ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!元ドルトムントのペリシチ獲得へ!しかしそれでも足りない!《ドイツの反応》

【ビルト】

ペリシチだけでは足りない!

perisic.jpg


今週の頭にはイヴァン・ペリシチの移籍が決まるとされている。もちろんこれは緊急策であり、バイエルンの問題をすべて解決するものではない。


はっきり言わなければならない。ペリシチだけでは大きな目標は達成できない。


仮にバイエルンが健康なザネーをシティから獲得できていたら、ペリシチが今シーズンミュンヘンでプレーする事はほとんどなかっただろう。

スポンサーリンク



ペリシチはそういう意味では決して夢のような選択肢ではない。しかし少なくとも節度をわきまえた補強だ。500万ユーロでのローン移籍は別にリスクを冒すものではない。


ペリシチはブンデスリーガも良く知っており、さらに国際的な経験も豊富だ。彼はインテルで何年もレギュラーであり、昨シーズンもそうだった。


そしてザネーと同様に彼は両サイドでプレーできる。コマンとグナーブリーにとってバックアップどころか、真剣なライバルともなりえるだろう。ニコ・コヴァチ監督はクロアチア代表ですでに彼を良く知っている。


しかしペリシチはバイエルンの将来を率いる存在ではないし、チャンピオンズリーグ準決勝進出における決定的な補強でもない。


バイエルンの幹部たちは今後もザネーの獲得に動くとされている。彼が来るとしたら来シーズンだろう。


バイエルンはさらにティーモ・ヴェルナーとアイントホーフェンのスティーブン・ベルクウィンの獲得にも動いている。まだ断られてはいない。


奇妙なことに、ライプツィヒのヴェルナーに関しては事が進んでいない。現時点では彼は後1年はライプツィヒにいるとされている。そしてバイエルンはその時フリーで彼を獲得するつもりだ。


またバイエルンは6番のマルク・ロカ(エスパニョール・バルセロナ)の獲得も目指しているが、4000万ユーロの解除金はまだ高すぎる。そしてロベルト・レヴァンドフスキーのバクアップもいない。


バイエルンのスカッドは悪くはないが、BVBの攻撃を退ける、もしくはヨーロッパで戦うには薄すぎる。


もしかしたらあと一人か二人、補強に成功するかもしれないが・・。







以上です。


バイエルンの補強がうまく行っていませんね。実際レヴァンドフスキーのバックアップもいませんが、負傷したらどうするつもりなんでしょうかね。これまではヴァーグナーやピサロなどが時々プレーしていましたが・・。


しかしこのまま移籍市場が閉まれば、今シーズンは面白い事になりそうですね。



[ 2019/08/12 21:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
ドルトムント的にはバイエルン弱いと優勝の可能性高くなるけど…バイエルン弱くなって優勝しても価値有るのかな…選手達は本当に嬉しいのか?
日本ではブンデスのランク下がって来たので、オワコンブンデスとか中傷する方々が増えました。まるでベルギーやオランダにまで見劣りするかの様な書き込みも有り、ゲンナリしますよ。ブンデスの為には憎らしい程強いバイエルンが必要ですね。そしてヨーロッパで無双してブンデスの価値上げて欲しい。
大迫や長谷部にしても、憎らしい程強いバイエルンと戦う事が愉しみなハズ。強いチームと戦う為に日本を離れてチャレンジしているのだから…
[ 2019/08/12 21:37 ] [ 編集 ]
ドイツ下げは香川が居なくなったからなくなるんじゃないですかね?
なんなら最近香川の移籍が決まってからはドイツ上げする人増えましたし
[ 2019/08/13 13:41 ] [ 編集 ]
現状はベルギーオランダに見劣りとは言わないけど競争力はどんどん落ちてきてるのは事実だからね
バイエルンまで弱体化するようなら本当にベルギーオランダレベルまでそんなに差は無くなってくるかもしれないし徐々にステップアップリーグ化してきてるとは思える
もしリーグとして危機感感じて無いなら現実になるかも。
[ 2019/08/13 20:05 ] [ 編集 ]
ブンデスってセリエ、リーグアンにはもう並ばれてるか抜かれつつあるもんな。
[ 2019/08/13 20:48 ] [ 編集 ]
早速ここでもドイツ下げ始まってきたなあ
[ 2019/08/14 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。