ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!リーガ開幕でヘルタと引き分ける!!《ドイツの反応》

【ビルト】

グルジチ!バイエルンにポイントを与えてしまう!


guruj.jpg



バイエルンの開幕戦でのプレーは優勝者に相応しい内容ではなかった。


ヘルタを相手に2:2だ。ニコ・コヴァチ監督にとっては良いスタートとはならなかった。それに対して、コヴァチの友人であるヘルタの監督、アンテ・コヴィチは素晴らしいスタートに成功した。ブンデスリーガ開幕戦でミュンヘンで1ポイント。それどころかもう少しで勝利する所だった。しかしユニフォームを引っ張ってしまったことでヘルタの3ポイントが失われてしまった・・。




スポンサーリンク



ヘルタの監督、コヴィチは試合後、“試合でいくつか良い場面が必要となる事は分かっていた。そしてそれが実際に起こった。まあミュンヘンのチャンスの数を考えれば、2:2は良い結果だったよ。”と語っている。





試合はバイエルンが良いスタートを見せる。


24分にグナーブリーが中央にボールを折り返すと、レヴァンドフスキーがゴールを決めたのだ。


このポーランド人は開幕試合のキングだ。彼はここ5年間、常に開幕戦でゴールを挙げている。これを達成した選手は過去に誰もいない。しかしバイエルンの喜びも長くは続かなかった。



ヘルタがカウンターを決めたのだ。


36分にルケバキオが24メートルがシュートを放つと、イビゼヴィッチが背中でボールの方向を変えたのだ。


またしてもルケバキオだ!彼は昨シーズン、デュッセルドルフでプレーしていたが、バイエルン戦で3ゴールを決めている。これで対バイエルン戦3試合で5得点となっているのだ。



しかしヘルタの攻撃はまだ終わらない。


39分:ロングボールに対してグルジチとパヴァールの頭が空中でぶつかる。倒れこんだパヴァールに対して、グルジチはイビゼヴィッチからパスを貰い、それを決めて2:1としたのだ。


しかしセンセーションとなるにはあと一歩だった。よりによって得点を決めたグルジチが落ち着きを失ってしまったのだ。彼は必要がないにもかかわらずペナルティーエリア内でレヴァンドフスキーを引っ張ってしまったのだ。審判はこれをビデオで確認し、PKとなっている。レヴァンドフスキーは落ち着いてこれを決めて2:2としている。



バイエルンのストライカーは試合後、“そんなに悪いプレーだったとは思わないね。チャンスもあったし。ヘルタの最初のゴールは偶然だったしね。それでも1ポイントしか獲得できなかったのには腹が立つね。”と語っている。



バイエルンは引き分けでのスタートとなった。彼らがコウチーニョを獲得したのは良いことだ。ブラジル人は現在ミュンヘンへ向かっており、1年間ローンでプレーする。





以上です。

バイエルンが引き分けとなりましたので、他のチームには頑張ってもらいたいところですが、コウチーニョも獲得しましたから、やっぱり優勝の本命は今シーズンもバイエルンになりそうですね・・。ドルトムントと最後まで優勝争いをしてくる事に期待したいです。

[ 2019/08/17 17:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
コウチーニョそこまで大きいですかね?
WGとしては中途半端だと思いますしリベリロッベンの穴は埋まってないようには見えますが
[ 2019/08/17 17:50 ] [ 編集 ]
 バイエルンの問題は守備じゃないすかね?
 今月はバイエルンとシャルケの試合があるので、シャルケがバイエルンを倒して勢いに乗ってくれたらルールダービーが面白くなりそうだ。
[ 2019/08/17 18:53 ] [ 編集 ]
コウチーニョくらいでそんなに強くなるとは思えませんが・・・
[ 2019/08/17 19:38 ] [ 編集 ]
ラテン系の選手はブンデスリーガでイマイチだし、ラテンアメリカ系のそれもブラジルの選手になるとカーニバルに逃走したくなるだろうけどね
しかしバイエルン勝てなかったのか
ハインケンスお爺ちゃんは健康診断急がないとね
[ 2019/08/17 20:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。