ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ゲレイロに最終決断を迫る!延長しなければ放出へ!《ドイツの反応》

【ビルト】

ヴァツケ!ゲレイロの14日以内に決断するように迫る!


guerreiro 2


ドルトムントはスーパーカップでバイエルンを下し、さらに新加入を加えていよいよブンデスリーガ開幕に臨む。しかしボルシア・ドルトムントではまだすべてが片付いたわけではない。




スポンサーリンク



ドルトムントがゲレイロに14日以内に決断をするように期限を切ったのだ。

ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長は、“ルーアナッハリヒテン”、“ラジオ91.2”などで、“ゲレイロを来年の夏にフリーで放出させることは、我々の意図する事ではない。”と発言している。


その背景にあるのが、ゲレイロの契約が2020年までとなっていることだ。彼は2016年にロリアンから1200万ユーロで獲得しているが、来年夏にはフリーで移籍できることとなる。


そしてドルトムントはそれを避けたい。ヴァツケは“あと14日でどうなるかわかると良いね。”と語っているが、どうやらゲレイロは移籍市場が閉まる9月2日までに延長するかどうか決断しなければならないようだ。



これまでの契約延長オファーはすべて断られており、ドルトムントはもう一度内容を改善してオファーしたとされている。


なぜなら万全な状態のゲレイロは、完全にチームの戦力として考えられているからだ。彼はそれをスーパーカップでも証明している。


さらにルシアン・ファヴレ監督も、様々なポジションをこなすことができるゲレイロを評価しているとされている。


仮に契約延長とならなかった場合は、冬に放出するとみられている。もしかしたら彼はそこでトーマス・トゥヘルのいるPSGに移籍する事が出来るかもしれない。PSGはゲレイロの希望先とされているが、ドルトムントが要求している2500万ユーロを用意できないようだ。PSGはUEFAのファイナンシャル・フェア・プレー規則に反した疑いがあり、それ以来厳しく監視されている。





以上です。

決断を迫ったとのことですが、ここで延長を断ったらもう延長のオファーは2度としないという事でしょうね。さすがに延長しなかったら干すと脅してはいないと思いますが・・。

個人的には延長してほしいですが、新加入もいますし、ファヴレの起用法も分かりませんからね。そんな状況で簡単に今後数年の決断はできないですよね。


[ 2019/08/15 12:36 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
バイエルンなどのメガクラブと比べると、ドルトムントはスタメンと控えの実力が拮抗してますからね。
ほとんど横一線に近いですよ。
メガクラブな主力が強すぎるので、いかに選手を獲得するのが難しいかが分かります。
[ 2019/08/15 13:11 ] [ 編集 ]
ゲレイロは新加入選手の割を喰ったとはいえ
この前のスーパーカップもスタメンだったし
ファブレからの信頼は厚いね
噂のあったバルサやパリに行くよりはドルにいた方が出場機会は多いと思う
[ 2019/08/15 13:46 ] [ 編集 ]
厳しい要求突きつけたな。
以前は左ならどこでもやれる左サイドのスペシャリストだったけど、今は右のウイングでやらしても面白いんでないの?くらいまでは来てるよ。点取り屋に化けちゃうかも。まぁ守備は相変わらずだけど、優勝狙うなら必要なピースだと思うけどね。これ以上勝てる選手を出してどうするつもりかな?
[ 2019/08/15 14:12 ] [ 編集 ]
やったぜ!としか思われないんじゃないの
PSGはネイマールを満額で放出出来たらって感じなんかね
サンチョもそろそろ危ないし、どうせ怪我人が増えて機能不全起こして今年も駄目だろうからゲレイロは逃げれると良いね
[ 2019/08/15 14:35 ] [ 編集 ]
ゲッツェにも同じ対応しなさいよ
とことん甘いから、またフリーで出ていくんでしょうね
今のゲッツェに大したオファーないと思いますけどね
[ 2019/08/15 18:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。