ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ギュンドガン 貪欲すぎて移籍失敗か? ドイツ人の反応

今シーズンでドルトムントを去ることがほぼ確実になり、現在移籍先を探しているギュンドガンですが、またいろいろな噂が出てきました。本日のビルトより最新記事と記事を読んだドイツ人の反応を紹介します。






BVBスターの移籍が失敗の危機に


ギュンドガンはバイエルンにとっては貪欲すぎる?

2015052105361950c.jpg


ドルトムントのイルカイ・ギュンドガンがこの夏バイエルンに移籍するのは、後は形式的なものを残すのみと見られていた。しかしこの交渉はギュンドガン・サイド(父と叔父が代理人)が多額の給与を要求しているために決裂の危機に立たされている・・・・。



ビルトの情報によると:ドルトムントは契約延長のオファーでギュンドガンに対して650万ユーロを提示したとされている。しかしどうやらそれは彼にとっては十分ではなかったようだ。


バイエルンに対してギュンドガンの代理人は明らかにそれ以上の給与を要求しているらしい。そしてバイエルンもそれについて考える事になってしまった。もちろんそれには理由がある。なぜならバイエルンはギュンドガンが最近まで14ヶ月も背中の負傷で離脱していた事を知っているからだ。


ギュンドガンはバイエルンにとっては貪欲すぎるのだろうか?

201505210536211ca.jpg

BVBのマネージャー、ミヒャエル・ツォルクはこのテーマについて“我々はもう何もコメントしないよ。”と語った。

ドルトムントがギュンドガンをこの夏に売りたいのは明らかだ。来年にはこのドイツ-トルコ人はフリーで移籍できる。

もしバイエルンへの移籍が、本当に給与の問題でダメになってしまったら、今度はレアル・マドリッド、マンチェスター・ユナイテッド、そしてバルセロナなど、お金を沢山持つクラブが候補となるだろう。


最近ではチャンピオンズリーグで決勝進出を決めたバルセロナがこのドイツ代表選手への興味を示した。問題はバルセロナの移籍が2015年まで禁止されていることだ。


しかしながら、このスペイン人とギュンドガンがすでに合意に至っており、2016年まで、ドルトムントに留まる事も十分に考えられる。


スポンサーリンク


20150521053620c66.jpg


ドイツ人の反応(バイエルンファン多数)


・彼に手をだすのはやめるんだ!!もっと良い奴がいるよ。


・ギュンドガンを獲得するのはやめてくれ!


・彼は本当に過剰評価だよ。


・バイエルンの判断は正しいね。


・ミュンヘンへの移籍はないだろうね。


・FCバイエルンは彼を必要としてはいない。彼はチームに左右されるプレーヤーだからね。まずはトップクラブで地位を確立しなければいけないが、大抵の人はそれができないんだ。そしてシャヒンと香川のようになる。


・バイエルンにとっては補強にはなりえない。


・その代わりにローデがもっと試合に出るべきだ。


・本当に過剰評価な選手だ。僕は彼を特別だとは思わないね。彼は100万ユーロ以上も給料をもらえるんなら満足すべきだ。


・僕はバイエルンに移籍することは信じられない。バルサとレアルも想像できないね。今シーズンのパフォーマンスではね。

・BVBは彼が出て行って喜ぶことが出来るだろう。パフォーマンスは40%だしね。


・ギュンドガンはエジルと同じで過剰評価だ。怪我してからは太りすぎだよ。だらしないし、遅すぎる。一度も昔のようにプレーしていない。いったいいつ素晴らしい試合をした?ギュンドガンは僕の意見ではバイエルンのベンチにも値しないね。


・彼はおそらく2000人もの従兄弟達を養わなければならないんだろう。


・ギュンドガンはまだちゃんとした成果を残していないのにも関わらず次世代のスターだと見られている選手の一人だ。彼は怪我していたし、トップフォームからはかけ離れている。


・↑優勝、ポカール優勝。CL決勝。代表。何もないよりはマシだね。


・ゲッツェの移籍は失敗だったからバイエルンはそれに学ばなければならないよ。ドルトムントのためにも彼が売られることを願っている。しかしギュンドガンサイドの自己評価は高すぎるし、自信過剰に陥ってしまったようだ。


・ギュンドガンがバイエルンに?やめてくれ!


・ギュンドガンと彼の代理人達はBVBに感謝すべき。


・彼はいらない。


・去るもの追うべからず。


・みんな1000万ユーロぐらいの給料をほしがる傾向にあるようだね。


・ギュンドガンがバイエルンに?彼は自分をより悪くしたいのか?





以上です。

バイエルンファンのコメントが多かったですが、ギュンドガンの今シーズンのパフォーマンスが良くなかったこともあり、批判的なコメントが多かったですね。


確かに元のような調子に戻るかどうかが未知数なので、クラブ側があまりお金を出したくない気持ちも分かります。できればバイエルンはやめて、多額の移籍金でイングランド当たりに移籍してくれるのが一番かなあ、と思います。彼が去るのは残念ですけどね・・。


【おまけ今日のドイツ】

201505210536226bd.jpg

以前から気になっていたラーデボイル中心部にあるケーキ屋さんに今日行ってみました。
小さくて可愛らしいケーキからドイツらしいケーキまで色々あって見ているだけでも楽しかったです。
お味も良かったのでまた行ってみようと思います。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/05/21 06:30 ] ギュンドガン | TB(-) | CM(10)
ギュン本人は優しく誠実な人柄に見えるので、こうしてどんどんイメージが悪くなって行くのは残念ですね。このまま一年残ってもつらいと思う。そこそこ移籍金を残して国外に行くのが良さそうだ。

[ 2015/05/21 07:33 ] [ 編集 ]
No title
怪我が長引いたとはいえ今シーズン30試合出てるのに良かった頃に戻れないようじゃ厳しいですよね
シャヒンと香川も売却前はトップクラスの成績だったのに上手くいかなかったし
出て行くならちゃんと移籍金を置いていって欲しいところ
[ 2015/05/21 07:50 ] [ 編集 ]
No title
ギュンドアンのバイエルン移籍は本当にありえる話なんですね…ゲッチェ、レバンドフスキと主力が相次いで引き抜かれてガタガタになったBVBの現状を知っている選手だから、気持ち的にはバイエルンにだけは男気でw移籍しない決断をして欲しいですけどねw
まぁ、イルカイさんの人生はイルカイさんが決めるわけで、移籍したいチームがあるのに他の人のことで諦めるというのも変な話ですから、それ以上は本当に感情論になってしまいますから、バイヤンの選手になったらなったで彼の幸運を祈るしかないです。

まぁ、出来れば他のリーグに行って欲しいですけどね。
[ 2015/05/21 09:40 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ人たちが言うように俺もギュンは過大評価だと思う。ギュンはボールを受けてから敵味方の位置を確認するから、いちいち遅い。殆どツータッチ以上する。これはムヒも同じ。だからムヒはドリブルしたがる。ギュンとムヒは攻守の切り替えが遅い。
シャヒンはレアルで活躍できなかったけど、シャヒンの方が遥かに上。シャヒンがいるだけで攻守の切り替えがスムーズになる。リズムがよくなる。

俺は学生時代にサッカー部員だったってだけだけども、調子よく戦えてるな(リズムがいい)って思える時は結構走っててもあまり疲れなかった。こういうのってプロでも同じなんじゃないかな?悪いリズムで戦ってるとたぶん相当疲れる。
[ 2015/05/21 10:03 ] [ 編集 ]
No title
今のバルサは戦術的に3トップに放り込むことがかなり大きなウエイトを占めるようになってきてますからカウンターがうまいギュンなら使いどころがかなりあるのではないでしょうか。ですけどドルトムントもロイス香川オバメがそろったときはバルサのトリデンテに負けないくらいの破壊力を発揮しますからギュンには出て行ってほしくないんですけどね
[ 2015/05/21 10:19 ] [ 編集 ]
バイエルンにはいらないなあ。
値段の割に??だし。
[ 2015/05/21 11:04 ] [ 編集 ]
No title
香川さんと仲がいいということでギュンドガンのことは知りました。
サッカー選手のおかれている環境はなかなか過酷ですね。
香川さんもメンタルが弱いなんて書かれますが、さあどんなものやら。
小さい時から自分の才能に自信を持ち外国でプレーする度胸があるのですから、ぼんやり暮らしている私などには想像することもできません。
家族もほんとに陰ながら見守る以外に無いのでしょうね。
美味しいそうで可愛らしいケーキ。私の住んでる町から自転車で15分の西荻窪にあるグレースの素晴らしいケーキも食べてみて欲しいです。
[ 2015/05/21 11:27 ] [ 編集 ]
No title
シャヒンはレアル移籍後に後引きする怪我をしてしまった事、香川はサーの元で後半戦それなりに成績を残して2年目に繋げたのがまさかのサー引退で、後任にモイーズが就任した事が大きな原因なので、ギュンドアンも他で失敗するとは限らない。

が、今季のパフォーマンスでビッグクラブがそんなに大手を振って獲得を目指すとは思えない。良いオファーが無かったら契約満了まで居るという姿勢もクラブにとってはどうなのかな。来季にはいなくなる選手を主力に添えるよりも新戦力を置く事を考えるだろうから、レヴァンドフスキくらいの核でない限りはベンチになる恐れが高いと思うな。
[ 2015/05/21 15:28 ] [ 編集 ]
No title
ギュンも身内がやらかす派だったか。エジルのアーセナル移籍もイスコ加入で父親がそそのかして、まずユナイテッドに売り込みかけたんですよね。

でも、ユナイテッドは基本ドイツ人とらないから、低調にお断りされてアーセナルに行ったんだよね。
そのあと、父親を代理人から外したけど、南米でもおおいけど身内が出てくると大変だね。大金絡んでるだけに
[ 2015/05/21 18:37 ] [ 編集 ]
カストロ、ガイスとるならギュンは移籍してもドルは問題ないな
後半戦はギュンよりシャヒンのほうが重要だったしギンターのボランチ起用も当たったし
[ 2015/05/21 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。