ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「どうしてゲッツェはこうも感謝が足りないのか!」外国移籍を示唆!《ドイツの反応》

【WEB】

BVBと新たな契約?
どうしてゲッツェにはこうも感謝が足りないのか?



goet10.jpg


ゲッツェのドルトムントでの契約は後1年で終わる。クラブはすでに今後もゲッツェと契約延長する意思があることを公表している。しかしここで交渉に関するプレッシャーが高まってきた。


はやいうちにゲッツェとの契約を延長しないと、ゲッツェは来年夏にフリーで移籍となる。これはドルトムントにとっては痛手だ。これまでに支払った6000万ユーロの元が取れないからだ。

スポンサーリンク


ゲッツェ:“外国も重要な選択肢だ。”


ゲッツェはインタビューで、“これでブンデスリーガ10シーズン目となる。だから外国移籍について考えるのは当然だと思う。”と彼はまたしても公の場で語ったのだ。


それが意味することは、契約延長での年俸の削減には賛成していないという事だろう。給料が増えなければ出ていくという事だ。彼がどの程度本気で外国移籍を考えているかはわからない。


しかし現代のサッカーで、ゲッツェほど感謝の足りないプロ選手というのはいないだろう。こういう話を聞くと、クラブのモットーである、“真実の愛”に苦みが混じってしまう。


ゲッツェはドルトムントで2度目のチャンスを得た。


マリオ・ゲッツェは2016年にバイエルンからドルトムントに戻って来た。その3年前には、契約解除条項を使って、チャンピオンズリーグ決勝の直前にバイエルン行を発表している。


クラブはドルトムント復帰後、ゲッツェに対するファンの嫌悪感に対して、できるだけの対処をし、その後彼のパフォーマンスが悪くとも、また代謝障害であることが分っても彼を信じ続けてきた。


ゲッツェは3年目にようやく成果を上げる。当初はルシアン・ファヴレも懐疑的だったが、最終的にリーガ26試合で7ゴール7アシストを記録していのだ。このような状態で交渉に臨むことになったが、これからポーカーが始まる。予想ではゲッツェは残留するとみられている。そして彼が望む給料を得ることになりそうだ。このようなビジネスにおいてヴァツケは選手の感謝の気持ちを必要とはしていないが、外から見ていると、このミッドフィルダーの態度には嫌気がさす。






以上です。

ゲッツェがまた移籍をちらつかせる発言をしましたが、この記事にあるように延長交渉において圧力をかけるつもりでしょうね。


まあゲッツェはしたたかですね。


感謝の部分に関してですが、いくらクラブに感謝をしても監督が変わればあっさり捨てられることがあるのは選手ですからね。選手にばかりそれを要求する事はできないとは思いますが、ゲッツェの場合は明らかに多くのサポートを受けていましたからね。そんな彼の今の態度にはやはり疑問を感じますね。




[ 2019/08/03 16:55 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(12)
選手として、減棒されるなら、どこか挑戦をという気持ちはわかりますが、それ以前に 感謝の態度がないから叩かれますよね。ていうか、バツケが甘やかしてきたから仕方ないですね。
[ 2019/08/03 17:12 ] [ 編集 ]
買い戻すクラブが悪い
[ 2019/08/03 17:19 ] [ 編集 ]
ドルはゲッツェに関してはほんとに至れり尽くせりだった印象
太ったり病気になったりした後のリハビリもさせて貰ってたしね。
[ 2019/08/03 17:51 ] [ 編集 ]
 今までもBVBはゲッツェの要求を呑んできたし、同じ実力の選手の倍以上の待遇をしてきた。今回もBVBはゲッツェの希望を叶えるでしょう。それがクラブにとって良いか悪いかは別として。
[ 2019/08/03 17:51 ] [ 編集 ]
ゲッツェは明らかにクラブに特別扱いをされてきた選手ですから感謝が足りないのは同意です。どう考えても年俸は高すぎるので本人が出たければ放出したら良いかもしれません。高い年俸を払い続ける方がマイナスかもしれませんからね。
[ 2019/08/03 18:24 ] [ 編集 ]
明らかに活躍してたにもかかわらず延長後
監督交代で全く出られない状況に陥ることもある(誰とは言わないが)

あんな扱いがなければ移籍先探すのに苦労なんてしなかっただろうと言わなくていいようにしたたかさは必要だろうさ
契約条項で出場契約を勝ち取る事は大切だなといつだったか感じたね
[ 2019/08/03 18:30 ] [ 編集 ]
香川、カストロ、ダフードよりも、まともな活躍さえできていなかった者がいまだに残っている事が不思議でならない。
恐怖すら感じます。
[ 2019/08/03 18:55 ] [ 編集 ]
明らかに帰ってきてからのゲッツェへのサポートは手厚かったですし、それも契約の一部だったのかもしれませんね。
[ 2019/08/03 20:41 ] [ 編集 ]
シュテーガー政権でブンデス所属のアンケートで最低評価もらっても普通に残留
ゲッツェ本人も移籍をほのめかしてクロップに相談するとか言ったりして
CEOはユース出身者がかわいくてたまらないとしか思えない
香川はじめ外国籍の選手が気の毒すぎる
[ 2019/08/03 21:40 ] [ 編集 ]
ドルトムントが大金を投入して補強するドイツ人選手は大体失敗してるイメージがあるな
外国の若手選手補強では錬金術を見せつけるのに国内向けの眼は曇ってるよ
これじゃあバイエルンに勝つのは難しいよ
[ 2019/08/04 00:45 ] [ 編集 ]
どこの記事だったか忘れましたが、減俸が受け入れられなければフリーで放出するとの噂もありました
ゲッツェの態度より、ドルトムントがゲッツェにこだわり過ぎなのがおかしいと思いますね
普通ならこの夏で売却に動くべきだと思います
[ 2019/08/04 01:38 ] [ 編集 ]
まあでも今のゲッツェにドルトムントが払っている年俸を払うクラブがいるとも思えません。たとえ移籍しても減俸は避けられないでしょう。
[ 2019/08/04 06:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。