ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのフィリップ!ディナモ・モスクワ移籍がほぼ完ぺき!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!フィリップの受け入れ先を見つける。

phill2.jpg


どうやらロシアになりそうだ・・・。

ビルトの情報によると、マキシミリアン・フィリップはディナモ・モスクワ移籍目前のようだ。移籍金は2000万ユーロとみられている。

スポンサーリンク


これでディアロ、ローデ、トルヤン、シュルレ、パスラクに続く放出となった。


フィリップはこのロシア移籍を決断する前に、代理人にもう一度他のオプションがないか調べさせていた。ヴォルフスブルク移籍、そしてフランクフルト、ヘルタへの移籍は移籍金が障壁となり実現しなかった。さらにレヴァークーゼンやホッフェンハイムも彼の獲得に興味を持っていたようだ。



日曜日のシーズン幕開けのセレモニーを彼は欠席したが、今は交渉のためにトレーニングにも参加していない。移籍をだめにしないように、彼はスイスの合宿にも参加しておらず、さらにその前のアメリカツアーでもプレーしていなかった。





以上です。

結局ヘルタには移籍金は払えなかったようですね。しかしロシアですか・・。本人としてはブンデスリーガのチームで代表入りを目指したかったところでしょうが、まあそれでもプレー時間は大事ですからね。後は決定のニュースを待ちましょう。


[ 2019/08/06 06:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(9)
いくらでもまたカムバックして来れる。
それだけの資質を持った素晴らしい選手。

「今は交渉のためにトレーニングにも参加していない」
やはりそうですよね。。
香川が早く受け入れ先を見つけて、交渉できる事を願っています。
[ 2019/08/06 06:10 ] [ 編集 ]
たくさんのチームからラブコールが来てるんですね。
正直ブンデスのクラブに行って欲しかった。
[ 2019/08/06 06:16 ] [ 編集 ]
2000万なら素晴らしいですね
ブレイクしたフライブルクやユーロU21を見るとセカンドトップや2トップの一角で活きる選手だと思いますが、ドルトムントではシステムの不合致とロイスの壁が高かった印象です
[ 2019/08/06 06:26 ] [ 編集 ]
ドイツ代表候補として若手を気前よく獲得
定着できないとその気前よく払った移籍金や年俸が足を引っ張るみたいなところないですかね
[ 2019/08/06 06:33 ] [ 編集 ]
フィリップは年俸下げてもブンデスに残りたかったのに25歳にしてロシアとか気の毒すぎる
まぁドルトムントにしてみれば商売ですから一番高い値をつけてくれたところに売りたいってのはわかりますが酷いとしかいいようがないわ
[ 2019/08/06 07:08 ] [ 編集 ]
ロシアリーグは本田がずっと幽閉されていた悪いイメージしかないんですよね
ただ資金はかなりあるし、幽閉してるせいか強いチーム多いですよね
[ 2019/08/06 07:16 ] [ 編集 ]
移籍金よりドルトムントがサラリーを無駄に高くしてたから、そのサラリーを払えるクラブがロシアだったってこったな
ブンデスリーガは50+1で健全経営言ってるが、貧乏人が倹約してるだけにしか見えないのが酷い
[ 2019/08/06 07:43 ] [ 編集 ]
シュールレに続いてロシアか
もう選手の気持ちなんて何も考えてあげないクラブに成り下がってしまったのか?
香川の場合もおそらくベシュクタシュの提示額が低すぎて交渉の余地もないんだろ
なんせリャイッチの買取6億でさえ何十回もの分割
お金もないのに見栄でオーストリアキャンプなんかしてまた借金が増えたみたい
その上PSM4試合で誰1人ゴールを決めることが出来ず勝った試合もなし
本当あきれたクラブですわ
ベシュクタシュで得た年俸の40%以下がどうとか払ってたのはドルトムントだろと突っ込みを入れたい
香川自身がベシュクタシュでやる気がないのも当然かと
ようやくトルコ紙の飛ばしから解放されると思うと嬉しい限り
まぁあと3週間強、香川にもいいところが見つかるといいな
[ 2019/08/06 08:17 ] [ 編集 ]
やはりクラブ間の合意がなければ選手が行きたいところにも行けませんからね。ロシアで頑張って欲しいです。
[ 2019/08/06 09:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。