ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!ネイマールとの溝深まる!もはや口も利かず!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

溝は深まるばかり!

トーマス・トゥヘルとネイマールの関係は冷え切っている!


tuchelne.jpg


今から二日前にPSGはフランスのスーパーカップで勝利したが、出場停止となっていたネイマールはスタンドからこの試合を観戦していた。移籍を希望しているネイマールは試合後にのセレモニーには登場したが、そこで、ここ数週間移籍のために戦っているネイマールとチームメートの溝が深いことが明らかとなっている。

スポンサーリンク



フランスのレキップ紙が報じたところによると、ネイマールは自国の選手たちを無視し、さらにスーパーカップ優勝後にはキリアン・ムバッペはネイマールがチームの記念写真に加わる事を拒んでいる。さらに最近ではトーマス・トゥヘルももうこの話題にはうんざりしているようだ。




イタリアのガゼッタ紙が報じたところによると、トゥヘル監督はもはやネイマールとは口をきいていないようだ。最近まではトゥヘルはネイマールがパリに残る事を願っていると発言していたが、それも過去のものとなったようだ。


すでにネイマールの移籍が噂になってから数か月が経過している。スペインのSport紙が報じたところによると、クラブと選手はすでに戦争状態のようだ。ネイマールは絶対にFCバルセロナ復帰を望んでいるとされているが、PSGは3億ユーロの移籍金を下げる気はないようだ。バルサにはその金額を支払うつもりはないとされている。


PSGはネイマールに8月11日までに決断をするように迫っているようだ。



バルサの副会長のホルディ・カルドネルは日曜日に“TV3”においてネイマールの件について発言している。そして現時点での獲得の可能性を否定している。“非常に複雑で、我々はただの観客でしかない。我々は彼がパリでうまく行っていない事は分かっているし、パリもそれを解決しなればならない事は承知している。しかし、我々はリーガとチャンピオンズリーグを戦ううえですべてがそろっている。今の所ネイマールに関しては何もないし、もし何かあれば言うだろう。”と語っている。




以上です。

ムバッペがネイマールを記念写真から追い出そうとしている動画がありますが、特にふざけている感じでもないので、本当に追い出そうとしているようにも見えますね。


しかしバルセロナにネイマールを買い戻す金額はないでしょうし、結局残留することになりそうですが・・。



[ 2019/08/06 09:57 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
俺にはふざけてやってるように見えるけど
[ 2019/08/06 10:19 ] [ 編集 ]
トロフィー掲げてる時は寧ろ輪に入れないネイマールをヴェッラッティとエムバペが引き入れてますし、写真撮る時もエムバペは追い出す直前に寧ろ腕掴んでネイマールをこっちにくるように促してますからネイマールがなんか余計なこと言ったんですかね…
まあ確かそのあとにインスタでツーショットの写真撮ってましたから問題ないでしょうけどね
[ 2019/08/06 10:43 ] [ 編集 ]
まぁハメられたとはいえスキャンダル抱えているし、ワガママだし、かといって自分でゴール獲れることもないから一旦エアポケットにハマると厄介なことになるな。
ブラジルのセレソンもこいつ抜きで結果出してしまったし、行き場が完全になくなった感じだな。
中国か中東あたり行ってソコソコの賃金で頑張るか、、、
[ 2019/08/06 11:03 ] [ 編集 ]
ムバッペはそのまえにネイマールの肩に腕を掛けてるから、彼を拒否してるとは思わない
[ 2019/08/06 12:17 ] [ 編集 ]
バルサレアルシティバイエルンあたりが欲しがらなければ、もう中国しかないだろ
[ 2019/08/06 16:14 ] [ 編集 ]
公式の記念撮影の場面だったからベンチ外の選手はそこには入れないので、それを促すために退けた、という状況だと思うけど。その後も特に仲が悪いような感じでもなかったし。
[ 2019/08/06 21:04 ] [ 編集 ]
尊敬するダイバーの先輩と仲が悪いだなんてとんでもない
[ 2019/08/07 07:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。