ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト鎌田!放出候補から希望の星へ!ヒュッタ―監督も絶賛!《ドイツの反応》

【Sport.de】

kamada.jpg


フランクフルトの鎌田は“ポジティブな驚き!”


ルカ・ヨヴィッチやセバスティアン・アレ―ルの放出により、フランクフルトはその攻撃陣を新たに作り上げなければならない。そこで大きな役割を果たすことになるかもしれない選手が、日本人の鎌田大地だ。


スポンサーリンク



フランクフルトの幹部たちは、まだ昨シーズンは鎌田の事をそれほど信用してはいなかった。彼は定期的にチャンスを貰う事ができずに、その結果ベルギーのクラブへローン移籍したのだ。しかし彼はそこで公式戦26試合に出場し16ゴールをあげ、その状態のままフランクフルトに戻って来たのだ。


“トレーニングが始まって以来、彼は私にとってはポジティブな驚きだ。”とフランクフルトのアディ・ヒュッター監督は語っている。鎌田はヨーロッパリーグ予選のFCフローラ戦でガチノヴィチを差し置いてスタメンで出場したのだ。




“正直に言わなければならないね。彼は大きく前進し、素晴らしく成長したよ。サッカーだけでなく、人間性においてもね。”とヒュッター監督はこのミッドフィルダーを絶賛する。



彼の力強いパフォーマンスによって、移籍の噂も片付いている。最近では鎌田のセリエA移籍が噂になっていたがスポーツディレクターのブルーノ・ヒュープナーは、“彼はベルギーで大きく成長しており、さらに我々の下でも良い印象を残している。我々は彼がここで次のステップに進むことを信じている。”と語っていた。



“彼はエレガントでさらにチームプレーもできる。そして数的有利な状況を作る事ができる。”とヒュッター監督はこの日本人のクオリティーを称える。彼がこの数週間でその力を発揮することができれば、フランクフルトの新たな希望の星となる事ができるだろう。






以上です。


鎌田選手は移籍が噂されていましたが、このままフランクフルト残留となりそうですね。フランクフルトはヨヴィッチ、アレ―ルの移籍後に攻撃陣を作り上げなければなりませんから、鎌田選手にはそこで定着するチャンスは十分にあると思います。そこでレギュラーに定着して今シーズンの活躍に期待したいですね。



[ 2019/08/06 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
なんか「人間性においてもね」が引っかかるな。
鎌田のおとなしい性格の誤解かなんかかな?でもそれは人間性?ってなるけど
鳥栖の頃から良い人間性だったけどなぁ
[ 2019/08/06 19:18 ] [ 編集 ]
雰囲気が妙に堂々としてるし、育て上手なヒュッター監督だし化けそうなんだよね。
足元はあるので気持ちが折れないなら結構やると思う。クラブもそういう匂いのようなものを感じてるから個人では合意していたイタリア行きを取り消させたんじゃないか?
九月の真ん中にドルトムントとやりますけど要注目じゃないかな?
[ 2019/08/06 19:25 ] [ 編集 ]
自分の身の丈にあったクラブを見つけ、しっかりと成長して、ドイツでもイタリアからもラブコールをもらう。
素晴らしいですね。
[ 2019/08/06 19:29 ] [ 編集 ]
ジェノヴァとしては掌返しでよく思わないでしょうね。プレシーズンの活躍を見るまで判断を下せなかったフランクフルトに落ち度があるかと思いますが。
[ 2019/08/06 22:31 ] [ 編集 ]
ガチのビッチ
[ 2019/08/06 23:44 ] [ 編集 ]
※1
大人しい性格は欧米では社会性の欠如として見られたりもするからね
特にスポーツ選手だと自己主張が無いのはネガティブに見られそう
[ 2019/08/07 08:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。