ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンのメンバーはもうブンデスリーガNo1ではなくなった?《ドイツの反応》

【ビルト】



バイエルンのスカッドは今でもブンデスリーガナンバー1だろうか?



kovac2.jpg



一つの疑問:バイエルンのスカッドは今でもブンデスリーガで一番だろうか?ここ数年だったら、この質問に対して、サッカーファンだったら“その通り”と即答しただろう。しかしブンデスリーガ57シーズンの開幕を目前に控え、その状況は少し変わっている。


スポンサーリンク



レロイ・ザネーが負傷したことでミュンヘンはパニックに陥っている。バイエルンがロッベンとリベリーの代わりを獲得しなければならないことは一年前からはっきりしていた。しかしその代わりはいまだに発表されない。バイエルンのベストメンバーは今でも素晴らしいことに違いはないが、もしコマン、グナーブリー、レヴァンドフスキーが負傷したら、それを補う選手はいないのだ。



これでもバイエルンのスカッドが一番だと言えるだろうか?最近ではボルシア・ドルトムントがナンバー1だと言われる事が増えてきた。ドルトムントは、アザール、フンメルス、ブラント、シュルツの獲得を早い段階で発表し、タイトル獲得に向けてすでに5週間も練習している。



ドルトムントの幹部はタイトル獲得を要求しており、それによってルシアン・ファヴレ監督に対するプレッシャーは大きなものとなっているが、バイエルンでの状況は少し違う。そこで話題になるのはニコ・コヴァチ監督ではなく、移籍市場でのんびりしている幹部たちだ。彼らにはあと2週間しか残されていない。




以上です。

さすがにまだバイエルンの方が上でしょうが、チャンピオンズリーグでは決して怖いメンバーではなくなってしまいましたね。今シーズンはこのままいけば面白いことになりそうです。



[ 2019/08/15 16:42 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
ネイマールが本当にバルサ戻ればコウチーニョはパリへ…どうするバイエルン!
[ 2019/08/15 17:07 ] [ 編集 ]
前線のメンツはもうドルの方が上だけどGKとボランチが負けてる分直接対決ではまだ苦しむかな
[ 2019/08/15 17:33 ] [ 編集 ]
 レバンドフスキの存在は簡単に埋められる差ではないと思いますけどね。レバが負傷したらミュラーでしょうが、BVBなんてアルカセルが負傷したらゲッツェですよ。実に厳しい。
[ 2019/08/15 17:33 ] [ 編集 ]
結局国民的クラブがやりたい放題やって
結果としてリーグを滅ぼしてしまったんですね。
使える選手をあちこちから引き抜いていれば
リーグ自体のレベルが下がってしまって
他リーグから選手が集まらないって皮肉な結果になりましたね。
かなり長いスパンでブンデスの低迷は続くかもしれませんね。
[ 2019/08/15 19:20 ] [ 編集 ]
こう言うときは内部から良い選手が生まれ、活躍するもんですよ。腐ってもバイエルン。バカ高い移籍金と年棒だしても活躍しない選手はゴロゴロいますし。どんな選手がでてくるか楽しみですね。
少し前プレミアも低迷してましたが盛り返して来ました。今はブンデスリーガが改革の時期に来てるんでしょう。ラリーガも変革の時期に入った見たいですし、ここらでフランクフルトが優勝とかすると面白いんですけど。
[ 2019/08/15 23:20 ] [ 編集 ]
ドルトムントは良い補強をしていますがどれだけやれるかは分かりません。バイエルンも世代交代の過渡期にきているので難しい時期です。そして今のブンデスに足りないのはワールドクラスの監督のような気がしますけどね。
[ 2019/08/16 14:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。