ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

2試合連続ベンチのマリオ・ゲッツェ!今シーズンがBVB最後となるか?《ドイツの反応》

【ビルト日曜版】

ポカール、スーパー・カップでベンチ

ゲッツェ、ドルトムントで最後のシーズンとなるか?


goetze2.jpg


公式戦2試合。そのうち169分はベンチ。マリオ・ゲッツェにとってはこのスタートは落胆以外の何物でもないだろう。そしてそれは彼を見ていればわかる。

スポンサーリンク



ポカールでユアディンゲンに2:0で勝利した後で、チームバスに乗り込んだのは彼が最初だったのだ。彼は記者の質問に対して、“何も説明することはない。”と語っている。ゲッツェは今のドルトムントにおいて、もっとも緊迫した人事となっている。



彼の契約は来年の夏で終わる。契約延長の話は進んでいない。ドルトムント幹部は彼を留めたがっているが、年俸を下げようとしている。ゲッツェの年俸は1000万ユーロとみられているが、延長となれば800万ユーロ以下になるとみられているのだ。


ゲッツェは昨シーズン後半戦、力強いプレーを見せているが、現在彼はレギュラーではない。彼はワントップのポジションをパコ・アルカセルと分担している。しかしパコは現在絶叫調だ。彼は最初の公式戦2試合で得点を挙げている。ゲッツェにとっては契約延長において決して好材料ではない。


しかしゲッツェは契約延長に関しては落ち着いている。彼はビルトに対して、“すでにドルトムントとは何度か話している。でもまだ契約は一年あるし、落ち着いているよ。”と語っている。


いずれにせよ契約延長の話はまだ本格化はしていないようだ。クラブ側はゲッツェにはまだ正式なオファーはしていないようなのだ。近々最初のオファーが出されるとされているが、どうなるかはまだわからない。


もし、ゲッツェが減給を受け入れないのであれば、来年の夏に出ていくことになる。そうなると外国移籍となるだろう。ゲッツェは“これでブンデスリーガ10年目となる。だから外国移籍を考えるのは当然の事だと思うね。世界中で働くことができるのはサッカー選手の特権だから。”と彼は語っている。その候補としてはミラノが挙げられる。ミラノなら、妻のアン・カトリンも非常に居心地が良いだろう。


ゲッツェは現在分かれ道に立たされている。彼はここ数か月でキャリアについて決断するとされている。彼は昨日補欠メンバーとともにミュンスターでテストマッチに出場し、2得点を挙げている。しかし3部相手のゴールはゲッツェの要求する所ではない。




以上です。


今はパコが調子が良いので、これが続けばゲッツェの出番は途中からしかなさそうですね。しかしそうなった場合クラブは彼をフリーで出してしまうのか・・。とりあえず契約延長にサインしてもらうために、前半戦で無理やり起用するというのだけは勘弁してほしいですね。

[ 2019/08/11 17:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
やっぱ今夏の移籍がベストだと思います
噂になってるシックを獲得してゲッツェを放出すれば全て解決するように見えますけどね
[ 2019/08/11 17:56 ] [ 編集 ]
 ゲッツェが大幅な減俸を受け入れる可能性が低そうなので、BVBは彼をフリーでしか放出できない状態かも。そして、ミラノならば彼がフリーになるまで待つだろうね。
[ 2019/08/11 19:30 ] [ 編集 ]
減俸を受け入れないと放出しかないでしょう。
[ 2019/08/11 22:41 ] [ 編集 ]
このままドルトムントを去ったらゲッツェのリハビリで割りを食った香川が浮かばれないね
[ 2019/08/12 12:06 ] [ 編集 ]
今シーズンでゲッツェが消えるし、ファブレも消えるから後はどうなるかだなー
[ 2019/08/12 16:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、減俸飲まずに粘って、来年フリーで移籍かな?でもその前にファブレが先に去ってしまうかも。

彼の将来の事を考えれば、ゲッツェがスタメンで出れる所に早く移籍した方がいいと思う。
[ 2019/08/13 13:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。