか破談となったようですね。やはり個人間で合意していても決まるまでは分かりませんね。ただドルトムントが移籍金を下げないようだと、ヘルタ移籍も難しそうですね。最近は話題になっていませんが、ヴァイグルもどうなるのか気になるところです。




[ 2019/08/02 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
事実は分からないですが、ドルトムントはゲッツェやロイス以外のドイツ人選手には冷たいですね。きちんと使うことが出来無かったのにいざ移籍になったら高い移籍金要求するとか
選手にしたら堪りませんね。
[ 2019/08/02 06:31 ] [ 編集 ]
マーケットはあとひと月くらいあるから今の時期に値段を下げるつもりはないわな。
ギリギリまで粘って取れるものは1円でも多く取るだよ。
まぁサッカーでもこれくらいガツガツ行ってもらえればいいんだけど、ちょっと劣勢になるとすぐ白旗だからな。
困ったもんですよ、、、笑
[ 2019/08/02 07:14 ] [ 編集 ]
移籍金を大幅に下げて、サラリーに半分をドルトムントが補填するくらいしないと無理なんじゃないの?
それともフィリップを使わずサラリーを満額払い続ける訳?
[ 2019/08/02 08:18 ] [ 編集 ]
ドイツ人選手が年俸下げてもブンデスを優先するのは理解できますね
[ 2019/08/02 09:29 ] [ 編集 ]
ドルトムントの選手達は年俸だけでなく移籍金も高いのでビッグクラブに行かない限り難しくなるんでしょうね。ブンデスで払えるクラブは少ないです。でも若いしブンデスに残って欲しいですね。
[ 2019/08/02 10:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。