ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ネイマール!フィジカルの強いフランスでのプレーに危機感?!それが移籍を希望する理由?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】
これがネイマールがPSGから出ていきたい理由か?

本来であれば、PSGにはネイマールにとって必要なものがすべてある。

neymar.jpg


彼はチーム内に友人もいるし、トーマス・トゥヘル監督との関係も良好だ。このチームだったらチャンピオンズリーグ優勝も可能だろうし、さらに他のクラブでは支払えないような年俸をもらっている。


スポンサーリンク


ではどうして彼はここを去りたがっているのだろうか?


もちろんバルセロナだったらメッシやスアレスと再びプレーする事ができるだろう。



しかしフランスの“Le Parisien”が報じたところによると、ネイマールが移籍を希望する理由は別なようだ。リーグ・アンの当たりの強さだ。彼はキャリアを心配しているとのことである。


2017年の夏にネイマールは2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移籍している。2018年の2月には右足を負傷し、さらに2019年には中足骨を骨折している。それによってコパ・アメリカの出場も逃しているのだ。医者の診断によると、右足の踝はまだ安定してはいないようだ。それどころかネイマールのキャリアも危ないとのことだ。


そのためネイマールはリーグ・アンを去り、フィジカルやアグレッシブさよりもテクニカルなプレーが重視されるスペインに移籍したいとのことだ。バルセロナの他にはレアル・マドリッドが彼の獲得に動いている。


ネイマールはヨーロッパで最も多くのファールを受けている選手だ。“CIES Football Observatory“のデータによると、ネイマールは27,5分に一度ファールを受けている計算だ。





以上です。

ドイツサッカーでもツヴァイカンプフといって競り合いは好まれますが、どこまでそれを許すのかは線引きが難しいですね。選手の怪我を減らすためにも厳しく笛を吹いた方が良い気もしますが、競り合いがまったくなくなってしまったらそれはそれで面白みかけるでしょうし・・。

[ 2019/08/16 10:20 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
ファールを受けている・・・獲得しているのほうが・・・
[ 2019/08/16 10:38 ] [ 編集 ]
香川もスペイン移籍志願の一番の理由がそれだったよ。彼は何時でもマンマーク受けて、近年は怪我も多くなっていた。日本人の様な選手はスペインリーグが絶対に合っているって言ってたし、プレミアはあたりが強くて自分には合わなかったと…
ブンデスはプレミアよりは笛吹いてくれるからマシだけど、基本ゴリゴリだよね。

ネイマールもフィジカルゴリゴリプレミアでは活躍できなさそうだし、何より彼のプレーの良さが半減。アンがそれ程ゴリゴリとは知らなかったけど、長く現役やりたいならスペイン戻るのが良さそうだね。
[ 2019/08/16 10:51 ] [ 編集 ]
長期的に全体を見ると仕掛ける選手の方が寿命が短く、潰す選手の方が寿命が長い
でもサッカーが上手いのは大体前者なんだよな
[ 2019/08/16 11:47 ] [ 編集 ]
ネイマールをダイバーと揶揄する人も多いけど、キャリアを棒に振るような怪我を沢山してきてるからねぇ
プレースタイル的に自業自って面もあるけど、クラッキはみんな倒れ方がうまくないとキャリア全うできないよ
メッシだってロナウドだって、倒れるときは倒れてる
[ 2019/08/16 12:38 ] [ 編集 ]
 怪我しないように避けるのは正しいが、その後、足を抱えて負傷したような演技をする必要はないよ。
[ 2019/08/16 13:06 ] [ 編集 ]
リーグ・アンは確かに荒いですよねー。
プレミアリーグと比べても遜色ないくらいです。
[ 2019/08/16 13:49 ] [ 編集 ]
未だに※1みたいなこと言うやついるんだ。 
[ 2019/08/16 14:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。