ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

フランクフルト!鎌田ゴールでポカール1回戦突破!《ドイツの反応》

【ビルト】

2度もひっくり返す!

アイントラハト・クレイジー

クレイジーな南西ダービーだ!


kiamadakun.jpg


アイントラハト・フランクフルトは5:3で3部のマンハイムに勝利し、次のラウンドに進んだ。これは本当にクレイジーな試合だった。アンテ・レビッチがハットトリックを達成している。

スポンサーリンク



しかし最初に点を挙げたのはマンハイムだった。


▶3分:コルテが左サイドを突破するとシュートを放つ。トラップはサイドに弾きはしたが、そこにはデヴィーユが立っており、中央にボールを折り返す。ストライカーのスレイマニがそれを決めて先制だ!


ではフランクフルトは?


これによってショックをうけたフランクフルトはまったくうまく行かない。マンハイム陣内からロングボールを出すだけだ。そしてまたしてもスレイマニだ。フランクフルトのヒンターエッガーとをかわすと、シュートを決めて2:0としたのだ。


▶21分:フランクフルトがやり返す。ジョヴェリッチのボレーはブロックされたが、そのボールは鎌田の前に落ちた。この日本人は13メートルの距離からそれを決めて2:1だ!


フランクフルトは徐々に力を増し、スペースを獲得する。それをコスティチが利用して22メートルからシュートを放ち2:2だ。


後半に入ってからはフランクフルトの一方的な展開となるが、またゴールをしたのはマンハイムだった。


▶72分:フランクフルトがボールをクリアすることができない。コスティチがボールを受け取る事が出来なかったのだ。そしてそのボールはヤン・ヘンドリック・マルクスの下に落下する。彼はそれを25メートルの距離から決めて3:2としている。


しかしフランクフルトも黙ってはいない。クロスが相手にぶつかり、それが幸運なことにレビッチの所に落ちたのだ。彼はそれを決めて3:3としている。彼はそのゴールを喜びもしなかった。


しかしもう一度彼の出番だ。レビッチはペナルティーエリア付近で相手をかわすと、そのままシュートを決めて4:3(82分)だ。さらに88分にはソロからシュートを決めて5:3としている。12分でハットトリック達成だ。これでフランクフルトが次に進んだ。






以上です。

長谷部選手と鎌田選手が先発で出場しましたが、今日はフランクフルトは3412を採用したようですね。鎌田選手は2列目でプレーしたようですが、早速得点という結果がついて良かったですね。こうなるとブンデスリーガ開幕もスタメン出場の可能性が高まりましたね。楽しみです。





[ 2019/08/12 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
まぁ荒れた試合だったけど、フランクフルトは守備の連携がまだ仕上がってないし、ローデの代わりが見つかってないな。中盤の誰かにボール狩りさせないといけないんでないの?途中からドゥルム入れてピシッとなったけどね。
攻撃は左の3枚、レビッチ、鎌田、コスティッチは驚異。なんでもアリになって来た。ど派手ですよ笑。
[ 2019/08/12 06:48 ] [ 編集 ]
鎌田はボレーシュートしながら後ろに歩き出してる。
前のめりになってボールをふかす選手が9割以上なのだが、蹴ったらもう確信してセンターサークルに戻る選手って見たことがない、、、、
[ 2019/08/12 17:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。