ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBトゥヘル解任の原因はシュメルツァー?シュメルツァーが弁明!《ドイツの反応》



【スポーツビルト】

トゥヘル解任の原因?

シュメルツァーが弁明!



Erhaelt-eine-Pause-Marcel-Schmelzer-1567092.jpg


ドルトムントでは2017年にタイトルを獲得したにも関わらず、騒動が起こっている。


チームはポカールを獲得したばかりだったが、それでも将来への疑問からトーマス・トゥヘル監督が解任されたのだ。当時のキャプテンであるマルセル・シュメルツァーは、ヌリ・シャヒンが起用されない状況について批判するなど、この監督に反対していたとされている。


スポンサーリンク



それから2年が経過し、すでに出番が少なくなったシュメルツァーがドルトムントのフォーラムのインタビューで当時の発言について語っている。“今としては当時の発言は良くなかったと言わなければならないね。それは正直な意見だったけれど、もう一度同じインタビューをしようとは思わないよ。”とこの元ドイツ代表選手は語っている。



しかしながら、“アンフェアは好きではないので、それについて発言したかったんだ。でもこれはサッカーにおいては問題だよね。人々は選手がはっきりと意見を口にすることを望んでいる。だけれど、それを口にすると公にやりこまれる事にもなる。でもだからと言って無難な事ばかり言っていると、それはそれでやられる事になる“と続けている。


シュメルツァーはトゥヘルの解任において自分が決定的な役割を果たしたわけではないと言いたいようだ。“僕は監督に疑問を呈して解任に追い込むようなタイプではないよ。”と彼は語っている。


ファン達はシュメルツァーをブーイングし、彼の発言に賛成していない事をはっきりと表していた。しかし今では誰もシュメルツァーの立ち位置に疑問を呈するファンもいない。彼はルシアン・ファヴレの下でもはや役割をはたしていない。




以上です。


トゥヘルの下ではシャヒンやズボティチはほとんど出番がありませんでしたね。当時シュメルツァーが監督に疑問を呈するような発言をしていましたが、そんなことがあって、シュメルツァーとシャヒンがトゥヘル解任に向けて動いているのではないかとされていました。


まあ本当の事は分かりませんけど、ボシュに代わってからシャヒンがまた起用されたので、その噂がさらに過熱しましたね。

[ 2019/08/14 16:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
シャヒンは復帰後良かった試合ほとんど記憶にない
[ 2019/08/14 17:03 ] [ 編集 ]
トゥヘルが解任されてなかったらボシュが監督に就任する事もなく、あそこまで低迷する事も無かったと思う。
そして干されていたゲッツェは終わってただろうね。
[ 2019/08/14 17:12 ] [ 編集 ]
そういうこともあって、香川があんなに干されても誰も何も言わなかったのか?と 想像してしまいます。
ロイスがトップ下を志願し、ますます誰も何も言えない状況に?
なんだかなぁ・・・
[ 2019/08/14 17:36 ] [ 編集 ]
シュメとシャヒン、ゲッツェはクラブ内の権力闘争をする奴で政治的過ぎる選手だわな
特にシュメ、こいつがキャプテンの時に派閥が生まれたしね
トゥヘルの件ではシュメは昨シーズン、ブーイングされ続けてたんじゃなかったっけ?

ただトゥヘルの奴が良かったというとそんなことは無い
チームの歴史を蔑ろにし、グロクロやらを痛めつけたり、ファブレの前段階見たいな監督だったな
フロントの対応が酷く、トゥヘルが可哀想な事もあったけどさ
[ 2019/08/14 17:39 ] [ 編集 ]
シュメレはのちにキャップやったからな。それで変な憶測で話に尾ひれがついたんじゃないの?
[ 2019/08/14 18:06 ] [ 編集 ]
ドイツ人優遇されてる?
されてないねえ
結局は実力
[ 2019/08/15 09:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。